【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

牡蠣のかぶせ釣りで釣りブーム!通称「カンダイ」の「コブダイ」とは

頭が大きく盛り上がったコブがなんとも不思議な顔立ちのコブダイ。強い引きを楽しむことが可能で1年を通して美味しい魚なので、釣り人からの人気も高いです。近年では牡蠣を使った「かぶせ釣り」という釣り方が流行っており、ブームとなっています。

コブダイの基本情報

コブダイは名前に「鯛」とついているため、タイの一種と思われますが正確には「スズキ目ベラ科」の魚です。
タイ科の魚ではないのに「タイ」を名乗る魚、いわゆる「あやかり鯛」なのです。

コブダイの名前の由来

「コブダイ」の名前は外見的特徴である「コブ」から派生したものです。
別称「カンダイ」と呼ばれることもあり、寒い時期に旬を迎える魚のため「寒鯛(カンダイ)」と名づけられたようです。

地方名では、福岡では「ノムス」 、山形では「モコズ」、兵庫では「エビスダイ」と呼ばれることがあり
他にも、「イソアマダイ」「カンノダイ」「コベダイ」「デスコべ」「ナベクサラシ」「センタイ」などと呼ばれています。

コブダイの特徴・生活史

全長は80センチメートルから120センチメートルの大きな魚です。

また、寿命が非常に長く、推定10年程度、長くて20年も生きるそうです。

コブダイの外見的特徴として、体の色はくすんだピンク色をしており、頭部に大きなコブを持っています。
大きな歯を備えた口で、顎の力が非常に強く餌である巻き貝などの貝類を噛み砕くことができます。
「咽頭歯」という歯が喉の奥にあり、貝を丸のみして「咽頭歯」でかみ砕くこともできます。

コブダイは自分の縄張りを保ちながら、複数のメスを呼び寄せ、いわゆる「ハーレム」を作って生活する魚なのです。
そのメス達もゆくゆくはオスになってしまうのは何だか複雑ですが…。

縄張り意識の高いコブダイは、自分の縄張りに侵入してきた他のオスをコブを使って容赦なく攻撃します。
そのため、コブの大きいコブダイほど優秀なコブダイとされてメスに人気があるようです。

コブダイの生態・住んでいる場所

国内では北海道〜九州南岸の太平洋、北海道〜九州西岸の日本海、東シナ海、瀬戸内海に分布しています。
比較的暖かい海を好む魚なのですが、誤って黒潮に乗って北海道付近まで北上し寒さに耐え切れず死んでしまうことがあります。
このようなうっかりさんは「死滅回遊魚」と呼ばれ、コブダイもこのレッテルを張られています。

コブダイの産卵期は春です。繁殖時にはオスとメスが海面近くで体をくねらせながら受精を行います。
コブダイは生まれてから体が小さい時はメスなのですが、体調が50センチメートルを超えるころに性転換を行いオスになってしまうようです。

コブダイの旬と釣り時期

別称「カンダイ」と云われているように寒い時期に食べると美味で、冬を中心とする寒い時期がコブダイの旬となっています。
産卵後は味が落ちてしまいますが、基本一年中美味な魚で、釣りも1年を通して行えます。

主に定置網、釣り漁などで漁獲されるが、漁獲量は少なめ。
最近では砕いた牡蠣をエサとして、沿岸で行う「かぶせ釣り」というのも流行してきています。
コブダイはとても引きが強いため、釣りごたえがあると釣り人界隈では人気の魚です。

産卵期である春はメスの小さな個体が多く、がっしりとしたオスを釣るならば水温が上昇している夏から秋が狙い目です。

コブダイの食材情報

気になる頭部にあるコブの味ですが、脂肪が多く含まれており他の身に比べるとあまり美味ではないようです。
身そのものは上質な白身なので美味なため漁獲量は少なくても、安定して流通しています。

市場では大型のオスが美味しいとされる一方で、小型のメスはオスほど美味ではなく同じコブダイではありますが市場ではメスの方が比較的安価で取引されています。

美味しい食べ方

コブダイの身は弾力があり、加熱調理してもパサつきにくいいようです。
そのためポワレやムニエル、から揚げなど、どのような調理法に用いてもおいしく食べられます。

鮮度が良いコブダイは刺身にするのが特におすすめです。
ほんのりと甘みがあり弾力のある白身がとても美味なようです。

コブダイのレシピ

刺身、カルパッチョ、ポワレ、吸い物、酒蒸し、フライ、ムニエル、にして食べると美味しい。

コブダイ

牡蠣のかぶせ釣りで釣りブーム!通称「カンダイ」の「コブダイ」とは

頭が大きく盛り上がったコブがなんとも不思議な顔立ちのコブダイ。強い引きを楽しむことが可能で1年を通して美味しい魚なので、釣り人からの人気も高いです。近年では牡蠣を使った「かぶせ釣り」という釣り方が流行 ...

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.