【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

ムツゴロウ|魚なのに肺呼吸!?干潟に住む有明海の珍魚!

更新日:

ムツゴロウ サムネ

有明海などに生息しており、上に飛び出した目と大きく開いた口で何とも言えない愛嬌があるムツゴロウは、魚ですがエラ呼吸と皮膚呼吸の両方が可能なハイブリッド。干潟でピョンピョンと跳び回る姿から珍魚と呼ばれており、その知名度は非常に高いです。

ムツゴロウの名前の由来

ムツゴロウのなまえは佐賀県での呼び方に由来しています。「むつ」は「むつっこい」という方言で、標準語では「脂っこい」という意味。「ごろう」は「ゴリ(金沢でいうカジカ)」と同様に、佐賀県ではハゼ科に属する魚をしめしています。したがって、「ムツゴロウ」は「脂っこいハゼ」という意味の呼び名が由来となっているようです。

ムツゴロウの地方名

全国的には「ムツゴロウ」と呼ばれていますが、佐賀県や福岡県などの一部では「ホンムツ」、他には「ムツゴロ」、「ムツ」、「ムットウ」などと呼ばれることもあります。

ムツゴロウの英語名

ムツゴロウは英語で「Bluespotted mud hopper(ブルースポットマッドホッパー)」と呼ばれています。「Bluespotted」は青い斑点という意味で、ムツゴロウの体にある青い斑点から由来していることが分かります。「mud hopper」は「泥を跳ねるもの」ムツゴロウが泥地の上でぴょんぴょん跳ねる姿から由来しているのが分かりますね。

ムツゴロウの生息域

ムツゴロウ マンホール

ムツゴロウは日本だと有明海と八代海の一部のみに分布しています。海外だと朝鮮半島、中国沿岸、台湾などに分布しており、日本だけでなく、海外でも愛嬌のある魚として人気があります。

ムツゴロウの名産地の佐賀市ではマンホールの柄がムツゴロウになっているほど地域に浸透している魚なのです。

ムツゴロウの特徴

ムツゴロウ

ムツゴロウの全長は15~20センチメートル程度の小さな魚です。褐色や暗い緑がかった黒色の体色をしています。全身に白や青の斑点模様があります。目はカエルのように頭の一番高いところで突き出るように付いており、泥の中に半身を隠しても周囲を広く見渡せるようになっているようです。瞳の中にある反射板はよく見るとハート型をしていてとてもかわいいんですよ。

干潟で生活をする魚

ムツゴロウは、他の魚類と違って干潟に深さ1メートル程度の巣穴を掘り、満潮時や夜間、敵に襲われそうなときは巣穴に隠れ身を隠すように生活しています。昼間の干潮時には巣穴から出て、胸ビレで這ったり、飛び跳ねて移動します。

縄張り意識が強いため、巣穴に近づいたものは同種であれ攻撃をしてしまうアグレッシブさも持ち合わせています。

ムツゴロウは肺呼吸ができる?

水中と干潟の両方に生息するため、エラ呼吸と皮膚呼吸の両方ができます。エラ呼吸よりも肺呼吸をすることの方が多いようです。

ムツゴロウを捕まえる方法!「むつかけ」とは?

ムツかけ

有明海では「潟スキー」という板に座り、干潟を少しずづ進みながら、竿を投げて6本針で素早く漁獲する「むつかけ」という漁獲法が用いられています。ムツゴロウは、カエルのような素早いジャンプで逃げるためとても難しいらしく熟練の技術が必要な漁獲法なんだとか。

他にも、ムツゴロウの仕掛け漁として、「タケッポ」と言う竹筒で作った仕掛けを巣穴の近くに仕掛けて捕まえる方法もあります。

ムツゴロウのカレンダー

ムツゴロウは産卵期になると、オスは干潟の上をぴょんぴょんと跳ね、背びれと口を広げて求愛行為を行います。

カレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
産卵期 - - - - - - - - -

ムツゴロウのおすすめレシピ

ムツゴロウ 生き作り

ムツゴロウは一般的に市場であまり見かけない魚ですが、有明海周辺では日常的に食用とされています。ムツゴロウは死んでしまうと味が落ちてしまうため、生きたまま串刺しにして焼いたり、蒲焼にしたり、煮付けにすると美味です。内臓も美味しく食べられるため、新鮮のものなら内臓ごと調理しても問題ありません。

ムツゴロウは上質な赤身をしており、活け作りなど刺身で食べると絶品です。有明海付近でしか生きたムツゴロウは手に入らないのでムツゴロウを食べに佐賀旅行などもいいかもしれませんね!

-ムツゴロウ
-, ,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.