【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

【超絶美味】マグロの頭をまるごと料理してみた!

更新日:

マグロの頭を手に入れたので、割ってほほ肉や脳天など食べられるところを食べてみました。結論からいうと、それはそれはとてもおいしかったです。出刃包丁をお持ちの方は、マグロの頭を見つけたら財布が許せば即買いすることをおすすめします。

さばくのは結構大変ではありますが、その価値はあると断言します。

売れ残っていたマグロの頭

私は魚が好きすぎて、毎日のように魚をさばいては調理しています。

ある日の休日、いつものように家の近くのスーパーに鮮魚を求めて訪れてみると、見慣れない黒くて大きい物体が鮮魚コーナーに鎮座していました。

そう、マグロの頭がそのままの形で売れ残っていたのでした(直前までマグロの解体ショーをやっていたようです)。価格は1,500円。少なく見積もっても5キロはありそうです。

マグロの頭なんてさばいたことがないので、一体この頭をどうやって解体してどこを食べればいいのか見当もつかず、この価格が高いのか安いのか分かりません。ただ、なかなか買えるものではないことは確かなので、イチかバチか買ってみることにしました。

こちらが買ってきたマグロの頭です。

シンクに置くとより大きさが際立ちました。こんな大きなものを解体するとなると手に余りそうで、買ったことを少し後悔してきます。

このフォルムと色合いから判断するとおそらくクロマグロでしょうか。マグロの中でも高級なマグロです。黒い宝石とも呼ばれます。こんな大きい魚が海中を泳いでいるなんて、ロマンがありますね。

スーパーで見たときには、興奮してこれがどのマグロの頭なのか判断する余裕がなく買ってしまったのですが、クロマグロだとわかった瞬間、テンションがうなぎのぼりになりました。我ながら現金なものです。

マグロの頭の可食部分と栄養素

さて、まずはどこが食べられるのかを知ることから始めます。

調べてみると、食べられる箇所は以下の部分のようです。

      1、脳天:マグロ1匹につき2本しか取れず、ツノトロとも呼ばれる
      2、のど肉:魚屋でも食べたことがないと言われるほどの希少部位
      3、ほほ肉(裏):同じくマグロ1匹につき2枚しか取れない
      4、目玉:コラーゲンやDHAが豊富で栄養素たっぷり
      5、ほほ肉:同じくマグロ1匹につき2枚しか取れない

……こう羅列してみると、少しグロテスクなイメージを持ちます。なんだか自分が怪物にでもなったような気がしてきます。

マグロの頭を解体する

マグロの頭の解体方法

食べられる部分は分かったものの、マグロの頭なんてはじめて解体するのでどうやったらいいのかさっぱりわかりません。実は購入時にその不安を鮮魚コーナーのおじさんに伝えていました。

すると、調理コーナーから解体のマニュアルを持ってきてくれたので、撮影させてもらいました。

いざ解体!

一通り解体の方法を頭に入れ、出刃包丁を入れます。

皮は固く、マグロの油でキッチンをベトベトにしながら苦労して解体しました。かかった時間は1時間!出刃包丁を使ったとはいえ力もいるので、体力を消耗しましたが笑。

解体する際の注意点

まず前提として、マグロの解体には出刃包丁が必要です。そしてその出刃包丁の刃をしっかり研いで、切れ味を良くしてあげるとかなり時間が短縮できるのではないかと思います。

また、今回は素手で解体してしまいましたが、軍手があると油で魚体がすべらずにスムーズに解体できそうです。なれない作業は怪我の元にもなるため、怪我の予防という意味でも軍手をつけて解体することをおすすめします。

マグロの頭を実食する

さて、解体したそれぞれのパーツを一番おいしそうな調理法で実食!

脳天とほほ肉の刺身

基本的に鮮度のいい魚は刺身で食らうという信念があるので、脳天とほほ肉は刺身に。

上から、脳天、ほほ肉、ほほ肉(裏)になります。とてもおいしそう!!なんだか見た目からして魚ではないですよね。これらが2皿分も取れました。

食べた結果、個人的にはほほ肉(裏)>ほほ肉>脳天の順でおいしかったです。

脳天は大トロよりも油がのっていました。しっかりとマグロの味がしていてとろける、まさに大トロを超える上質なトロという感じです。和食や寿司屋でもたまにマグロの脳天を出してくれるお店はありますが、結構コアなファンがいますよね。

ただ、大トロは苦手だけど、脳天は大好物、みたいな。そして、やはりほほ肉が格別においしいです。特に裏側はもはや魚というより動物の肉です。生姜と醤油で食べると馬肉と遜色ありません。それはもうめちゃくちゃおいしかったです!いくらでもいけます。

マグロののどは塩焼きに

マグロののどは半分に割って塩コショウを振ってグリルで焼きました。これまた絶品!ご飯がすすみます。

目玉も煮付けにしていただきました。コラーゲンたっぷりです。

たとえ倍の値段がしたとしても即買いするほどおすすすめ

スーパーでマグロの頭を見つけたときには買うのを躊躇していましたが、結論、かなりお買い得でした!

おそらくこれだけの量を普通に切り身で買ったとしたら、5,000円はくだらないのではないでしょうか。あれからスーパーで見ていないのが残念ですが、もしまたいつか売られているようなことがあればまたチャレンジしたいと思います。

この記事を書いた人

kai
趣味でほぼ毎日魚をさばくほどの魚好き。ストレス解消法は魚を三枚におろすこと。スーパーに行ったら必ず鮮魚店を覗かないと気がすまない。 ただいまふぐ免許取得のため勉強中。
Instagram

-クロマグロ
-,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.