【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

ミナミクロダイ|沖縄しか生息が確認されていないクロダイ!別名「チン」

更新日:

日本にはクロダイの仲間の魚が数種類生息していますが、ミナミクロダイは沖縄にしか生息していない固有種であるとされています。その味わいはとても美味しく、刺身やフライなどの様々な調理方法で食べられています。釣り人気も高く、沖縄ではメジャーなターゲットです。

名前の由来

ミナミクロダイの名前の由来は、そのままの「南の方に多く生息しているクロダイ」という意味となっています。近縁種にナンヨウチヌという魚がおり、チヌはクロダイの別名なので、この魚も同じく南の方に生息しているクロダイという同じ意味の魚となっています。

地方名

ミナミクロダイは沖縄では「チン」や「ツン」と呼ばれており、これはチヌが変容したものだと考えられています。

英語名

「Okinawa seabream」。ミナミクロダイは和名には「沖縄」と入っていませんが、沖縄周辺の固有種であるので英語名では「Okinawa」がつけられています。

ミナミクロダイの生息域

ミナミクロダイは沖縄諸島と奄美群島でのみしか確認されておらず、日本固有種だと考えられています。内湾や河口域の浅い海域を好み、砂泥帯や岩礁帯、サンゴ礁帯にも広く生息しています。

日本に生息するクロダイ属は分布域が綺麗に分かれており、クロダイとキチヌは本州でしか確認されておらず沖縄にはいないとされています。反対に、ミナミクロダイとオキナワキチヌは沖縄周辺では一般的ですが、本州では確認されていないそうですよ。名前や姿が似ており、ややこしいですが、生息地が違うので捕まえた際は容易に判別できますね。

ミナミクロダイの特徴

ミナミクロダイは名前にクロダイと入っているとおり、姿はクロダイよく似ています。体色も銀色に黒味がかった色合いをしておりクロダイそっくりで、パッと見た時の相違点はミナミクロダイの方が腹ビレや尻ビレがやや明るいぐらいです。

先述したように生息地が違うので混同することはないでしょう。全長は大きいもので50センチメートルほどまで成長するそうです。

ミナミクロダイが属するクロダイ属の仲間は成長に伴い性転換を行います。性転換をする魚はメスからオスになる「雌性先熟(しせいせいじゅく)」が多いのですが、クロダイ属は性転換する魚の中でも珍しいオスからメスになる「雄性先熟(ゆうせいせいじゅく)」の魚なのです。

なぜ性転換をするのか諸説ありますが、一説には卵を産むメスは体力が必要な為、一夫一妻のペアで繁殖を行う魚は成熟して大きく成長した個体がメスの役割を担うと考えられているようです。厳しい自然界を生き抜いて子孫を残す為の生物の進化は驚くことばかりですね。

ミナミクロダイのカレンダー

カレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
産卵期 - - - - - - - -
- - - - - - -

ミナミクロダイのおすすめレシピ

ミナミクロダイもクロダイと変わらず美味しいとされており、きちんと処理をしてあげれば味わいはマダイにも引けを取らないほどと言われています。しかし生息域による個体差や、下処理が不十分だと磯臭さや泥臭さが出てしまうので気を付けてくださいね。

新鮮なものを美味しくいただくのならやっぱり刺身がおすすめです。タイ科の風味とほんのり甘い上品な味わいを楽しむことが出来ますよ。

-ミナミクロダイ
-,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.