【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

ネズミザメ(モウカザメ)|日本にも潜む獰猛な鮫!寒い海域は注意!

更新日:

ネズミザメは、全長3メートルにもなる大型のサメで別称「モウカザメ」という別名も持っています。日本に分布している最もサメらしい外見のサメと言えるでしょう。他のサメと違い、体温を海水温よりも高く維持できるという性質を持っており、この性質により、他のサメでは住めないような寒い地域に住んだり、高速で長い距離を泳ぐことが可能となっています。

ネズミザメの地方名

ネズミザメが良く取れる東北の方では「モウカザメ」と呼ばれています。この由来は「マフカザメ」が訛ったものといわれております。東北ではネズミザメがよく獲れるため代表的な(真の)サメとしてネズミザメは「真フカ」と呼ばれていたと考えられます。

ネズミザメの英語名

英語では「Salmon shark(サーモン・シャーク)」と呼ばれています。サケをも食べてしまう迷惑なサメということで、漁師には歓迎されていないことが名前にも現れています。

ネズミザメの生息域

ネズミザメは、北太平洋、オホーツク海、ベーリング海やアメリカ西海岸北側などに分布しています。春から夏にかけての温かい時期は北上し、寒くなると南下してきます。日本では、北海道太平洋側沿岸、青森から相模湾にかけての太平洋側に分布しています。主に東北でよく獲れるようです。

沿岸、沖合の両方に現れるサメで、基本的には映画のJAWSのように背びれが出るくらいの海面付近を泳いでいますが、水深650〜700メートル程度の深さまで潜ることもあります。広範囲に生息しているサメです。

ネズミザメの特徴

ネズミザメは背中側が黒っぽく、お腹側は白っぽい色をしています。体長は3m程まで成長します。ホオジロザメに似ているフォルムをしていますが、きゅるりと可愛らしい目をしているためホオジロザメのようないかつさはありません。

ネズミザメは恒温性の動物?!

ネズミザメは他の魚よりも体温をある程度一定に保つことができます。筋肉や血管が特殊な作りになっているため、寒い場所でも体温を海水温より高く保つことができます。

この特殊な構造のおかげで、長距離を高速で泳ぎ続けたり、他のサメ類は生息できないような寒い海域でも生存できるのは体の構造に秘密があるからなのです!

ネズミザメはJAWSのように人を襲うのか?

サメ 危険

ネズミザメは、魚を捕食する肉食性の魚です。主に、マスやサケ、ホッケ、ニシン、サバ、マイワシなどの漁業資源の魚を食べてしまうため、まさに漁師泣かせの存在です。

その食性から我々人間も捕食対象になり得ることは十分に考えられます。なお、大型かつ肉食の魚であるため人間に対して攻撃的である可能性も十二分にあります。

未だに人間がネズミザメに襲われたという実例はありませんが、ネズミザメの仲間のアオザメが人を襲った事例があるようです。

気仙沼はネズミザメの宝庫!?

一般的には、サメが食材として流通することがないので、サメは漁業の対象外になるとこが多いです。しかし、宮城県の気仙沼では、ネズミザメやその他サメ類も漁獲資源として取り扱っています。

マグロやメカジキ漁の延長線で行われてきたサメ漁は、江戸時代の末期から続いているようです。ネズミザメを含めたサメを原料とする水産加工業が古くから続いているため、気仙沼では現在、サメの国内水揚げ量の80%を誇っています。

ネズミザメのおすすめレシピ

もうかさめ 切り身

ネズミザメの身は東北を中心に市場に安価で流通しています。通常サメの身はアンモニア臭が強く、くせがある味わいをしているのですが、ネズミザメの身はくさみがなく弾力のある身質をしています。切り身自体もかなり大きいので、スズキや鯛を使って調理するようにムニエルにすると美味しく作れます。

ネズミザメの流通が盛んな東北では、ネズミザメの心臓も食材として流通しています。「もうかの星」という名称で親しまれており、まるでブタや牛乳の心臓と代わりのない食感はお酒のおつまみとして大人気のようです。スーパーなどで目にしたら是非、食べててみた食材ですね!

-ネズミザメ
-, , ,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.