【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

ナンヨウチヌ|南の海に棲むチヌ!あまりチヌっぽくない?

更新日:

ナンヨウチヌ イラスト

銀色の体がギラギラと光を返すナンヨウチヌ。暖かい海域では普通に生息している魚ですが、本州では一般的にはあまり知られていません。ナンヨウチヌの身は淡白な味わいで食べると美味しい魚であると知られており、釣ることができる沖縄では刺身などで食べられています。

名前の由来

チヌとはクロダイの別名です。昔は大阪湾のことを「茅渟の海(ちぬのうみ)」と呼んでおり、そこでよく獲れる魚であるクロダイを地名からチヌと呼ぶようになったと伝えられています。ナンヨウチヌはそんなチヌの仲間で南の海に多く生息していることからこのような名前で呼ばれています。

英語名

picnic seabream。「seabream」とは鯛のことを表わしています。何故「picnic」が入っているのかは不明ですが、少し陽気な感じのする名前となっていますね。

ナンヨウチヌの生息域

北は日本の南西諸島、南はオーストラリアの北岸までの広い範囲で分布しており、特にベトナムやインドネシアなどの東南アジアでは重要な食用魚です。日本では石垣島や西表島に多く生息しています。

沿岸の浅い海域の岩礁帯や砂地に生息しており、河口に近い汽水域でも多く確認されています。淡水にも強い為、マングローブ林でも普通に見かけることができますよ。

ナンヨウチヌの特徴

ナンヨウチヌはチヌと名前がついているとおりクロダイの仲間と似た姿をしていますが、近縁種と比べても異様な体高の高さを誇るので見分けをつけるのは容易ではないでしょうか。

また、吻(ふん)が尖らずに短い点や、尾ビレの切れ込みが丸い形状をしているのもナンヨウチヌの特徴となっています。全長は50センチメートルほどで、大きいものだと60センチメートルを超える個体もいるんですよ。

タイ科の魚は性転換をする魚として有名ですよね。性転換を行う魚の多くはメスとして産まれてきてから成長する過程でオスになる「雌性先熟(しせいせいじゅく)」ですが、ナンヨウチヌの仲間であるクロダイ属は反対のオスからメスになる「雄性先熟(ゆうせいせいじゅく)」なんですよ。

全てのオスがメスになる訳ではなく、オスのまま生涯を終える個体もいるようですが、大型の個体は殆どがメスになっています。しかし、魚たちの性転換事情については分かっていないことの方が多く、メジャーな種であるクロダイ属でさえまだまだ未知なことが多いです。

ナンヨウチヌの産卵期と旬

カレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
産卵期 - - - - - - - - - - - -
- - - - - - -

ナンヨウチヌのおすすめレシピ

ナンヨウチヌの味わいはクロダイに似ていると言われ、淡白ながらも上品な白身は歯ごたえがありとても美味しいとされています。新鮮なものは刺身や沖縄料理であるマース煮などで食べられているようで、淡白な味わいなので焼き魚や煮魚、フライなど様々な方法で楽しますよ。

しかし、クロダイ属は雑食性で悪食なので、個体によっては少々磯臭かったり泥臭かったりすることがあるかもしれません。調理の際は下処理をしっかりと行い、それでも臭いが気になるようであれば竜田揚げなど油で揚げる料理にするとよいですよ。

-ナンヨウチヌ
-,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.