【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

夏が旬!クエ並みの高級魚「マハタ」

更新日:

マハタの特徴

スズキ目ハタ科のマハタは、ハタ科の中での代表的な存在と言われており、単純にハタと言えばこのマハタを指すほどです。クエと並んで超高級魚として取り扱われており、大きいものでは1キログラムあたり5,000円以上することも。

近年では養殖も盛んに行われていますが、値段は安定しながらも高い価格を維持しています。茶褐色の体色を持ち、胴体には7本ほどの白い横帯が入っています。この白い横帯は成長するにつれて薄くなっていき、老齢の個体になると全体が褐色になります。

体に対して口とヒレが大きく、特にヒレには硬い棘があり目を引きます。とても大きく成長することでも有名で、一般的なサイズは50センチメートルほどですが、1メートル以上にもなります。過去には186センチメートル、体重は120キログラムという正に化け物サイズのマハタがいたという記録が残っており、釣り人からは幻の巨大魚として扱われているようです。

マハタの釣り時期・生息ポイント

東シナ海、太平洋、インド洋などの温帯域に分布しており、日本では北海道の南部以南の沿岸に生息しています。水深50メートルから300メートルほどに生息しており、岩礁帯に好んで潜んでいます。

幼魚のうちは浅い場所で生活をし、成長して大型になるにつれて、深いところへと移っていくようです。1年を通して狙うことが出来ると言われています。

マハタの餌

肉食性の魚なので、小魚やイカなどの頭足類、甲殻類などを捕食しています。

釣りで大型のマハタを狙う場合は、生きたを魚やイカを一匹丸々使用することが多いようです。

マハタの漁獲法

マハタは岸辺にもやってくることがあるので、堤防などからでも稀に釣れることが出来ますが、基本的には船から狙われることが多いです。釣り方はルアー釣りや活餌を使った泳がせ釣りで狙うことが多く、ヒラメ釣りなどに使われるような装備よりも、一段と強度の高い丈夫な装備が必要です。

マハタは岩陰に潜んでいることが多く、釣りでもそういった場所を狙う為根掛かりしてしまうことが頻繁に起きてしまいます。ですので、予備の仕掛けは普段よりも多めに用意しておくと良いですよ。

マハタを釣った後に気を付けたい事

マハタはヒレにとても硬い棘を持つので、誤って触らないように注意しましょう。特に背ビレは目に見えて大きな棘を持っています。大型の個体となると重さもパワーも凄まじいので、海に引き込まれないように注意してください。

また、釣った魚には寄生虫の問題が付きまといます。マハタは美味しい魚なので是非食べてみたいところですが、調理の際はしっかりと目視で確認をして、不安だったら火を通してくださいね。

マハタのおいしい旬

マハタの旬は夏と言われていますが、脂が乗る冬とされることもあるようです。味の変動はほとんど無いのでいつでも美味しく食べられるようです。

マハタの食べ方

透明感のある白身は硬く締まっており独特の歯ごたえが楽しめ、旨味が非常に強いです。

大型の個体になるほど、身が硬く美味しくなっていくとされています。新鮮なものは刺身にしてマハタ本来の味わいを楽しみたいところ。大型のものは身が硬いので、数日熟成して薄造りにすると食べやすくなります。

アラからは良い出汁が取れるので、煮つけや鍋、潮汁にすると絶品です。ムニエルなどの焼き魚、フライなどにしても美味しくいただけますよ。

マハタの名前の由来

ハタとはヒレのことで、ヒレが大きく棘が非常に発達していることからこのように呼ばれています。マハタはハタ科の中でも特に美味しいことから真のハタということでマハタと呼ばれているようです。

1メートルを超えるような大型の個体はカンナギとも呼ばれ、釣り人の間では憧れの魚となっています。英名では「Seven band grouper」と呼ばれており、これは体に入った横帯からきているようです。

-魚・食材図鑑
-, ,

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.