【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

【メジナ】磯釣りの王道!特徴から生態、食べ方までを紹介

更新日:

釣り人ならば一度は釣ったことがあるであろう磯釣りで人気のメジナ。古くから各地で釣り上げられるほど人気があり、グレなどの様々な地方名を持っています。釣り人気とは対象に一般的な食用魚として価値は高くなく流通量も多くはありませんが、美味しい魚なので釣ったメジナは様々な調理方法で食べられています。

メジナの基本情報

メジナは暖かい地域の磯などに多く生息している海水魚で、日本海で海が荒れると定置網で大量に漁獲されることがあります。季節によって味わいが異なり、夏は磯臭さが強いため、食用としては敬遠されがちで、流通しても安いようです。

昔から食用としてはあまりメジャーではなく、地域によっては食べられる程度でしたが、釣り人にとっては非常に人気の魚。「メジナ」よりも「グレ」という名前の方が親しまれている地域も多く、釣り竿には、メジナの地方名である「グレ」の名がついたものがあるほど。

メジナの名前の由来

メジナの名前の由来は、他の魚と比べて目の位置が口に近い特徴から来ていると言われており、「眼近魚(メジカナ)」が転じて「メジナ」となったと考えられています。

メジナの地方名

伊豆では「クシロ」「クチブト」、北陸では「ヒコヤ」「チカイ」、丹後では「ツカヤ」、山口では「クロヤ」、関西では「グレ」「ブレ」、山陰では「クロアイ」、岡山では「クロ」、下関や九州では「クロ」、鹿児島では「シツオ」など、様々な名前で呼ばれます。
メジナを「クロ」と呼ぶ地域では、「クロダイ(黒鯛)」のことを「チヌ」と呼ぶようです。

メジナの特徴・生活史

メジナの体の形はクロダイなどとよく似て、側扁しており平べったく、体高が高い一方で、体の色は灰色で少し青緑色を帯びています。

しかし、青緑色に発色するのは生きている間だけで、死ぬと青緑色が薄くなって黒みが強くなります。頭部は丸みを帯びており、口先はあまり前に突き出ておらず、あごには櫛のような形をした小さくて柔らかい歯がついています。

メジナの生態・住んでいる場所

メジナは浅い岩礁域に生息している海水魚で北海道より南の日本海、東シナ海、太平洋沿岸、瀬戸内海に分布。

琉球列島で見られることは少なく、海外では、朝鮮半島南岸、済州島、台湾、福建省に分布しています。希に香港でも見られることがあります。

メジナの大きさ

メジナの成魚でよく漁獲されるのは、全長40cm程度ですが大きい個体になると、60cm程度のものも水揚げされます。

メジナの旬と釣り時期

メジナの旬は冬。この時期は主な餌が海藻となるため、臭みが無くなる上に、秋くらいから脂が乗り始め、春まで美味しく食べられます。反対に、夏の温かい時期には磯臭いため、あまり食用には向きません。

釣りやすい時期は梅雨の時期ですが、これはメジナが産卵後の体力を回復する時期で、餌を荒食いするからと言われています。

▼メジナを釣るのに必要な道具が気になる方はこちらをタップ▼

メジナの食材情報

夏は磯臭く、冬が旬の魚ですが、近年は食性が変化して磯臭さが無くなってきているという説があります。これは、磯釣りの撒き餌としてオキアミ類が多く使われるようになり、メジナの食性が変化したと考えられるためだそうです。

魚屋やスーパーマーケットで売られている「黒目鯛(クロメダイ)」とはメジナのことを指しており、一般的な食用魚としての流通も増加してきています。

メジナのレシピ

・刺身
・カルパッチョ
・セビチェ
・煮付け
・味噌汁
・ソテー
・塩焼き
・唐揚げ
などにして食べると美味。

メジナの美味しい食べ方

旬の冬の時期に獲れるメジナは臭みが無く、刺身やカルパッチョで食べるととても美味しくオススメです。冬はメジナの皮と身の間には脂が多く乗っていて、刺身にしたメジナの身を醤油につけると、脂が浮くほどに多く、生食が非常に美味しい季節。

メジナの産卵

メジナの産卵期は2~8月で産卵に適した水温は16~17℃とされています。全長30㎝、体重約500g以上になると産卵が可能になり、1kgのメジナのメスで、産卵する卵の数は30万~40万粒程度です。

卵の大きさは直径1㎜程度でタイやヒラメ、イワシ同様に分離浮性卵といって海中をバラバラになって漂うタイプの卵を産みます。メジナの稚魚は潮溜まり(タイドプール)や流れ藻の近くでよく見られます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

メジナの餌

メジナの食性は雑食性で餌に対する適応性が高いとされています。一般的には「夏は主に甲殻類、ゴカイなどの小動物を餌とする一方で、冬には主に海藻を餌としている」など季節によって食べるものが変わると言われていますが、季節に応じて手近にあるものを主食にしています。

静岡では、釣りの餌としてミカンを使用することもある。

-メジナ
-,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.