【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

別称「赤いベラ」美しい赤色が目を引く!沖縄に生息する「メギス」について

更新日:

メギスの特徴

「メギス」と聞いても、どんな魚かピンと来ない方の方が多いのではないでしょうか?

あまり食用とされておらず、また国内では沖縄の方の暖かい海でしか見られない魚のため、私たちの生活には縁遠い存在となっています。

そんな謎めいた魚のメギスですが、オスとメスで体の色が大きく異なるのが特徴的。オスは体の色が鮮やかな赤色で、まさしく熱帯魚という見た目です。

一方、メスの体は暗い褐色をしており、同じ種類の魚とは思えないほどの差があります、他にも、オスの体には横縞の模様が入っているなど、オスとメスの違いが見た目ではっきりと分かる魚。

また、メギスの体長は10センチメートルを少し超えるくらいです。小さいように感じられますが、実は日本に生息しているメギスの仲間の中では最大の種類なのだそう。

体の形はずんぐりと丸っこく、パンパンに張っているようにも見える形です

見た目がベラに似ていると感じる人が多いらしく、「赤いベラ」と呼ばれることもありますが、ベラの仲間ではありません。

メギスの釣り時期・生息ポイント

メギスは暖かくて浅い海を好む魚で、国内では主に琉球列島で目撃されるています。

他の地域では見られない珍しい魚なのに、沖縄県ではどこにでもいる魚という扱いを受けていることもしばしば。

海外では、台湾周辺にも分布していることが分かっています。

メギスが生息しているのは、サンゴ礁のある場所や岩礁域。琉球列島では防波堤やサンゴ礁での釣りでよく水揚げされる魚です。

しかし、よく獲れる魚なのにも関わらず、食用とされることはほとんど無いのだとか。

あまりメギスを狙って釣る人がいないため、釣りに適したシーズンはよく分かっていません。

メギスの餌

メギスは肉食性の魚で、小魚や甲殻類、多毛類などを捕食します。釣りでメギスを狙うなら、エビなどを餌にするのが良いでしょう。

また、メギスは餌をその場で食べずサンゴの中へ運ぼうとする傾向があるそうです。

釣り糸が引っ張られる感覚を釣竿越しに感じる人もいるのだとか。

そのまま放っておくと餌だけがメギスに食べられ、いつのまにか糸はサンゴに絡まっている…といった事態にもなりかねませんよね。

メギスの漁獲法

メギスは肉食魚で、貪欲な性格のためか餌への食いつきは良い方で、沖縄県ではよく釣れる魚とされています。

サンゴ礁のある場所で水深2メートル程度の穴に餌を落としてメギスがかかるのを待ちましょう。

沖縄の海は透明度が高く、かつ浅い場所での釣りになるので、釣り人からメギスの姿が見えることもあるのだとか。ターゲットが餌にかかったかどうか、目視で確認できるのは面白いですよね。

メギスが餌に食いつくところをよく見ていれば、上述のようにサンゴに糸が絡まるような事態は回避できるかもしれません。

メギスを釣った後に気を付けたい事

メギスは危険な魚ではないため、特に気をつけることはありません。

メギスのおいしい旬

食用としては一般的でない魚のため、メギスの美味しい旬は不明です。

メギスの食べ方

メギスがよく獲れる沖縄県でも、食用とされることはほとんどありません。

臭みがあるため、食べるのにはあまり向いていないのだとか。

毒などの危険は特に無いので、食べられないと決まっているわけではないようです。

メギスの名前の由来

「メギス」の名前の由来は、実はよく分かっていないのです。

目が大きいため、「目が大きいキス」を省略して「メギス」になったと考えられていますが、理由ははっきりとしません。

なぜ「キス」に例えられたのか、などは謎に包まれた状態なのです。

ちなみに、沖縄ではメギスのことを「イバクナー」と呼ぶこともあるそうですよ。

名前が似ている別種の魚としては、「ニギス」がいます。近年では「ニギス」という深海魚のことを「メギス」と呼ぶことが多くなってきており、紛らわしさが増しています。

-魚・食材図鑑
-

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.