【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

鯛のなかの鯛「真鯛(マダイ)」生態や特徴について

更新日:

タイの中のタイであるマダイ。その美味しさや知名度は誰もが知るところであり、縁起の良い魚であるとしておめでたい席にはマダイが並ぶなど、古くから日本人に親しまれてきました。釣り人にも人気が高く、多様な方法で狙われています。

真鯛(マダイ)の名前の由来

その見た目の鮮やかさと上品な味わいゆえに、「タイの中のタイ」という意味で「マダイ」と呼ばれるようになりました。その他に、春の桜の時期に獲れる旬のマダイを「桜鯛(サクラダイ)」と呼ぶのも一般的です。

真鯛(マダイ)の生息域

奄美群島・沖縄諸島沿岸には生息していないものの、北海道より南の日本沿岸に生息しているため、古くから釣りの対象として親しまれてきました。漁獲量は東シナ海、瀬戸内海、日本海の順に多くなっています。マダイの主な産地は石川県金沢市、石川県七尾市、福岡県博多市。これらの海の、水深30〜200メートルまでの比較的深いところに生息しています。

真鯛(マダイ)の特徴

おめでたい席で食べる魚といえば、真っ赤なマダイですよね。天然ものの人気はさることながら、養殖も盛んで、市場に出回っているマダイは、天然ものが2割程度、養殖ものが8割程度なのだとか。発色は、養殖ものより天然ものの方が美しいと言われています。ギラギラと光沢があり、少し紫色がかった赤色が特徴的な魚です。

よく見かける食用のマダイは30〜70センチメートルが主流で比較的小さいイメージですが、大型の個体になると120センチメートルに達します。このクラスはなんと10キログラムを超える大物で、大きな魚を狙う釣り人の憧れなのだそうです!

真鯛(マダイ)の釣り時期・生息ポイント

奄美群島・沖縄諸島沿岸には生息していないものの、北海道より南の日本沿岸に生息しているため、古くから釣りの対象として親しまれてきました。漁獲量は東シナ海、瀬戸内海、日本海の順に多くなっています。マダイの主な産地は石川県金沢市、石川県七尾市、福岡県博多市。これらの海の、水深30〜200メートルまでの比較的深いところに生息しています。

マダイは1年を通して釣れる魚ですが、釣りに最も適しているのは4〜11月頃になります。4〜6月は産卵のために沿岸の方へ移動するため、特に釣りやすいシーズンになります。量ではなく大物を狙いたい!という方には12〜2月がおすすめです。この時期は、数は少ないものの、脂がたっぷり乗った大型のマダイが釣れるシーズンです。

真鯛(マダイ)の餌

マダイは肉食性で、小魚、甲殻類、頭足類、貝類など様々な獲物を食べる魚です。あごと歯がとても強いので、エビやカニといった甲殻類の硬い殻も、噛み砕いて食べてしまいます。餌を使ってマダイを釣る場合、一番定番なのがエビ。その他、イソメ、ゴカイなどの虫餌も使うことができます。

真鯛(マダイ)の漁獲法

日本各地で釣れるめでたい魚ということで、一本釣り、延縄、底曳き網、定置網など、古くから様々な方法で漁獲されてきました。水深の深いところに生息しているマダイを釣りたい場合、船釣りで狙うのがおすすめです。

最近では「タイラバ」と呼ばれる道具を使った釣りが人気になってきているそうです。これは、九州(特に徳島県)で昔から使われてきた擬似餌の仕掛けを、ルアーのようにして現代風にアレンジした道具です。釣り方は簡単で、海底に沈めたタイラバをゆっくり引くというもの。

真鯛(マダイ)を釣った後に気を付けたい事

マダイは危険な魚ではないため、気をつけることは特にありません。

-マダイ
-, ,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.