【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

「本ムツ」より黒い「クロムツ」上質の脂が美味!特徴と生態について

更新日:

クロムツの基本情報

クロムツは「本ムツ」と似ており混同されがですが、「クロムツ」の方が鱗が多く、若干黒い体色をしております。

ムツは長い間1種類であると考えられていましたが、後で実は鱗の枚数の違いから2種類だということが分かりました。

「本ムツ」ではない方のムツを「クロムツ」と呼び区別をしています。

肉食性の大型深海魚であり、上質な白身魚。その身は非常に脂っこく絶品です。

美味しさと希少性から高級魚として市場に出回ることが多い魚です。

クロムツの名前の由来

ムツとは「脂っこい」ことを意味する四国地方の方言である「むつっこい」に由来するとされています。

実際にムツの身は脂質が多く、他の魚に比べて脂っこい味わいです。

元々クロムツは「本ムツ」と同一視されていた為、地方名も同じになることが多いようです。クロムツなのに「本ムツ」と呼んでいる地域もあるようで非常にややこしいとか…。

地域名として神奈川で「ムツメ」、富山では「オキムツ」や「カラズ」、高知では「モツ」と呼ばれます。

他にも福岡では「クジラオトシ」、長崎では「メバリ」、鹿児島では「ムツゴロウ」、沖縄では「クルマチ」とも呼ばれています。

クロムツの特徴・生活史

クロムツは30センチメートルから80センチメートルの個体が多いですが、大きいものでは1mを超えるそうです。

クロムツの外見的特徴として、大きい目に大きく上顎より前に突き出ている下顎。鋭い犬歯状の歯を持っていることです。

「本ムツ」との違いで一番分かりやすいのが体色がより黒っぽいことですが、他にも上顎の歯の数が本ムツより少ないことや、鱗の枚数が多いことから「本ムツ」か「クロムツ」かを区別できます。
※上記の写真は「本ムツ」です。

クロムツの生態・住んでいる場所

北海道南部から本州の中部にかけて広範囲に分布しています。

稚魚のころは港や岸近くの沿岸域で群れを成していますが、成魚になると水深200メートルから500メートルの深海の岩礁帯に移動するそうです。

クロムツの産卵期は3月から5月にかけて。

この時期になると成魚は普段生息している深海から水深100メートルほどまで移動し、卵を産みます。

卵は「分離浮性卵」で、バラバラになりぷかぷかと海を漂いながら孵化をします。

稚魚は沿岸部の岩礁や内湾の藻場でも姿を確認することができ、成長とともに、深海に移動しています。

3年ほどで成魚となるようです。

クロムツは肉食性で、小魚や甲殻類、頭足類を餌としています。

クロムツの旬と釣り時期

旬の時期は秋から冬にかけてとされており、寒くなると脂がのって更に旨味が増します。

釣りとしての旬は特に定まっておらず1年を通して釣ることが出来きます。

特に春になると産卵の為に浅瀬に出てくるので、狙いやすくなようです。

幼魚は沿岸部に生息する為、堤防でも釣ることができます。

肉食性なので餌はサバの短冊やシコイワシを用いた胴付き仕掛けを使うのがベスト。

漁としては、主に延縄で漁獲されているようです。

クロムツの食材情報

「ムツ」の語源である「むつっこい」の通り、身は非常に脂を多く含んでいます。

白身魚でありながら濃厚でとろけるような味わいを楽しむことができ、とても美味。

産卵期を迎える春頃は、抱卵している卵巣を「むつ子」または「ムツゴ」と呼び、珍味として重宝されています。

栄養価は「本ムツ」と等しいと考えられており、DHA、EPA、タウリンなどの抗酸化作用物質を多く含んでいます。

また、「クロムツ」は体内に微量の水銀が含まれているようで、特に妊婦さんは注意が必要です。

厚生労働省も「クロムツ」は妊婦が摂食量を注意するべき魚介類としてあげているので、たくさん食べる機会がある場合は、医師と相談してくださいね。

クロムツの美味しい食べ方

脂がのっており、基本的にどのように料理をしても美味しく食べられることができます。

熱を入れても身が固くならないので、煮つけや焼きものにするのが鉄板だが、クセが無く、生臭さもほとんど無いので、新鮮なものが手に入った場合は刺身で食べると、より「クロムツ」本来の味わいが楽しめるとされています。

クロムツのレシピ

煮つけ、味噌汁、フライ、塩焼き、ムニエル、刺身、酒蒸しなどが美味。

-魚・食材図鑑
-

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.