【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

生態が謎に包まれた巨大魚!水族館の人気者マンボウ

更新日:

マンボウの基本情報

マンボウは暖かい海を好み、全世界の暖かい海を遊泳する魚です。大きくて丸っこい独特の姿から、水族館でも非常に人気が高い魚です。

その一方で、生態はいまだ謎に包まれている部分が多く、飼育が非常に難しい魚でもあるようです。何かにぶつかると皮膚がただれて死んでしまうというとてもデリケートな魚でもあります。大きい体とのギャップを感じますね。

マンボウの名前の由来

マンボウの名前の由来は諸説あります。

1つは、「満方」「円魚」といった「丸い形」を表現する言葉が由来という説。これは満、円という漢字から推測されるとおり、マンボウの体の特徴を言い表しております。

もう1つの説は、「万宝」が語源となったという説である。これはマンボウがお守り袋の万宝の形に似ているからという説です。

マンボウは地方によって異なる呼び名で呼ばれることがあるようです。

瀬戸内海では「ウオノタユウ」、東北地方では「ウキ」、「ウキギ」、「ウキキ」、「バンガ」など、神奈川では「マンザイラク」などと呼ばれることがあるあります。

マンボウの特徴・生活史

現在生息している世界最大級の魚の一種で最大で、個体によっては全長は3メートルを超え、体重は2トンを超えるものもいるようです。

独特な見た目をしており、側面から見ると円盤のような丸っこい形、正面から見ると平べったい紡錘形をしています。

背ビレと尻ビレが長く発達しており、体の上下に突き出しています。

一方で、多くの魚が持っている尾ビレと腹ビレはマンボウには無く、体の後ろにあるヒレが尾ビレのように見えるが、これは背ビレと尻ビレの一部分が変形したものだそうで「舵ビレ(カジビレ)」と呼ばれます。

マンボウは泳ぎ方も独特であり、背ビレと尻ビレを同じ方向に動かし、鳥が羽ばたくような動作で前進。方向転換は船のように「舵ビレ(カジビレ)」を動かしているようです。

フグ目に属する魚であり、フグ目に共通する丸い目や小さな口、鳥のくちばしのような歯が特徴的。

マンボウの皮膚は厚い粘液で覆われおり、皮膚には大量の寄生虫が付いています。

皮膚は非常に弱く、飼育環境では水槽へにぶつかるだけで簡単に傷ついてしまう。

そのため、水族館ではマンボウの水槽への衝突防止に透明なビニールを張り巡らせて保護しているところが多いんだそう。

マンボウの生態・住んでいる場所

北海道以南、北半球の太平洋、大西洋など比較的暖かいところに分布しています。

外洋生で海の表層を遊泳しています。

マンボウのメスが一度に産む卵の数は非常に多く、3億個にも達するほどであるそう。

このため、最も多く卵を産む脊椎動物とされています。

産卵は一度ではなく、複数回に分けられています。

卵は海中を浮遊し、特に親に保護されることもないため、ほとんどが他の動物に食べられてしまう。

マンボウの旬と釣り時期

マンボウの旬は不明。

日本におけるマンボウの漁獲時期は、太平洋側では1年を通じて漁獲されるのに対して対馬暖流域は秋から冬に獲れることが多いとのこと。

漁としては、刺し網・流し網・トロール漁。

現在、マンボウの生息数は減少しているようで、日本では主に定置網で混獲されるが、専門的にマンボウを狙って獲る漁師はとても少ないそう。

マンボウの食材情報

食料として流通するのは身、肝、腸。

身は透明感があるが、時間が経つと白濁してしまい、時間が経つと茶色や黒に変色するそうです。

新鮮な身は寒天のように透明で、脂はほとんど無く、淡泊な味わい。

肝は割と大きく、淡泊な身とは対照的に肝の方が旨みやクセがあり、脂が多め。

マンボウの美味しい食べ方

かつてはマンボウは、日本国内でも漁獲できる海辺周辺では食べられる地域性の高いローカルな魚だったそう。

千葉県の一部では「マンボウの刺身」という料理があります。

 マンボウの身を手で裂き、肝を溶かした「酢みそ」で食べるようです。

マンボウのレシピ

肝和え、腸の焼きもの、腸の炒め物、身の天ぷら、皮の刺身にして食べると美味。

-魚・食材図鑑
-,

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.