【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

大きな目と体表の粘液が特徴的な巨大魚「メダイ」の特徴と生態について

更新日:

顔の半分以上を占める大きな眼が特徴的なメダイ。深海に棲んでいる深海魚で、体からぬるぬるとした粘液を出すという特性を持っています。一般的にはあまり馴染みがない魚ですが、身は美味しく食べられ様々な料理に合うことから釣りで狙う人もいます。

メダイの特徴

スズキ目イボダイ科に属するメダイは、体に対して非常に大きな目を持っています。タイとついていますがタイ科の仲間ではなく、タイの名前にあやかったいわゆる「あやかり鯛」です。

全長はおおよそ40センチメートルから60センチメートルほどで、大きいものになると1メートル近くにも成長するようです。やや平たい楕円形のスリムな姿をしており、体色は背中が青みがかった銀色で、お腹は白色をしています。

口は小さく丸い形をしており、背ビレには棘が生えています。最大の特徴は大きく発達した目で、この目のお陰で光が少ない深海でも餌を探しやすいようになっています。

他にも面白い特徴として、体表からぬるぬるとした大量の粘液をだします。新鮮なものは粘液が出ているのでとても分かりやすいですよ。

メダイの釣り時期・生息ポイント

本種は東シナ海に広く分布しています。日本や朝鮮半島、ハワイに生息しており、日本全国各地の沿岸部でその姿を見ることが出来ます。基本的には水深100メートルから400メートルほどの深海域の海底付近にいますが、夜になると表層まで上がってくることがあるようです。

幼魚のうちは流れ藻などについて表層付近で生活をしますが、成長するに従って深場へと移動します。1年を通して釣りで狙うことが出来る魚だと言われています。

メダイの餌

甲殻類や頭足類、小魚などを捕食していますが、夜には表層付近へと浮いてきて、クラゲなども食べるそうです。

釣りの際は、泳がせ釣りの活餌としてアジやサバなどが使われています。

メダイの漁獲法

メダイは深海域に生息する魚なので、釣りをする場合は船を出して沖にまで出る必要があります。主な釣り方は活餌を使用した泳がせ釣りやコマセ釣りなどです。

日本全国の沿岸で釣れることから、その地域によって有効な仕掛けだったり、釣り方法の制約が決められていたりするので、釣り場所で確認をしておきましょう。

竿は2メートルほどのもの、リールは中型の電動リールを使用すれば、快適に釣りをすることが出来ますよ。

メダイを釣った後に気を付けたい事

メダイは背ビレに棘を持ちますが、短くて弱いのであまり気にならないかもしれません。しかし油断をしていると思わぬ怪我に繋がる可能性があるので気を付けてくださいね。

また、メダイは体表に粘液を持っています。持ち帰って食べる場合は、釣り上げた際に活き締めをしてタワシなどで粘液を落としておくと、後が楽になりますよ。

メダイのおいしい旬

旬は冬で、脂が乗ってとても美味しいですよ。1年中釣れる魚なので、冬以外でも美味しく食べられるそうです。

メダイの食べ方

メダイを調理するときは、まず体表についている粘液を綺麗に落としておきましょう。きちんとぬるぬるをとっておかないと、身についてしまい少々気持ち悪くなってしまいます。白身は脂が乗っており、非常に美味しいです。しつこくない甘さでとても食べやすいですよ。

新鮮なものは刺身にするとメダイ本来の味を楽しめます。熱を加えても硬くならないので、煮つけや鍋にするととても美味しいです。特にちり鍋にすると上品であっさりとした味わいで絶品ですよ。

フライや汁ものにしても美味しくいただけるので、どんな料理にも合う万能選手です。

メダイの名前の由来

メダイの名前の由来は見たままの特徴である、目が大きいことから来ています。地方名ではダルマダイと呼ばれることがあり、これも目の大きさからこのように呼ばれている言われています。

英名では「japanese butterfish」で、体表の粘液がまるでバターを塗ったかのように見えることからこのように呼ばれているようです。

-メダイ
-, ,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.