【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

胡椒のような黒い斑点をもつ「コショウダイ」鮮度の落ちにくい魚

更新日:

コショウダイの特徴

背中から尾ビレにかけて入っている胡椒の実のような斑点模様が特徴的なコショウダイ。

分類としてはスズキ目イサキ科に属しており、タイとついていますがタイ科の魚ではありません。

灰色の体色に黒褐色の帯が斜めに入ってその上に斑点模様もあり、なんだかシックで大人な印象を受けます。

高い体高に左右に扁平した体で、小さい口には分厚い唇がついています。体長は最大で60センチメートルほどです。

コショウダイは漁獲量もそんなに多くないということもあってか、あまりポピュラーな魚ではありません。

しかし、近年になってコショウダイの漁獲量が増えてきており、徐々に知名度を上げてきています。

鮮度が落ちにくく、日持ちが良い美味しい魚である割に、取引価格もそこまで高くないということで、これから人気がじわりと出てくるであろう要注目な魚です。

コショウダイの釣り時期・生息ポイント

北に行くほど数は少なくなるようですが、日本の広い範囲で生息が確認されており、中部地方から九州地方の沿岸でよく見かけることが出来ます。

暖かい水域を好む魚で、沿岸の岩礁帯やサンゴ礁域、砂泥域に生息しており、稀に汽水域にも姿を現すようです。

産卵期は5月から6月で、夏場には砂浜や藻場で黒い稚魚を見ることが出来ます。

真冬以外の4月から12月ぐらいまで釣ることが出来ますが、産卵期以降の7月から9月頃の水温が高い時期が釣りのベストシーズンとなっています。

コショウダイの餌

主にゴカイなどの底生生物や甲殻類を捕食しており、成魚となると小魚も食べるようになります。

釣りの餌ではオキアミやイソメなどが主に使われており、大型のコショウダイを狙う場合はサザエやなどの貝類が効果的なようですよ。

コショウダイの漁獲法

コショウダイは磯や防波堤から狙うことが可能で、ウキ釣りや投げ釣りが主な釣り方となっています。

装備はイシダイのものがそのまま流用できるので、イシダイの専用装備を揃えるのが一番手っ取り早いでしょう。

5メートルほどの竿と中型の両軸受けリールがよく使われています。

夜には大型の魚が釣れると言われる通り、コショウダイも夜釣りで大型のサイズが狙えます。

コショウダイは大きくなればなるほど、その味も美味しくなると言われているので、夜釣りで狙ってみてはいかがでしょうか。

コショウダイを釣った後に気を付けたい事

魚に寄生虫はつきものですが、コショウダイは寄生虫が多い魚として有名です。

特に寄生していることが多いのが、ディディモゾイドという寄生虫。

生きている時は黄色、死ぬと黒色に変色する寄生虫で、食べても悪影響はありませんが、見た目によろしくないので取り除いて調理してくださいね。

また、人体に影響のあるアニサキスがいることもあるので、しっかりと目視で確認して捌いてください。

不安な場合は、60度以上の温度で1分以上加熱するか、マイナス20度で24時間ほど冷凍処理を行ってください。

▼アニサキスの対処法を知りたい方はこちらをタップ▼

コショウダイのおいしい旬

コショウダイの旬は春から夏にかけてですが、年間を通して味が落ちない魚と言われており、どんな季節でも美味しくいただけます。

しかし、5月から6月の産卵期後は痩せて味が落ちてしまうので、春先か夏を待つと良いですよ。

コショウダイの食べ方

上質でクセのない白身は弾力がありとても美味しいとされ、大型のものほど旨味が強くなるんだそうです。

また、鮮度が落ちにくく多少日が経っても美味しく食べられるのも嬉しいポイントですね。

しかし、人によってはやや磯臭さを感じることもあるようなので、気になる場合は生姜やネギと合わせると良いでしょう。

どんな料理にも合いますが、特にムニエルが美味しいと評判のようです。

コショウダイの名前の由来

名前の由来は背中にある斑点模様がまるで胡椒の実のようだからだと言われていますが、他にも昔の使用人である小姓が着ていた服の模様に似ているからコショウダイとする説もあります。

-魚・食材図鑑
-,

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.