【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

【マカジキ】豪快なスポーツフィッシュにおすすめ!特徴から生態、食べ方までを紹介

更新日:

全長は3メートルを超え、体重は200キログラムにもなる大型魚のマカジキ。細長い体と上アゴが前に非常に伸びた特徴的な姿をしています。旨味が強く栄養価も高い身は非常に美味で、カジキ類の中でもマカジキは最高級とされています。釣り人にも夢の大型魚として人気があります。

マカジキの特徴

マカジキは、釣りにも食用にも有名な魚カジキの中で、最高級魚と言われています。上あごが前方に長く鋭く伸びて、クチバシやツノのように尖っているのが特徴です。

体長は3.5メートル程度、重量は200キログラムという個体も見られる大型の魚。マカジキはあまり馴染みが無く知名度が低いかもしれませんが、近類種でありスーパーなどでもよく見かけるメカジキと見た目がよく似ています。

マカジキの釣り時期・生息ポイント

北海道より南に生息している魚。実は、日本は世界でも有数の「カジキ」が釣れる場所となっているのです!その証拠に、日本の全国各地で毎年のように、カジキ釣りの競技大会が開催されているほど。特に沖縄周辺から伊豆諸島沖など、比較的暖かい海ではマカジキが釣れることが多いです。

釣り時期は、5月頃の初夏から9月の初秋がおすすめ。というのも、この時期は沿岸から3〜5マイルと比較的近い距離でマカジキが釣れるから。なんと2〜3マイルの所でもマカジキが釣れたという情報もあるのです。回遊ルートがまだよく分かっていないマカジキも、5〜9月は釣りやすい時期とされています。

マカジキの餌

マカジキは肉食魚で、トビウオ、アジ、サバなどの小魚やイカ類を捕食します。釣りの場合、生き餌を使うことも多いのですが、ルアーを使ったトローリングの方が主流とのこと。イカを模したルアーがよく用いられます。また、カジキ専用のルアーも存在しているのだそう。

マカジキの漁獲法

マカジキは重量が100〜200キログラムと非常に大きな魚のため、豪快なスポーツフィッシングを楽しみたい人におすすめ。カラフルなルアーを使ったトローリングで狙うのが主流です。これは、船を時速15キロメートル程度の速度で走らせながら、複数本のトローリングロッドをセットして、ルアーを泳がせる釣り方です。

ルアーもカジキ専用のものを使うと良いでしょう。マカジキが仕掛けに食い付いたら、釣る人と船を操縦する人とで連携し、船と魚との距離感を上手く保つなど、船のクルー全員が協力し合ってマカジキを釣り上げます。チームワークの良さが問われるのも、マカジキ釣りの醍醐味と呼べるでしょう。

マカジキの釣った後に気を付けたい事

見た目からも分かるとおり、マカジキは非常に鋭いクチバシを持っています。これに触れて怪我をする人が多いので、釣りや解体の際には気をつけましょう。

また、マカジキの体内には、わずかではあるものの水銀が含まれています。一度に食べる量や食べる頻度に気を配り、食べ過ぎないようにしましょう。厚生労働省によると、1回に食べるマカジキの量を80グラムとした場合、特に妊婦の方のマカジキ摂食目安は週2回までが目安になっています。

マカジキのおいしい旬

マカジキが美味しい旬は12~2月頃です。この時期のマカジキは市場でも特に高値が付きます。

マカジキの食べ方

高タンパク・低脂肪で、柔らかい食感のマカジキの身は、照り焼き、フライ、ムニエル、煮つけ、干物、刺身、寿司と様々な調理方法で味や食感を楽しむことができます。

マカジキの由来

マカジキは漢字では「真梶木」と書くことが多いです。「梶木」の由来は、カジキ類が持っているクチバシがとても長くて鋭いから!舵を取る木や船の底になる木、すなわち「梶木」をも貫くほど、鋭くて上手なクチバシを持っている魚、という由来なのです。

また、マカジキを始めとするカジキ類をまとめて「カジキマグロ」という俗名で呼ぶことが多いです。そのため、カジキはマグロの一種だと勘違いされることがありますが、これは「身がマグロのように美味しい」ことが由来と考えられているのだとか。

英語名では「Striped Marin」で、和訳すると「縞模様のあるカジキ」となります。カジキの中でも、マカジキの体には縞模様が入っているという特徴が表現されているのでしょう。

-マカジキ
-, ,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.