【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

小田原のスミヤキ!美味しい外道「クロシビカマス」

更新日:

クロシビカマスの特徴

あまり市場に出回っていないクロシビカマス。

一部の地域では食用として食べられているのですが、一般的にはあまり馴染みのない魚でしょう。

クロシビカマスは体長60センチメートル程度で細長く、最大クラスでは80センチメートルにもなる、大きな魚です。体の色は金属感のある黒色で、炭で焼いたような黒い皮にも見えるため、「スミヤキ」という別名もあるのだとか。

口が大きく、鋭い歯がついているので、見た目は少し怖いかもしれません。

クロシビカマスの釣り時期・生息ポイント

クロシビカマスは神奈川県、和歌山県での漁獲量が多いとのこと。

相模湾から九州南岸の太平洋沿岸など、暖かい海域に群れで生息している魚です。昼は水深500メートル前後の深海に生息していますが、夜は餌を求めて水深150メートル付近まで浮してきます。

釣りに適した時期は明確には分かっていませんが、冬場によく釣れる傾向があると言われています。

クロシビカマスの餌

クロシビカマスは大きな口と鋭い歯で、魚類やイカ類を捕食しています。釣りの餌には、イカ、サンマ、サバなどの切り身が使えるでしょう。

クロシビカマスの漁獲法

沖の水深が深い所で行われるアカムツ釣りの外道として、クロシビカマスが釣れることがあるのだそうです。

一般的にはあまり知られていませんが実は美味しいとのことで釣り人に人気で、歓迎される外道なのだとか。

クロシビカマスの釣りでは、その鋭い歯で仕掛けを切られてしまう可能性があるため、針の近くを補強しておくと良いとのこと。

夜はクロシビカマスの群れが水深150メートル程度の中層に浮上してくるため、特にこの時間帯を狙って船から釣るのが良いでしょう。

もっと深い深海から釣り上げると水圧の変化に耐えられず、死んでしまう可能性があるため、浮上してくるクロシビカマスを狙ってください。群れで浮上してくるため、漁業の漁では定置網に大量に入っていることもあるのだそうです。

クロシビカマスを釣った後に気を付けたい事

クロシビカマスは強面な見た目とは異なり危険な魚ではないため、気をつけるべきことは特にありません。

とても肌が弱い魚なので、できるだけ触らない方が鮮度を保てるでしょう。

釣り上げる際、釣り糸が体に当たるだけで弱ってしまうこともしばしば。クロシビカマスが釣れたら、あまり触ったりどこかにぶつけたりしないよう注意を払い、生け簀に入れるようにしましょう。

クロシビカマスのおいしい旬

クロシビカマスが美味しい旬は秋から初夏までとされています。

クロシビカマスの食べ方

クロシビカマスの身は脂が乗った白身で、食感は柔らかくて美味しいのだそうです。

個体の大小に関係なく、脂乗りが良いとのこと。調理する際に少し面倒なのは、小骨が多く、切りにくいことです。

新鮮なクロシビカマスが釣れたら、小骨と小骨の間をスプーンでこそぎ取って、刺身として食べてみるのも良いでしょう。

小骨を避けて食べるのであれば、焼き物や煮付けにしても良いですね。ちなみに、干物にすると小骨が多いことはあまり気にならないのだとか。

クロシビカマスを食べる地域と食べない地域はハッキリと分かれています。味の評価が低いというわけではないのです。

実際に、主な産地の1つである神奈川県小田原市では美味しい魚としてかなり愛されています。クロシビカマスが釣れたら、少し頑張って小骨を処理して、食べてみたいですよね。

クロシビカマスの名前の由来

クロシビカマスは、元々「スミヤキ」と呼ばれていました。これは、炭で焼いたように黒い皮膚を持つことが由来となっています。

産地の1つである小田原では今も「スミヤキ」の方が一般的なのだとか。その他、南房総ではエンザラと呼ばれています。

-魚・食材図鑑
-,

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.