【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

人気の寿司ネタ「コハダ」別称「コノシロ」。昔は縁起の悪い魚だった!

更新日:

寿司ネタの一つとしてかかせないコハダ。一般的に有名なのはコハダですが、実は別称でコノシロの方が正式名称なんですよ。コノシロはそのままでも美味しく食べられる魚として寿司ネタとして以外にも、酢締めや塩焼き、唐揚げや汁物などでも活躍しています。

コノシロの基本情報

江戸前鮨でよく握られている由緒正しき鮨ダネの「コハダ」。
「コハダ」は実は別称であり、正式名称は「コノシロ」なのです。

ニシン目に属する魚ですが、大海原を回遊する同じニシン目のニシンやイワシとは異なり、回遊をせず内湾に定着して生息しています。

コノシロの名前の由来

コノシロの名前の由来は諸説あり、どれも面白い逸話ばかりです。

一説として、コノシロはかつて「ツナシ」と呼ばれていましたが「コノシロ」の名前で広まったのは戦国時代頃。
当時、コノシロは大量に漁獲されており雑魚扱いをされていました。
そのため、「飯の代わりにする魚」という意味で「飯代魚(コノシロ)」と呼ばるようになったようです。

更に「コノシロ」は一時期、名前のおかげで縁起の悪い魚というレッテルを貼られていました。
というのが、「コノシロを食う」=「この城を食う」。つまり「この城を焼く」ということを連想させ、武士が食ってはならん!と嫌悪されていたようです。

もう一説が、かつてコノシロの焼く匂いは死人を焼く時の匂いとそっくりだと云われていました。
娘を国司に連れていかれそうになった親が、コノシロを焼き「我が娘は死んだ!」とコノシロの死人を焼いているかのような匂いを漂わせて説得し難を流れたため「子の代わり」=「子の代(コノシロ)」から転じて「コノシロ」になったという説です。

愛知、三重、瀬戸内海、徳島など一部の地域では、昔の呼び名の名残で未だに「ツナシ」と呼ばれることもあります。
また、コノシロは出世魚であり、大きさによって呼び名が異なります。
地域によって異なりますが、関東地方での呼び名を例に取ると、幼魚の「シンコ」から始まり成長するに伴って「コハダ」、「ナカズミ」など成長段階によって違う名前で呼ばれます。

コノシロの特徴・生活史

コノシロは全長30センチメートル程度の魚です。
孵化してから1年で全長10センチメートル程度、2年で全長15センチメートル程度、3年で全長17センチメートル程度の大きさに成長します。

コノシロの体は側扁形で、とても平たい体をしており、体の色は、背中側が青緑色、腹側が銀白色となっています。
体の上半分に、小さな黒い斑点が点線のように沢山並んでいます。背ビレの後端は糸状に伸びているのが特徴的です。

コノシロの生態・住んでいる場所

コノシロは群れを作って内湾や河口の汽水域に生息している魚です。
一生を通して同じ生息域で生活します。

東北地方より南の西太平洋、日本海の南部、黄海、東シナ海、南シナ海に多く分布しており、特に東アジアの内湾に広く分布しています。

コノシロは春に産卵期を迎えます。
産卵する時間帯は日没してから1~2時間後に汽水域の河口付近で群れを作り、一斉に放卵放精を行います。
卵の大きさは直径1.5mm程度で、「浮遊卵」。孵化した稚魚は汽水域に留まって、プランクトンを食べて成長します。

コノシロの旬と釣り時期

コノシロの旬は秋から冬にかけてと云われていますが、夏の産卵後の痩せている時期を除けばいつでも美味しいとされています。

釣りとしては、基本的に一年中いつでも釣ることができるます。特に夏以降はサイズが大きくなって釣り人にも人気です。

漁としては、「定置網」「刺し網」「地引き網」などで漁獲されています。

コノシロの食材情報

コノシロは小骨が多い魚であり、カルシウムが豊富に含まれています。
更に、骨の形成を促すビタミンDも多く含まれているためカルシウムを効率よく摂取できます。

コノシロの美味しい食べ方

コノシロは上質な白身魚であり旨味の強さが人気の魚です。
酢じめにして食べることが多く、寿司ネタなら生酢に漬けることが多いようです。
関西では甘酢に漬け込むこともあり、これも美味。

コノシロのレシピ

酢じめ、煮付け、塩焼き、ソテー、唐揚げ、天ぷら、味噌汁、などにして食べると美味。

-コノシロ
-,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.