【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

キス釣りの外道「メゴチ」性転換を行う魚!?

更新日:

潰されたかのような平たい体が面白いメゴチ。キス釣りをしていると良く釣れるので外道として扱われがちですが、実はメゴチも美味しい魚です。また、エラに鋭い棘を隠し持っている為、迂闊に素手で触ってしまうと思わぬ怪我をしてしまいます。

メゴチの特徴

メゴチはスズキ目コチ科に分類されている魚で、まるで上からプレス機で押し潰されたような特徴的な姿をしています。細く長い体は潰されたかのように平べったく、頭は硬い骨盤に覆われています。

体色はお腹が白色で、背中が褐色に黒い斑点模様が見受けられます。口は上向きに開く構造をしており、口を閉じている姿は中々愛らしい顔立ちをしていますよ。ザラザラした鱗を持っていますが全身が粘液で覆われているので、普通に触るとヌルヌルした感触です。

エラには大きく鋭い棘が生えており、触れると怪我をして危険なため、メゴチばさみという専用の道具も存在しています。

小型の魚で最大全長は30センチメートルほどとなっています。メゴチは雄性先熟という面白い生態を持っており、これは始めはオスとして生まれ、ある程度まで成長するとメスに性転換するというものです。

ですので、メゴチの大型の個体は全てメスということになります。釣り人たちの間では一般的にメゴチというとネズッポ科の魚のことを指して使われることが多い為、本種との混同をされることが非常に多くあるようです。

メゴチの釣り時期・生息ポイント

東シナ海や黄海などの東アジアの広い地域に分布しており、もちろん日本にも生息しています。東北以南に生息していると言われていますが、温かい水温を好むので中部地方以南の沿岸部でよく見かけることが出来ます。

柔らかい砂地を好み、浅瀬から水深100メートル前後の海底で暮らしているようです。1年を通して狙うことが出来る魚で、特に夏から秋にかけてがベストシーズンと言われています。

メゴチの餌

肉食性の魚なので、小魚や多毛類、甲殻類などを捕食しています。釣りの餌ではゴカイやイソメなどがメジャーなようです。

メゴチの漁獲法

メゴチを狙って釣り上げるということは少なく、キス釣りの外道として釣れることが多いようです。投げ釣りなどのキス釣り装備で充分に釣れるので、メゴチを釣ってみたい場合はキス釣りのついでに狙うと良いでしょう。

投げ入れて仕掛けをしっかりと海底に落としたら竿を置いてしばらく待ちましょう。

アタリがあってもすぐに巻き取らずに、少し待っておくと複数釣れることがあるようですよ。アタリがない場合は少しだけ巻いて放置を繰り返してゆっくりと釣れるのを待ちましょう。

メゴチを釣った後に気を付けたい事

メゴチはエラに鋭い棘を持っています。毒などは持っていませんが、迂闊に掴んでしまうと刺されてしまうので気を付けてくださいね。専用のメゴチはさみを使うと安全に持つことが出来るので、メゴチを狙うならば用意しておくのをオススメします。

粘液で体が覆われている為、独特のヌメリがあります。持つときに手からすっぽ抜けたりするので注意してください。

メゴチのおいしい旬

メゴチの旬は春から秋にかけてと言われていますが、あまり味の変化は無く、1年を通して美味しく食べられるようです。

メゴチの食べ方

メゴチの白身は透明感がありとても美味しいとされています。多少水っぽいと言われることもありますが充分に美味しく食べられます。キス釣りの外道として扱われることも多いですが、味わいはキスにも負けないほどとも言われます。

しかし、粘液によるヌメリや鋭い棘を持っているので、調理の際は充分に気を付けてくださいね。代表的な食べ方は天ぷらで、江戸前では珍重されることもあるんだとか。

メゴチの名前の由来

コチ科のコチという名前の由来は諸説あり、昔の貴族が手に持っていた笏という細長い木の板に似ていることから名づけられたと言われています。

他には骨が硬いことから骨の音読みであるコツがなまってコチになったとも言われています。

メゴチの由来はコチ科の中のマゴチという魚に対して目が大きいことからメゴチと呼ばれているようです。

-メゴチ
-, , ,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.