【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

有明海に住む水族館の人気者「ムツゴロウ」干潟に住む皮膚呼吸もできる魚

更新日:

ムツゴロウの基本情報

なんとなく愛嬌があり、水族館でもよく見かける「ムツゴロウ」

かつて有明海周辺では大量にムツゴロウが取れたようで、日常的に食用とされていました。
現在でも一部の地域では食用として流通していますが、昔と比べ今では高価な魚になっており、日常食とはかけ離れてしまっています。

ムツゴロウは生息に範囲が狭く地方性の高い魚なのですが、水族館などで展示されていることなどから知名度は高く、一方で、環境省レッドリストの絶滅危惧IB類に指定されています。

その原因として、埋め立てなどによってムツゴロウの生息環境が悪化していることなどが挙げられます。

ムツゴロウの名前の由来

ムツゴロウは有明海に生息する魚のため、佐賀県での呼び方に由来しています。

「むつ」は「むつっこい」という方言で、標準語では「脂っこい」という意味。

「ごろう」は「ゴリ(金沢でいうカジカ)」と同様に、佐賀県ではハゼ科に属する魚をしめしています。

したがって、「ムツゴロウ」は「脂っこいハゼ」という意味の呼び名が由来となっているようです。

全国的には「ムツゴロウ」と呼ばれていますが、佐賀県や福岡県などの一部では「ホンムツ」、他には「ムツゴロ」、「ムツ」、「ムットウ」などと呼ばれることもあります。

ムツゴロウの特徴・生活史

ムツゴロウの全長は15~20センチメートル程度の小さな魚です。

ムツゴロウの外見的特徴として、体の色は褐色か暗緑色。全身に白か青の斑点模様があります。

目は頭の一番高いところで突き出るように付いており、泥の中に半身を隠しても周囲を広く見渡せるようになっているようです。

水中と干潟の両方に生息するため、エラ呼吸と皮膚呼吸の両方ができます。

ムツゴロウの生態・住んでいる場所

ムツゴロウは日本近辺国の朝鮮半島、中国沿岸、台湾などに分布しており、国内では有明海と八代海の一部に分布しています。

ムツゴロウは、干潟に深さ1メートル程度の巣穴を掘り、身を隠すように生活しています。

満潮時や夜間、敵に襲われたときなどは巣穴に隠れ、身を守っています。

昼間の干潮時には巣穴から出ており、胸ビレで這って動いたり、飛び跳ねたりして移動します。

巣穴から直径2メートル程度を縄張りとりとし、縄張り意識が強く、縄張りに近づくものは同種のムツゴロウであれ攻撃して追い払います。

産卵期は5月中旬から7月末であり、産卵期になるとオスは干潟の上を大きく跳ねて、背ビレと口を広げて求愛活動を行います。

ムツゴロウの孵化は産卵から約10日後で、稚魚の大きさは3ミリ程度。

稚魚は約1ヶ月間は水の中で過ごし、1.5センチメートル程度の大きさになると干潟で生活するようになります。

ムツゴロウは主に珪藻類を餌としており、口を地面に押し付けて頭を左右に振り下あごの歯で泥の表面にある珪藻類を泥と一緒に食べるという独特な姿で食事をします。

ムツゴロウの旬と釣り時期

主な産地は佐賀県ムツゴロウの旬は春から夏にかけてと云われています。

有明海では「ムツカケ」という引っかけ漁で漁獲されます。

「ムツカケ」とは、潟スキーという板に乗った人が干潟を進みながら漁獲します。熟練の技術が必要な漁獲法なんだとか。

またムツゴロウの仕掛け漁として、「タケッポ」と言う竹筒で作った仕掛けを巣穴の近くに仕掛けて捕まえる方法もあります。

ムツゴロウは逃げるときにカエルのような素早いジャンプで逃げるため、捕まえるのはきわめて困難です。

ムツゴロウの食材情報

鱗は付いていますが、ほかの魚と比べ少ないため、基本的には鱗を取らずに調理ができます。

ムツゴロウの骨はあまり硬くはなく、身は赤みを帯びた白身であるが、加熱すると白くなります。

ムツゴロウの美味しい食べ方

ムツゴロウは卵巣が甘く、また皮に独特の風味があるため、子持ちのムツゴロウに甘辛いタレを塗って焼いた蒲焼のような調理法で食べられています。

かわいそうですが、生きたまま焼いて甘露煮にするのも美味なんだとか。

ムツゴロウのレシピ

主な産地である佐賀県では
・蒲焼き
・煮つけ
・みそ汁
・甘露煮
で食べられます。
死ぬと味が落ちるため、新鮮なうちに蒲焼にするのが佐賀県では一般的。

-魚・食材図鑑
-,

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.