【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

キチヌ|クロダイ属のおしゃれさん?黄色い鰭が華やかな魚

更新日:

鮮やかな黄色いヒレが目を引くキチヌ。特徴的なヒレの色合いから「キビレ」と呼ばれており、こちらの名前の方が有名かもしれません。刺身や塩焼きに適した淡白で美味しい身を持つことから、クロダイと共に釣りの対象魚としても人気の魚です。

名前の由来

キチヌは「黄色いチヌ」の意味で、クロダイに似た姿で黄色いヒレを持つことからこのように呼ばれています。また、黄色いヒレに注目してキビレやキビレチヌとも呼ばれます。チヌとはクロダイの別名で、昔の大阪湾が「茅渟の海(ちぬのうみ)」と呼ばれていたことに由来します。

英語名

キチヌの英語名は「Yellowfin seabream」。直訳すると「黄色いヒレの鯛」で、日本での名前と同じく鮮やかな黄色いヒレを意識した名前となっています。

キチヌ(キビレ)の生息域

キチヌはインド洋や西太平洋の広い海域に分布しており、東南アジアやオーストラリア、果てはアフリカの東岸までにも生息が確認されています。日本でも関東から九州にかけての広い地域で生息していますが、南西諸島ではその姿は確認されていません。

水深が50メートルより浅い内湾や沿岸の岩礁帯に生息していますが淡水への適応が高い為、汽水域でも多く見ることができ、時には淡水域にやってくることもあるんですよ。

キチヌ(キビレ)の特徴

キチヌの姿はクロダイとよく似ていますが、名前のとおり胸ビレ、腹ビレ、尻ビレ、尾ビレの下部が黄色く染まっていることが特徴的です。

日本に生息するクロダイ属の中では唯一、鮮やかな色合いを持つので近縁種に比べて華やかな印象を受けますね。ただし、このヒレの黄色は個体差がかなりあるようで、はっきりと黄色が出るものもいれば、ぼんやりと淡いだけの個体も存在しています。

全長は50センチメートルほどで、体色は白みが強く明るい色合いになっています。

キチヌを含むクロダイ属の魚はカクレクマノミのように性転換を行う魚であると知られており、最初はオスとして産まれて、後にメスになる「雄性先熟(ゆうせいせいじゅく)」という形の性転換です。

その為、成魚のほとんどはメスなのですが、中には一生をオスのまま過ごす個体もいるんだとか。魚の性転換についてはまだまだ分かっていないことの方が多く、不明な点の方が多いです。

キチヌ(キビレ)の産卵期と旬

カレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
産卵期 - - - - - - - - - -
- - - - - - - - -

ナンヨウチヌのおすすめレシピ

キチヌは上品で淡白な味わいを持つ美しい透明感のある白身の魚です。クロダイと比べると口当たりが滑らかで磯臭さもあまり無いので食べやすいでしょう。

風味と食感を活かした刺身や塩焼きなどのシンプルな料理方法が定番ですが、淡白な味わいを活かした煮つけや味噌汁なども美味しいようです。磯臭さが気になるようであれば、香草焼きにしてみてもいいかもしれませんね。。

-キチヌ
-,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.