【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

【アカムツ】口の中が真っ黒別名ノドグロの特徴

更新日:

海面に向かって上がってくる綺麗な赤色の体。ついつい、もしや?と胸が踊ってしまう魚、アカムツ。脂の乗った白身はお刺身でいただくもよし、煮つけにしてもほろほろと解ける身質に甘辛いタレが絡んで絶品!

アカムツ(ノドグロ)の分類

スズキ目ホタルジャコ科アカムツ属

アカムツ(ノドグロ)の学名

Doederleinia berycoides

アカムツ(ノドグロ)の名前の由来

ムツとは脂っこいことを意味する四国地方の方言である「むつっこい」に由来するとされています。また、体の色が赤いことから、アカムツと呼ばれるようになりました。

一般的に知られている「ノドグロ」という名前は、島根県や静岡県で呼ばれていたアカムツの別称です。読んで字の如く、アカムツは喉の奥が真っ黒で、喉から続く、腹の中も同様に黒くなっていることからノドグロと呼ばれるようになったとされています。

テニスがノドグロの名称が広まった理由?

地方名が広まった要因としての一説には、島根県出身のプロテニスプレイヤーの錦織圭選手が発言した「ノドグロ」がメディアに取り上げられて、一般に広く認知されるようになった背景があるそうです。

アカムツの地方名

ほかにも千葉で「ドンコ」、徳島で「アカモツ」、「アカラ」、富山では「ギョウシン」、「ギョシン」、高知で「キンギョ」、広島で「キンギョウオ」などと呼ばれています。

高知では多くの場合、「アカウオ」は「アカムツ」を指します。別種の魚に「アカウオ」がいるので、高知で釣りをするときは名称に気をつけたほうが良さそうですね。

また、小型の「アカムツ」は「メキン」、「メッキン」と呼ばれて「ノドグロ」と区別されることも覚えておきましょう。

アカムツ(ノドグロ)の生息域

生息地は青森から九州の日本海、北海道から九州の太平洋、国外では東南アジア周辺やオーストラリアまでです。

幼魚時は沿岸部の浅瀬に来ることもありますが、主に水深100メートルほどの砂底に好んで生息しており、成長に伴い水深200メートルほどまで生活圏を伸ばします。

アカムツ(ノドグロ)の特徴

アカムツは「大きい目」、「赤い背」、「口腔内が黒い」、「鱗がざらざらしている」等の特徴があります。ムツと違い、犬歯を持たないのもアカムツ特有ですね。

大きさは全長おおよそ40センチ前後、大きいものだと50cmを超える個体も存在します。

アカムツ(ノドグロ)の漁獲方

主に延縄漁業で漁獲されていますが、釣りの対象としてもメジャーで、船釣りで狙われることの多い魚でもあります。

アカムツ(ノドグロ)の釣り時期

釣りの時期では一年を通して釣れますが、冬場はアカムツが深いところにいることが多い為、少々難度が高い。反面、産卵期夏場の7月~10月は卵を産むために、水深の浅いところに移動するので、この時期に釣りで狙うとよく釣れます

アカムツ(ノドグロ)の餌

肉食性で他の魚類を好んで捕食。他にも甲殻類なども食べており、釣りの際は、エサにサバの短冊やホタルイカなどを使用するのをオススメします。

アカムツ(ノドグロ)の食材情報

高級魚として認識されている通り、その身は非常に美味。とても上品な味わいで「白身のトロ」と評されるほどで、口に入れた瞬間溶けるような美味しさを楽しめます。

1キロあたり1万円を超えることも珍しくなく、値崩れも無く値段が安定している魚です。脂が乗った身質ですが、実は低カロリーで100グラムあたりで計算すると、マグロのトロはおおよそ350kcalに対して「アカムツ」はおおよそ200kcalとカロリーを気にされる方には嬉しい魚。

栄養素はDHA、EPAが豊富でカルシウムやカリウム、ビタミンB1なども多く含まれており、栄養素も高い魚と言えます。

選ぶ際は魚類全般に言えることですが、体色がくすんでおらず、触ってみて張りがあるものを選ぶと良い。

アカムツ(ノドグロ)の旬

季節を問わず脂が乗っており、美味しくいただけます。

旬は一般的には身の締まる秋から冬とされていますが、夏場も産卵に備えて餌を盛んに食べるため脂のノリがよいと言われています。つまり、一年を通して美味しく食べられる魚ということですね。

アカムツ(ノドグロ)の美味しい食べ方

脂が乗っており、どのように料理をしても美味しく食べられます。

近年ではグルメ番組などでも刺身が紹介されることが多いですが、熱を通しても身は固くならないので、煮つけなどでも大変美味。

また、皮目を炙ったものも風味が出ておすすめです。

アカムツ(ノドグロ)のレシピ・料理法

「刺身」、「煮つけ」、「干物」、「塩焼き」、「唐揚げ」、「酒蒸し」など

-魚・食材図鑑
-,

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.