【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

キス釣り|ルアー(ワーム)で狙う!お手軽フィッシングを爆釣のコツまで紹介

更新日:

キスとは

キスの種類

漢字で書くと魚辺に喜ぶと書いて鱚(キス)と呼びます。字のごとく、食べると美味しいので釣れると喜んじゃいます(^^♪日本で釣れるキスの種類は主に3種類になります。その3種類はシロギス、アオギス、ホシギスというキスです。

私たちが良く食すキスはシロギスになります。昔は江戸前のキスと言ったらアオギスがメインだったらしいですが、水質汚染などの影響でほとんど取れなくなってしまったようです。ホシギスは沖縄の一部だけしか釣れないので、見る機会はほとんどないと思います。

キスの生態

キスは砂地の海底を好みます。よって、海水浴などで使用する浜辺などからも投げれば釣れる可能性が高い魚です。捕食するものは砂の中に隠れているゴカイやイソメ、小エビなどを捕食しています。したがって、キス釣りの時には嫌でもゴカイやイソメといった気持ち悪いエサを触ってハリにつけないと釣りになりません。

それが嫌でキス釣りを始められないという方も沢山いるかと思います。でもご安心ください、そんな方に朗報があります。「な・な・なんと、ルアー(ワーム)という疑似餌で釣れちゃうんです!」

ルアー(ワーム)で釣れちゃうの!

キス釣りで使用するルアー(ワーム)って?

通常キス釣りを行う際にはイソメやゴカイなどの生き餌を使用することが多いです。しかし、イソメやゴカイって見た目が「ウニョウニョ」してて、足みたいなのが動いていて、かつ、口に小さいハサミがついており、すごく気持ちが悪く挑戦しづらい釣りでした。

そんなキス釣りの悪いイメージを一新してくれたのがルアー(ワーム)と呼ばれる疑似餌です。見た目はそのままイソメやゴカイのようですが、もちろん疑似餌なので動きません(笑)老若男女、虫嫌いな方でもたいていの方が触ることができます。

ルアー(ワーム)で本当に釣れるの?

「本物のイソメやゴカイじゃないから触れるようにはなったけど、こんなもので本当に釣れるの・・・?」と思っちゃう方もいらっしゃるかと思いますが、それが「釣れちゃうんです‼」技術の進歩って素晴らしいですね。疑似餌とはいえ、臭いや味がついており魚たちもそのいい香りに誘われて寄ってきて、すぐに食べちゃいます。

人間でも今どきの食品サンプルの技術にビックリすることはあると思います。いい臭いがしたら本当に食べてしまいそうなものもあります。そんな感じと同じです。因みに「魚のいい臭い=人間のいい臭い」ではありませんのでご注意ください(;'∀')次はそんなルアー(ワーム)での釣り方のコツをお教えしちゃいます。

ファミリーにおすすめ船釣りでお気軽フィッシング!

キス釣り 船釣り仕掛け  イラスト

キスの船釣りはファミリーでも気軽にできる釣りで、乗合船も探せば各地で実施されている船があると思います。また、ゆっくりと釣られたい方はチャーターで3万円前後で船を貸し切りで周囲の方に気兼ねなく釣ることもできます。

道具の説明

船から狙うキスに必要なのが船で取り回しの良い長さのロッドを選びます。サーフと違ってキャスティングをほぼすることはありませんので、短くても問題ありません。ただ、ロッドパワーが25号のおもりの場合などはそこそこいりますので、しっかりと準備してください。穂先は柔らかい方がアタリがわかりやすいです。

リール

リールは2500番~3000番ぐらいまでのものをそろえれば十分です。船から落として釣る釣りになるので、そこそこラインキャパがある番手を選びましょう。キスの場合はドラグを出されることは少ないですが、ヒラメやマゴチなどの大きい魚がかかることもよくありますのでそのことも考えての番手になります。

ワーム

船からルアー(ワーム)でキスを狙う際は、2.インチ~4インチのワームを選びましょう。キスは口が小さいので、その時の当たり具合によってワームをカットしていき釣れる長さを探すのも釣果を上げるコツです。

