【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

スーパーにも並ぶなじみ深い魚「メカジキ」本名は「カジキ」です

更新日:

メカジキの基本情報

関東のスーパーマーケットなどで、単に「カジキ」と言う場合、本項で紹介するメカジキを指しているほど一般的な魚。

カジキ類の中でも最大級の魚であり、食用に漁獲される一方で、近年では乱獲による個体数減少が懸念されている魚でもあります。

メカジキの名前の由来

メカジキは、マカジキなど他の種類のカジキと比べて眼が大きいため、「メカジキ」と呼ばれるようになったとされています。

カジキの尖った吻で船板(和船の側面の最下部の板のことを「「梶木」」と呼んだ)をも突き通すことから、このように呼ばれるようになったようです。

なお、英名では「Swordfish」である。これは長い吻(ふん・口あるいはその周辺が前方へ突出している部分のことを呼ぶ)が剣に似ていることに由来し、学名の種小名「gladius」も、古代ローマで使われた剣の名前「グラディウス」にちなんでいます。

メカジキの地方名

富山では「ザス」、千葉では「ダクダ」「ラクダ」、東京では「メカ」、神奈川では「メサラ」「メダラ」、高知や和歌山では「シュウトメ」、山口や高知では「ツン」、熊本では「ハイオ」、鹿児島では「ゴト」などと呼ばれることがあります。

その他にも、「アンダアチ」「イオ」「イザス」「オキザアラ」「ギンザス」「クダマキ」「スズ」「テッポウ」「ネーランボウ」「ヒラクチ」「メサラ」「メダラ」などと呼ばれることも。

メカジキの特徴・生活史

メカジキは他のカジキ類と同様に、体の形は紡錘形で、上あごが長くて鋭い吻(ふん)を形作っていますが、他のカジキ類とは異なり、体の大きさに比べて非常に長い吻を持ちます。

また、目も頭部に比べてとても大きく、この特徴がメカジキの名前の由来にもなっています。獰猛な性格で、大型魚、クジラ、船舶などにも突進することも。寿命は9年以上とされています。

メカジキの生態・住んでいる場所

メカジキは全世界の熱帯・温帯の海域に広く分布。18~22℃の水温が最も適していますが、5~27℃なら生息できるため、かなり広い水温に適応ができます。そのため、他のカジキ類が生息できない低温の海域にも出現することが知られています。

メカジキは、群れを作らず、単独で行動し、日中は外洋の水深150~400mを泳いでいることが多く、夜間には餌を獲るために海面近くまで浮上してくることも。

背ビレを水面の上に出して泳いだり、水面の上に飛び上がる姿が目撃されています。

メカジキの大きさ

メカジキの成魚は全長4m、体重300kgを超えるほどの大型魚。カジキ類の中でも最大級の種類でオスよりもメスの方が大きく成長します。

メカジキの旬と釣り時期

メカジキの旬は秋から冬ですが、冷凍物も多く流通しているため、年間を通して食べることが可能です。

メカジキは黒潮に乗って日本へやってくるため、2月頃が釣りに適しています。

メカジキの食材情報

メカジキにはDHA、EPA、カリウム、ビタミンEが豊富に含まれている一方で、メカジキには微量であるが水銀が含まれており、特に妊婦は注意する必要があります。

厚生労働省も妊婦が摂取量を注意すべき魚介類の一つとしてメカジキを挙げています。

メカジキの漁獲法

メカジキは、マグロ延縄、突きん棒などで漁獲されますが、メカジキには長い吻があるため、漁獲の際に人間が傷つけられる死傷例もあり、注意が必要な魚です。

メカジキのレシピ

・刺身
・塩焼き
・味噌漬け
・煮つけ
・ソテー
・ムニエル
・フライ
・唐揚げ
・揚げ出し
などにして食べると美味。


メカジキの美味しい食べ方

メカジキはバターとの相性が良く、ソテーにするのがオススメです。

切り身に塩コショウで下味をつけ、小麦粉をまぶしてソテー、仕上げにバターの風味をつけると香りがついて非常に美味しい料理です。

メカジキの産卵

メカジキの卵は分離浮性卵、産卵時期は場所によって異なりますが、赤道付近では年間を通して行われ、5〜11月が最盛期です。

また、南部黒潮海域では2〜9月、西部太平洋では3〜6月が最盛期。

メカジキの餌

メカジキの食性は肉食性でイカ類や他の魚類、甲殻類などを捕食します。

-魚・食材図鑑
-,

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.