【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

メバルを塩焼きに!フライパンやグリルで簡単に作れるレシピを紹介

更新日:

塩焼き 完成

しっとりフワフワの身を楽しめるメバルの塩焼きは、簡単に作れます!焼いた皮の香ばしい風味がとてもおいしいので、皮まで余すことなくペロリと食べれちゃいます。今回は、フライパンとグリルを使ったお手軽なレシピを紹介します。

用意する材料と調味料

材料 分量(2人前)
メバル 1~2尾
適量
スダチやカボス等の柑橘類 あれば1個

※この記事では大きめのメバルを1尾使っています。

Point!

柑橘類のさわやかな香りは、メバルの優しい香りとよく合います。付け合わせには生の柑橘類をぜひ使ってください。柑橘系が苦手な方は、大根おろしや野菜の浅漬けなどでも一緒においしくいただけます。

メバルの下処理

メバルを焼く前に行う下処理の方法です。グリルを使用するときもフライパンを使用するときもどちらの場合でも下処理は行うようにしてください。

メバルに大きな切れ目を入れて塩を振る

メバル 塩ふる

バットや大きな平皿の上に置いて、両面に塩を振ってください。15分ほどすると水分が出てくるので、キッチンペーパーで拭きます。

Point!

塩を振って置くことにより、余計な水分を出して身崩れを防いでくれます

メバルの体に、ばってんを描くように切り目(飾り包丁)を入れます。表だけでなく、裏側にも切り目(隠し包丁)をいれます。

Point!

包丁を入れることで焼いているときに身が弾けることを防ぎ、身全体の火の通りが均等になります。

メバルの塩焼きの作り方!グリル編

魚焼きグリルを使って焼く、メバルの塩焼きの作り方を紹介します。

身崩れ防止+焦げ対策も万全!

メバル グリル

網目に薄く油を引き、グリルを2~3分温めます。両面焼きのグリルの場合は、ひっくりかえす必要がないので、頭が奥で背ビレが右側になるようにグリルに入れます。片面焼きの場合は、途中で一度ひっくりかえすので最初は頭が奥で背ビレが左側に来るように入れます。

メバルを入れ中火で10分ほど焼きます。(片面焼きの場合、7分後に一度ひっくり返してさらに5分焼きます。)胸ビレや尾、エラは焦げやすいので、焦げが気になる場合はアルミホイルを巻くか、厚く塩をつけることによって防ぐことができます。

Point!

あらかじめグリルを熱することにより、皮がグリルにくっつがず、パリッとした仕上がりになります。外側に素早く熱が通ることで魚のうま味を閉じ込めより美味しく仕上げることができます。

Point!

グリルの手前は火力が若干弱めなため、焦げやすい尾を手前にするようにグリルにおきましょう。

Point!

片面焼きのグリルを使用する場合は、ひっくり返すのは一度のみ。何度もグリルを開けるとグリル内の温度が下がってしまうので、焼き上がりまでに時間がかかってしまいます。

焼き上がりのタイミングは目の色を見る!

10分ほど焼いたら完成です!

ヒレ 銀紙 焦げ防止

焼き上がりの目安は、目が真っ白になっていることです。

メバル 目 焼き具合

Point!

グリルで焼いたメバルの塩焼きは、皮がパリッとしていて、身はふっくらぷりぷりの食感に仕上がります。

メバルの塩焼きの作り方!フライパン編

フライパンにクッキングシート?

メバル フライパン

フライパンにクッキングペーパーを敷き、クッキングペーパーの上に薄く油を引いて中火にかけます。

Point!

クッキングペーパーがフライパンからはみ出すと、焦げたり燃えたりする恐れがあるのではみ出さないように気を付けましょう。

メバル フライパンで焼く

フライパンが温まったら、右側にメバルの頭が来るように置いて10分ほど焼きます。

香ばしく焼いていく

約10分後、焼き目の香ばしい香りがしてきたらフライ返しでひっくり返し、中火のままでフタをして約7分焼きます。

7分経ったらフタあけます。ここでとても美味しそうな香りがひろがりますが、さらに香ばしい香りも付けるために強火で焼きます。

メバル 塩焼き フライパン

強火にして3分ほど焼きます。そのとき出てきた余計な水分や油分を拭きながら焼いて、完成です!

メバル 塩焼き 完成2

Point!

水分や油分は、生ぐささの原因にもなるのでキッチンペーパーでていねいに拭いていきます。最後の3分を強火にして水分を飛ばし、少し焦げ目も付けることで香ばしい香りの塩焼きに出来上がります。

Point!

フライパンで焼いたメバルの塩焼きは、グリルで焼いた塩焼きよりも身がしっとりと出来上がります。しっとりプリプリの身と優しい香りは、グリルとは違ったおいしさです。

塩焼きとの相性抜群!ミョウガの甘酢漬け

ミョウガ 甘酢漬け

メバルの塩焼きは、しょうゆやポン酢などの酸味とのよく合います。その中でも、彩りとしても味の相性としても抜群の「ミョウガの甘酢漬け」の作り方を紹介します。

用意する材料と調味料

材料 分量(2人前)
ミョウガ 3個
★砂糖 大さじ1
★酢 大さじ1
★出汁 大さじ3
★塩 少々

ミョウガの甘酢漬けの作り方

ミョウガを切って茹でる

ミョウガ 根を切る

ミョウガは根元を薄く切り落とし、縦半分に切ります。

ミョウガ 茹でる

沸騰したお湯で1分間茹でます。

ミョウガに薄く塩を振り、調味液に漬ける

ミョウガ 塩

茹でたミョウガをザルに取り、薄く塩を振ります。

ミョウガ 袋

★マークのついた調味料を先に袋に入れ、砂糖が溶けるまでよく混ぜて、袋の中にミョウガを入れます。

Point!

袋の空気を抜いて、ミョウガ全体が調味液に浸かるようにしてください。

Point!

茹でると退色してしまいますが、漬けると再び鮮やかに発色します。

一時間以上寝かせて完成!

ミョウガ 甘酢漬け

冷蔵庫で一時間以上寝かせたら出来上がりです!

Point!

冷蔵庫で約5日持つので、常備菜にもおすすめです。

まとめ

メバルの塩焼きは、グリルで焼くとふっくらプリプリの身と焦げ目の香ばしい香り、フライパンで焼くとしっとりプリプリの身と優しい香りに仕上がります。どちらも違ったおいしさなので、お好みの食感の方で作ってみてください!

簡単なポイントを押さえれば、どちらの作り方でも洗い物が少なく簡単に作ることができます。

-メバル
-,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.