メインライン

リールに巻き付けるメインラインは伸縮率が低く、強度があるPEラインがおすすめです。0.6号~1号のものを選ぶようにしましょう。

ハリスとエダス

リーダーラインとは、メインラインによく使用されるようになったPEラインが強度はあるのですが根ズレなどに非常に弱いという特徴や水に浮いてしまうという特性があります。それを補うのがリーダーラインです。

キスのルアー(ワーム)釣りでもフロロカーボンがよく使用されます。根ズレに強く、ライン自体も比重があるため潮になじみやすいという特徴があります。キス釣りでしたら1号~2号のサイズを準備しておけば問題なしです。

ハリ

ハリはキス針6号~8号を準備しておくと食いが悪い時には小さく、大物狙いの時には大木須かえることができます。

天秤

天秤はおもりをサルカンで付け替えるようになっています。よってその時の潮の流れなどによって重さを変更することができます。

おもり

おもりは8号から25号までの間で揃えておけば問題は無いかと思います。水深が浅い時には軽めで、深ければ重めに変えたり、潮の流れの速さによってもこまめに変えていってください。

船釣り攻略は底取りにあり!

船におけるキス釣りのコツは底がしっかりと取れているかが重要です。エサを海に投入してラインを出しっぱなしにして、ラインが止まった時点が底になります。

船を風に任せて流していくときにはラインを少し巻いてはおもりを落としなおして底からエサが離れないようにキープするように心がけましょう。また、アンカーを入れて固定する際には少しキャストをして底を取り、底を感じながらズル引きしてください。

船が苦手ならオカッパリ、サーフがおすすめ!

道具の説明

ロッド

オカッパリからサーフまで、ロッドは併用して使うことができます。キャスティングを必要としますので長めの4m~4.5mのロッドを用意しましょう。

リール

リールはサーフ用のリールというのが売られています。サーフ用のリールは何が違うかというとスプールが太く先細りした形になっています。理由としては、遠投時にラインがガイドをすり抜けやすい形状にするためです。まさに投げるために考えられたリールになります。

ワーム

船からと同様になります。

メインライン

リールに巻き付けるメインラインは伸縮率が低く、強度があるPEラインがおすすめです。0.8号~1号のものを選ぶようにしましょうまた、25mごとに色がついているラインを使用すると、アタリがあった個所が何メートル付近かがわかりますので次のキャスティング時にはそのアタリが多かった場所を狙います。

ハリスとエダス

船からと同じになります。

ハリ

船からと同じになります。

おもり

基本的にジェット天秤を使用することが多いです。ジェット天秤のメリットはリトリーブすると天秤が浮き上がるので、ちょっとした岩などの根があってもおもりが挟まったりする根掛かりが少ない点です。

ジェット天秤は二刀流!

遊動仕掛け

キス釣り仕掛け 遊動仕掛け

ジェット天秤にダイレクトにメインラインやハリスを結びつけないで、ジェット天秤の上側で小さいカンがついている方からメインラインを通し、ハリスはジェット天秤の下の大きいカン側から通してメインラインとハリスをサルカンでつなぎ合わせる仕掛けが遊動仕掛けになります。

サルカンがジェット天秤の上の小さいカンで止まり、下に引っ張られた時にはジェット天秤の大きいカンはサルカンがすり抜けていく仕掛けです。アタリもダイレクトに伝わってきて、魚へ食わせる時にも魚に違和感を与えず釣り上げることができます。私は個人的に、こちらの仕掛けがお気に入りです(^O^)/

固定仕掛け

キス釣り仕掛け 固定 天秤

ジェット天秤の上の小さいカンにメインラインを結び付け、下の大きいカンにハリスを結びつける釣り方です。キャスト時の形状が直線的になるので空気抵抗が少なくなり、ロングキャストを実現してくれます。手前でアタリが出ない時に沖を攻める戦略に変更するときにはこちらの仕掛けに変更します。

オカッパリ、サーフ攻略はラインカラー!

オカッパリやサーフから狙う際にはキャスティングして底を取り、リトリーブしながら何メートルの場所であたりが多いのかを確認することが重要です。そのために25メートルごとに色が変わるラインを選ぶことをおすすめします。

1投目でアタリがあったポイントをラインの色で距離を確認しておき、2投目では1投目でアタリのあったポイントよりも少し先にキャスティングして、リトリーブしていきピンポイントで狙っていくと釣果がアップしていきます。

次のページへ >

-シロギス
-

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.