【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

最も身近な魚!釣り初心者にも人気の「マアジ」について

更新日:

日本の食卓を彩る美味しい魚マアジ。寿司ネタなどにも広く利用される重要な食用魚で、私たちの生活にはなくてはならない存在です。釣り初心者でも簡単に釣ることができることから、ファミリーフィッシングのターゲットとしても人気を博しています。

マアジの特徴

アジ科の魚にはマアジ以外にも食用とされるものがいますが、単に「アジ」と言った場合、「マアジ」を指すことが一般的です。全体的に銀色の光沢を帯びた魚ですが、背の色は生育環境によって差があり、黒系、緑系、黄系などが見られます。

体長は30センチメートル程度の個体が多く、稀に50センチメートルまで発達する個体もいるのだとか。マアジはスーパーでもよく見かける庶民的な魚のイメージですが、「黄アジ」「黄金アジ」といった「ブランドアジ」なる美味しいマアジも存在しています。これらは一本釣りで漁獲され、高値で取引されているのだそうです。

マアジの釣り時期・生息ポイント

マアジが釣れる期間は長く、3~12月までとされています。その中でも、最も釣りに適しているのは夏場なのだそう。マアジは日本の海に広く分布していて、古くから全国的に親しまれてきた魚。

多くのマアジは沖合いを群で回遊しています。堤防などで気軽に釣りを楽しみたいなら、群れが沿岸に来ている時期を狙うのが良いでしょう。また、沿岸の岩礁域や内湾に住み着いたタイプのマアジもいます。回遊性のマアジに比べると運動量が少ないのか、脂がたっぷり乗っているのが特徴です。

マアジの餌

沿岸からマアジを狙うなら、餌はオキアミ、アミエビなどが良いでしょう。また、疑似餌ならソフトルアー、ワーム、メタルジグで釣ることもできます。

マアジの漁獲法

マアジは釣りの初心者でも釣りやすい魚として知られていて、かつ味も良いので釣りの対象として親しまれています。特に、近年では「アジング」という堤防など沿岸からルアーでマアジを狙う釣りをする人が増えているそうです。

マアジの群れが岸に近づいている時は、堤防からサビキ釣り、ウキ釣り、ルアー釣りで狙うことが多いようです。マアジは基本的に回遊魚なので、自分が行く釣りポイントの周辺に群れが来ているかどうか、情報を集めてから現地に出向きましょう。

マアジの釣った後に気を付けたい事

マアジのお腹の中央あたりには、2本のトゲがあります。釣ったアジを持つとき、うっかりお腹を握ってトゲを触ってしまうと、手に刺さって怪我をしてしまうことがあるので気を付けてください。なお、トゲに毒は無いので、万が一トゲが刺さっても特別な処置は必要ないです。雑菌が入らないよう、消毒をしておきましょう。

また、マアジには寄生虫のアニサキスが付いている可能性があります。大型のアジになるほど寄生している確率が高いことが知られています。マアジを刺身で食べたい場合は、新鮮なうちにアニサキスが付いているかもしれない内蔵を取り出してください。素早く捌いて刺身として食べてしまうのが良いでしょう。処理が遅れてしまった場合は、しっかりと火を通して食べてくださいね。

▼アニサキスの対処法を知りたい方はこちらをタップ▼

マアジのおいしい旬

マアジが美味しい旬は、春から夏とされています。地域にもよるので、旬の時期には地域差が見られます。

マアジの食べ方

刺身、塩焼き、干物、フライ、唐揚げなど、どんな食べ方にしても美味しいのがマアジの特徴。尾のつけ根から頭までゼンゴという硬い鱗があるため、取ってから調理した方が食べやすいです。全体的にマアジの鱗は薄くて取りやすいので、下処理はしやすい魚です。

マアジの由来

マアジはその「味の良さ」から「アジ」と名付けられたとされています。またアジを漢字で書くと 「鰺」となります。「参」という字は旧暦の3月、つまり現在の5月のことを示す漢字。

マアジの旬の時期が漢字の由来となっている、と考えられています。また、上記のとおりマアジは生息場所によって味や見た目が異なるので、居つき型と回遊型で呼び名を分けている地域もあります。東京湾沿岸では、居つき型を「キンアジ」「キアジ」、回遊型を「ノドグロ」「クロアジ」と呼ぶことがあるそうです。

-マアジ
-, ,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.