【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

オキナワキチヌ|キチヌに代わって沖縄にいる魚!

更新日:


オキナワキチヌ イラスト

オキナワキチヌの分類

スズキ目タイ科クロダイ属

オキナワキチヌの学名

Acanthopagrus chinshira

名前の由来

オキナワキチヌは読んで字の如く、「沖縄にいる黄色いチヌ」という魚です。チヌと言えば、釣りに親しんでいる人であればピンとくるのではないでしょうか。クロダイの別名をチヌと言い、その語源は大阪湾の古い呼び方、「茅渟の海(ちぬのうみ)」に由来すると言われています。

地方名

沖縄ではオキナワキチヌのことを「チンシラー」と呼ぶことがあります。チンとはチヌのこと、シラーとは白いという意味で、これはオキナワキチヌが白っぽいことから来ています。

元々チヌとはクロダイの別名なので、白いクロダイというなんだか不思議な名前になっていますね。そしてこの「チンシラー」という名前、よく見るとそのまま学名にも使用されているんですよ。

英語名

「Okinawan yellow-fin seabream」。「yellow-fin seabream」とはキチヌのことを指しています。オキナワキチヌは沖縄周辺に生息するので、普通のキチヌと区別をつけるために英名でも「Okinawa」をつけたのです。

オキナワキチヌの生息域

オキナワキチヌの生息域は、沖縄本島、石垣島、香港、台湾の沿岸部であるとされており、日本ではキチヌとオキナワキチヌの生息域は被っていないと考えられています。

沿岸性の魚で、内湾の比較的浅い海や河口付近の汽水域を好み、主に岩礁域で生活しています。サンゴ礁域でも生息が確認されていますが、汽水域などと比べると生息数は少ないです。

オキナワキチヌの特徴

オキナワキチヌはクロダイに良く似た姿をしていますが、体色はやや白味を帯びており、腹ビレと尻ビレがやや白から黄色っぽいのが特徴的です。また、生息域が同じである近縁種のミナミクロダイとも良く似ておりしばしば混同されますが、オキナワキチヌは眼下骨の下縁が白くなっている点と、先述したヒレの色味で区別をつけることが可能です。

近年になるまでオキナワキチヌは良く似た種であるオーストラリアキチヌと同一視されていましたが、2000年ごろにオキナワキチヌとして分類され、新種登録されることになった比較的新しい種類の魚なんですよ。

クロダイ属の魚はオスとして産まれた後にメスに性転換する「雄性先熟(ゆうせいせいじゅく)」という面白い生態を持っています。しかし、分かっていないことが多く特に仔魚や稚魚の段階では不明なことが多いようです。

オキナワキチヌの産卵期と旬

カレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
産卵期 - - - - - - - - - - - -
- - - - - - -

※産卵期は不明

オキナワキチヌのおすすめレシピ

オキナワキチヌの味わいはキチヌと良く似ており、上質でほどよい甘みがあり美味しい評判です。新鮮なものは刺身にして食べると本来の味わいを楽しむことが出来ますが、個体差によっては磯臭いとも言われています。

淡白な白身なので、クロダイと同じように焼き魚や煮魚など、どんな料理でも美味しく食べられますよ。

-オキナワキチヌ
-,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.