【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

身近な深海魚「キンメダイ(金目鯛)」謎に包まれた生態に注目!

更新日:

伊豆、下田の名産品のキンメダイは、鮮やかな赤色にパッチリとした大きな眼が特徴の深海魚です。スーパーなどでも手軽に入手できる高級魚のひとつです。キンメダイは刺身や煮つけ、鍋やしゃぶしゃぶなど、どんな料理にしても美味しいので多彩な調理法方法で楽しむことができます。

キンメダイ(金目鯛)の特徴

キンメダイはキンメダイ目キンメダイ科に属し、鮮やかな赤い体色と大きな目が特徴の魚です。

実はこのキンメダイ、タイとつくことから「タイ」の仲間と思われがちですが、全く別種の魚なんですよ。また、キンメダイは意外と知られていないですが、主に深海に生息する魚です。

名前の通り、キンメダイの目は光の反射で金色に見えます。これは瞳の奥にあるタペータムという反射層によるもので、この反射層があることによりあまり光の届かない深海でも、わずかな光を感じ取り獲物を見つけられるようになっているのです。

大きさは20センチメートルから40センチメートルのものが多いですが、大きいものは50センチメートルを超えるものもいます。また、長生きする魚で、15年ほど生きるのではないかと考えられています。キンメダイは名前はよく聞くことのある魚ですが、生態などまだ分かっていないことも多い不思議な魚なんですよ。

キンメダイ(金目鯛)の釣り時期・生息ポイント

キンメダイは世界中に広く分布しており、日本を始めインド洋、大西洋、太平洋、地中海に生息しています。

日本では北は北海道釧路から南は沖縄までの沿岸で姿を確認でき、特に静岡県、神奈川県、千葉県などが産地として有名です。

主に水深200メートルから800メートルの岩礁域に生息しており、幼魚の場合はもっと浅い、水深100メートルほどの場所にいます。キンメダイは1年を通して釣ることの出来る魚ですが、夏から秋にかけての時期になると浅場に出てくることが多いので狙い目です。

キンメダイ(金目鯛)の餌

小魚や甲殻類などを捕食する肉食性です。釣りの際のはエサは、一般的にはサバやイカの短冊が使用されることが多いようです。

キンメダイ(金目鯛)の漁獲法

キンメダイは深海に棲む魚なので、基本的に深海用の釣り具を使用しましょう。大型の電動リールと、500号のオモリがあれば、深場での釣りも安心です。

逆に、浅場で狙う場合はアジなどを狙う際の道具でも釣れるため、どんな釣り場で釣りをするのか確認してから装備を整えると良いです。キンメダイは深海の魚ですが水圧の変化には強い為、海面付近でも弱ることはほとんどありません。深海魚だと思い、最後に気を抜くと逃げられることもあるので、しっかりと釣り上げてくださいね。

キンメダイ(金目鯛)を釣った後に気を付けたい事

サイズもほどほどで、毒や鋭い棘なども持たないキンメダイは、基本的には釣りあげた後には危険が無い魚です。そんなキンメダイですが実は体内に微量の水銀を持っており、妊婦の方などは注意する必要があります。

厚生労働省は妊婦が摂食量に注意する魚介類の一つに挙げているようで、摂食する頻度を週に1回ほどまでを目安にしています。妊婦でない方や、そもそも頻繁にキンメダイを頻繁に食べない方には問題の無い話ではありますが、頭の片隅に覚えておきましょう。

キンメダイ(金目鯛)のおいしい旬

旬は身に脂が乗る冬の時期だと言われています。

キンメダイ(金目鯛)の食べ方

キンメダイと言えば煮つけというイメージが強いですが、最近では刺身もよく食べられるようになってきました。新鮮なものが手に入ったら、皮を湯引きにして食べると旨味がより強く出てキンメダイの味を楽しむことが出来ますよ。

もちろん、定番の煮つけも身が柔らかく、上品な味わいが楽しめます。小骨が少ないので、子どもや年配の方にも嬉しいですね。

▼手軽に金目鯛を食べたい方はこちらをタップ▼

キンメダイ(金目鯛)の名前の由来

目が金色に見えることからキンメダイとの名前が付きました。これは瞳の奥のにある反射層が光を集めるため、金色に輝いてみえるそうです。地方名では和歌山県で「アカギギ」と呼ばれることがあるそうです。また、他のキンメダイ科の魚との区別をするために、「マキン」や「マキンメ」と呼ばれることもあります。英名では「Alfonsino」と呼ばれています。

-キンメダイ
-,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.