【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

実はサメじゃない「コバンザメ」大型魚と共存する理由とは?

更新日:

大型魚に寄り添うようにくっ付いて生活するコバンザメ。水族館でもその独特な生態を見ることができますよね。コバンザメはその名のとおり頭に小判のような形をした吸盤を持っており、この吸盤を使って大型魚に張り付いて身を守ったり餌を獲ったりします。

コバンザメの特徴

クジラやマンタなどに大型の生物にぴったりとくっついている魚を見かけることはありませんか?この魚はコバンザメと言い、スズキ目コバンザメ科に属しています。名前にサメと入っていますが、実はサメとは縁遠い魚なのです。細く長い灰色の体には、帯の様な幅広の黒い線が1本入っており、下顎が少々しゃくれています。全長は80センチメートルほどで、大きいものは1メートルにもなるんだそうですよ。コバンザメ最大の特徴はなんと言っても、他の大型魚にぴったりとくっついて生活をすること。こうして大型魚に寄り添うことにより、他の魚からは身を守られ、大型魚の餌のおこぼれを狙うことでご飯にも困ることがありません。生存競争の激しい自然界で、ユニークな方法で進化を遂げた魚なんですね。コバンザメは頭頂部に吸盤を持っており、これを他の魚に引っ付けることで、その魚から離れないようにしています。この吸盤はとても強力で、コバンザメの尾びれを引っ張っても剥がれませんが、逆側に引っ張ると容易に外れる構造をしています。

コバンザメの釣り時期・生息ポイント

生息域は広く、太平洋を始め、世界中の暖かい海域に生息しています。日本でも北海道から沖縄まで、その姿を確認することが出来るようです。比較的浅い水深を好み、水深20メートルから50メートルほどの深さで、他の生物にくっ付いて生活しています。サンゴ礁のある沿岸では、くっつかずに単独、もしくは群れで生活することもあるんだそうですよ。コバンザメは自分より大きな魚にくっ付いて生活することから、基本的に人間にも敵意を持たず近寄ってくることで知られています。ダイビングなどでコバンザメが単独でいるときに近づいた際に、自分にコバンザメがくっ付いてしまう…なんてこともあるそうですよ。

コバンザメの餌

コバンザメは主に他の生物にくっ付いて生活するので、宿主となる生物の食べ残しや排泄物を食べています。くっ付かずに単独で生活している場合は小魚や、甲殻類などを捕食しているようです。基本的に何でも食べるので、釣りの際は小魚やゴカイ、サバの短冊など、幅広いエサで狙うことが出来ます。

コバンザメの漁獲法

コバンザメは基本的に狙って漁獲する様な魚ではない為、コバンザメをピンポイントで捕まえる釣り方はありません。定置網や底引き網でまとめて捕まえられてしまったり、、釣りでも他の魚を狙っている際に引っかかってしまう魚という認識だそうです。スズキなどを狙っていると、自然と釣れている…そんな魚の様です。

コバンザメを釣った後に気を付けたい事

コバンザメは特に危険などは無い魚ですが、もし誤って吸盤が引っ付いてしまった場合は、尾ヒレ側を無理に引っ張っても外れないので注意が必要です。コバンザメの頭の方に動かしてあげると、すんなりと外すことが出来ますよ。

コバンザメのおいしい旬

食用魚として獲られることは無いので、旬はまだよく分かっていないと言われています。

コバンザメの食べ方

狙って捕まえられることの無いコバンザメですが、実は食べると美味しい魚です。白身で新鮮なものはしっとりと甘く感じるので、鮮度の良いものは刺身にして食べるのがおすすめです。適度に脂ものっており、焼いたり煮つけにしたりしても美味しく頂けるようですよ。

コバンザメの名前の由来

コバンザメの特徴とも言える引っ付くための頭にある吸盤。これが江戸時代の貨幣である小判に似ており、見た目がまるでサメの様であることから、コバンザメという名前が付けられました。富山ではコバンイタダキ、広島ではコバンウオなどと呼ばれており、やはり小判とついた名前で呼ばれることが多かったようですね。長崎ではソロバンウオと呼ばれることもあり、これは吸盤を小判ではなく、算盤に見立てたことからきているようです。英名では「Live Sharksucker」と呼ばれてます。

-コバンザメ
-, , ,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.