【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

穏やかな性格の鮫「ネムリブカ」

更新日:

ネムリブカの特徴

ネムリブカはサメの一種で、日本では琉球諸島や小笠原諸島で見られる魚です。サメの一種ではありますが、大人しいのでダイバーが一緒に写真を撮ることもできるのだそう。ナマズを連想させるような顔に愛着が湧きますよね。

またおとなしくて飼育しやすい性格のため、水族館でも多く飼育されています。

ネムリブカは比較的小柄なサメで、その体長が1.6メートルを超えることはほぼ無いと考えられています。

口についている鼻弁と呼ばれる2本の髭が特徴的でチャーミングな魚です。ネムリブカは群れを作って生活していることが多く、わずか数平方キロメートルの範囲しか泳ぎ回らない定住性の強い魚だと考えられています。

泳がなくても呼吸できるサメなので、日中は洞窟の中などで休んでいます。

ネムリブカの釣り時期・生息ポイント

ネムリブカは普段、水深8~40メートル程度の浅い場所に生息していますが、ときどき水深300メートルを超える深海でも見かけられます。太平洋やインド洋、紅海などの広い地域に生息しており、サンゴ礁の中を住処としています。

日本では琉球諸島や小笠原諸島で見られます。特に小笠原諸島ではネムリブカの大きな群れも目撃されています。

ネムリブカの餌

ネムリブカは魚やタコ、イセエビ、カニ、イカなどを餌として食べています。夜になるとこれらの動物が活動を始めるため、これらを食べるネムリブカも夜に活動するほです。

体が細長いので、他のサメが入れないような隙間にも顔を突っ込み、餌を獲ることも多いのだとか。その代わり、広い水中で餌を捕らえるのは苦手なようです。また、水族館でも魚の切り身を与えているそうです。釣りの場合、アジの泳がせ釣りで釣れたという人がいます。

ネムリブカの漁獲法

沖縄などでは、伝統的なネムリブカ漁が行われている地域があります。日中に、海底の洞窟などでネムリブカが休んでいるので、その尾ビレに先端が輪になった縄をくくりつけ、船の上から引っ張るという仕掛けが単純な漁です。ネムリブカは釣りの対象魚としてはあまりメジャーではありませんが、小笠原諸島では釣れることもあるようです。

昼間の明るい時間帯は寝ているので、夜に狙うのが良いでしょう。水が綺麗なところなら、昼間は寝ているネムリブカが上から見えることもあるそうです。昼間にネムリブカの生息地を見つけておくのも、夜の釣りに役立つかもしれません。

ネムリブカを釣った後に気を付けたい事

ネムリブカの攻撃性は低いため、サメの中ではおとなしい方ですが、偶発的にではあるものの人に噛み付いた例もあるので、扱うときは無闇に刺激しないようにしましょう。

また、食用とされている魚ですが、シガテラ毒を持つ可能性も指摘されています。特に肝臓は毒の量が多いとされています。

▼シガテラ毒についての関連記事はこちら▼

【魚の毒】猛毒を持つ魚たち!そのメカニズムと種類についてまとめみた!魚とぴ

ネムリブカのおいしい旬

一般的には食用とされていない魚のため、ネムリブカが美味しい旬は不明です。

ネムリブカの食べ方

一般的には食用とされていない魚のため、美味しい食べ方は不明です。前述のとおり、シガテラ毒があるかもしれないので、食用とする際は自己責任で。身はクセが無くて淡白な味わいらしく、フライにして食べるのが美味しいそうです。

ネムリブカの名前の由来

ネムリブカは、昼間は浅い所に集まって、サンゴ礁の洞窟どうくつや岩の割れ目などに首を突っ込んで昼寝をする習性があります。そのため、眠るサメという意味の「ネムリブカ」と名付けられたと考えられています。

英語では「ホワイトチップシャーク」と呼ばれています。これは、背ビレと尾ビレの先端が白くなっていて、ホワイトチップ(白い破片)のように見えることが由来となっています。

-魚・食材図鑑
-

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.