【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

「クロサギ」だけど白身魚!実は美味な魚!

更新日:

クロサギの特徴

クロサギと言われると鳥の方を思い浮かべてしまう人も多いかもしれませんね。クロサギはスズキ目クロサギ科に分類される海水魚です。海水魚ですが、汽水域にも出現する為、河口でも見かけることがあります。大きな目を持ち、体色は銀がかかった白色で、腹鰭と尾鰭が薄い黄色です。鱗は大きくて剥がれやすく、一見するとタナゴという魚によく似ているので、見間違う人も多いんだそう。クロサギは口を筒状に変形させて、下方向に伸ばすことができます。口を伸ばすことにより、砂地に潜んでいる餌を探しやすくしているのです。普段は口は折りたたまれていますが、変形させた際は結構長く伸び、おちょぼ口みたいで中々面白い顔付きになります。釣りをする人たちには外道とされることも多いですが、実は味も悪くなく、美味しく食べられる魚だったりもします。大きさはおおよそ20センチメートルほどです。

クロサギの釣り時期・生息ポイント

日本と朝鮮半島南部の周辺海域に生息しており、日本では北海道、沖縄を除くほとんどの沿岸部で見かけることが出来ます。浅瀬を好み、海底付近を餌を探しながら泳いでいる姿がよく見られます。温かい地域を好む魚で、夏になると活発になるので、春から夏にかけてが釣りの狙い目の時期となっています。

クロサギの餌

折りたたみ式の口を使って、ゴカイや小さな甲殻類などの底生生物を捕食しています。捕食の際は、周囲の砂ごと一気に吸い込んで、砂だけを吐き出す、とても器用な食べ方をするみたいです。ルアーを使用するならワームを使い、活餌を使うならジャリメを使用すると良いでしょう。、

クロサギの漁獲法

キスやカレイを狙っている際によく引っ掛かると言われる通り、他の魚を狙っているときについでに良く獲れる魚です。クロサギを狙って釣る場合でも、キス釣りなどの釣り具で応用が利きます。実際に釣る際は、群れを見つけると同じ場所でたくさん釣れるようです。しかし、クロサギは外敵に見つかったと感じると驚いて砂に潜ってしまう為、アグレッシブに動かすよりも、驚かさないようにゆっくりと待ちの姿勢で釣りの望むことが大切です。クロサギの大きさは20センチメートルほどですが、同じサイズ感の魚に比べるとパワーがあり、強い引きを楽しむことが出来ます。

クロサギを釣った後に気を付けたい事

クロサギの鱗は剥がれやすく、他の魚と一緒にしていると持ち帰った頃にはボロボロになっている…ということがあるようです。そこまで気にする様なことではありませんが、可能であれば他の魚と分けて入れておくと良いかもしれません。

クロサギのおいしい旬

旬は夏と言われています。活動が活発になり、餌をたくさん食べて成長した大きなサイズのクロサギは脂が乗っており美味しいですよ。

クロサギの食べ方

食用魚としても知名度は薄く、釣り上げられても外道とされることが多いクロサギですが、柔らかい身を持ち、きちんと調理してあげれば美味しい魚なのです。白身でやや水っぽい身は旬の時期になると脂が乗り、刺身で美味しく頂けます。ただ、鮮度が落ちると味も落ちるので、刺身にするなら新鮮なものにしましょう。細かく叩いてなめろうにするのもおすすめ。クロサギは独特の「麦わら臭」がするので、気になるなら塩焼きやフライなど、火を通して食べましょう。

クロサギの名前の由来

クロサギは漢字で書く「黒鷺」となります。この鷺という漢字は鳥のサギで、口を伸ばした姿がサギのようだからサギという名がついたという説が主流です。また、クロとはどこを指すのかというと腹腔膜が黒色なのだそうです。腹腔膜の色のクロと、口の形のサギを合わせてクロサギという訳です。顎がしゃくれていることから、地方名として各地でアゴナシとも呼ばれています。他には新潟県でゴンベイ、三重県でドテムツなどと呼ばれています。

-魚・食材図鑑
-

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.