【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

【マゴチ】ルアー釣りの定番!特徴から生態、食べ方までを紹介

更新日:

マゴチの基本情報

マゴチは一般的には出回っていない魚で、あまり知られていませんが、美味であるとされています。
 常にオスとメスの「つがい」で行動しており、夫婦仲がとてもよく縁起の良い魚としても有名です。

マゴチの名前の由来

他のコチである「ヨシノゴチ」や「メゴチ」に対して、「真」のコチであるという意味で「マゴチ」と呼ばれるようになりました。

漢字での表記は、「踊る」という漢字のつくりに、魚へんを合わせた「鯒(コチ)」。
これは敵に遭遇すると飛び跳ねるように逃げるコチの様子が踊っているように見えることから由来しています。

マゴチの地方名

マゴチは、沖縄では「クチヌイユ」と呼ばれています。

市場では主に「マゴチ」の他に「ホンゴチ」とも呼ばれ、それ以外にも「イソゴチ」「ガラゴチ」「クロゴチ」「シラゴチ」「ゼニゴチ」「ホンコチ」「ムギメ」「ヨゴチ」とも呼ばれることがあります。

マゴチの大きさ・特徴

体は上から押しつぶされたような形で、左右に平たく、口は大きく、下あごが上あごより前に突出しています。
見た目の特徴としては、下あごの先端は丸く、目のサイズは比較的小さめで、体の色は、全体的に黒っぽいこと。

生まれた時はオスですが、成長するとメスに性転換するという特徴も持っています。
体長35cm程度、生まれて2年程まではオスですが、体長40cmを超える頃にメスに性転換してしまうようです。

全長50cm程度の魚ですが、最大では80cm程度の大型個体も漁獲されることもあります。

マゴチの生態・住んでいる場所

マゴチは海水魚で、生息地は主に海岸や水深30m以下の砂地等です。
青森県から九州南岸の太平洋沿岸、若狭湾から九州南岸の日本海・東シナ海沿岸、瀬戸内海、種子島に分布しています。

冬は深場の方に生息するマゴチですが、夏には海岸近くまで来て、砂浜海岸や干潟などでもマゴチを見ることができます。
河口などの汽水域に侵入してしまうこともしばしば。

マゴチは海底の砂や砂地にお腹をつけて生活する底生魚でもあり、平たい体と褐色の体の色は砂地に擬態し、敵や獲物の目を欺くことができるようです。

マゴチの旬・食材情報

春から夏にかけてがマゴチの旬です。
主に夏期に釣りの対象となり、この時期のマゴチを「照り鯒(てりごち)」と呼びます。

マゴチは白身魚であり、代表的な高級魚の1つです。
「コチの頭は嫁に食わせよ」ということわざもあるほど美味な魚で多くの人に愛されています。

一般的な市場ではめったに見かけることがなく、基本的には料理店でのみ扱われる魚でもあります。
岡山県など瀬戸内ではとても人気のある食用魚で、「コチのかけ飯」など郷土料理に多く用いられています。

マゴチの釣り・餌・漁獲法

マゴチは刺し網、底引き網、釣りで漁獲され、ルアーフィッシングでも人気がある魚です
肉食性のマゴチの餌となるのはクルマエビ類、テッポウエビ類、小型のタコやイカ、ハゼやキスなど。

水深30mくらいまでの浅い砂地で、砂地に擬態するため、気づかずに使づいてくる獲物を大きな口で捕食します。

マゴチの産卵

マゴチの産卵期は4月から7月にかけての約3か月。
海岸近くの浅い場所で産卵を行います。

この時期の水温はマゴチにとって快適な温度。餌がたくさん獲れるこの時期は、産卵に絶好な時期ともいえます。

マゴチの美味しい食べ方、レシピ

岡山県の郷土料理「コチのかけ飯」

鱗と内臓を取ったマゴチを茹でて、身だけをほぐす。
このとき、骨や汚れを丁寧に取り除くと、雪のように真っ白な身になります。

マゴチえお茹でた茹で汁に大根などの野菜を入れて醤油で味付けをし
白米の上にマゴチを乗せ、さらにこの汁をマゴチの身にかけて食べると美味。

その他の食べ方
・刺身
・洗い
・味噌汁
・鍋
・煮付け
・唐揚げ
・天ぷら
・塩焼き
・バター焼き
・ポワレ など

-魚・食材図鑑
-

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.