【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

オヒョウ|超巨大魚が大きくなる理由は?回転寿司のエンガワだった?!

オヒョウサムネ

オヒョウ アラスカ

巨大魚で有名なオヒョウですが、実は知らぬうちに口にしている可能性がある魚です。今回はオヒョウの特徴や釣り方、食べ方まで紹介。巨大化の謎にも触れています。

オヒョウの分類と学名

カレイ目カレイ科オヒョウ属

オヒョウの学名

Hippoglossus stenolepis」

オヒョウはヒラメ?カレイ?名前の由来を解説!

鮃 漢字

オヒョウは「大きな鮃(ひらめ)」と書いて「大鮃(オヒョウ)」と読みます。それなのに実はカレイの仲間なのです。なぜ鮃と表記するのでしょうか。その理由は、ヒラメとカレイが分類されておらず、カレイもヒラメと呼ばれていた時代まで遡ります。

北海道でオヒョウを漁獲した漁師が「とんでもなくでっけぇヒラメが獲れたぞ!こいつを大鮃と名付けよう!」と見た目そのままに大きい鮃(ヒラメ)と名付けたのが一説。漢字の「鮃(ヒラメ)」は音読みで「ヒョウ」と読むようです。

ほかには、北海道や東北など寒い地域に自生している「オヒョウ」という木の葉に形が似ていることから「オヒョウ」と呼ばれ、のちに漢字で「大鮃」とつけられたという説もあります。

オヒョウの英語名

オヒョウは英語名で「halibut(ハリバット)」と呼ばれます。そのなかでも太平洋で取れるものは「Pacific Halibut(パシフィック ハリバット)」、大西洋で取れるものは「Atlantic Halibut(アトランティック ハリバット)」と現在ではどちらも同種とされていますが、獲れる海域によって呼び分けをしています。

日本は太平洋域なので「Pacific Halibut(タイヘイヨウオヒョウ)」のほうですね。

オヒョウの生息域

寒い地域を好んで生息しており、オホーツク海、ベーリング海、アラスカ湾、北極海などに広く分布。日本では東北、北海道に生息しています。

水深30~2000メートルの大陸棚の広い範囲に生息すると言われていますが、よく見かけるのは水深400mよりも浅場です。

オヒョウサムネ

オヒョウ

オヒョウ|超巨大魚が大きくなる理由は?回転寿司のエンガワだった?!

巨大魚で有名なオヒョウですが、実は知らぬうちに口にしている可能性がある魚です。今回はオヒョウの特徴や釣り方、食べ方まで紹介。巨大化の謎にも触れています。 オヒョウの特徴 オヒョウの最大の特徴はその大き ...

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.