【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

オニダルマオコゼ|踏んだら本当にヤバイ!岩陰に潜む危険な魚!

更新日:

オニダルマオコゼはいかつい顔に岩のような体、そして人を死に至らしめることもある猛毒を持つ海水魚です。毎年、夏が近くなるとニュースで海辺に潜む危険な生物として取り上げられる有名な魚ですよね。

オニダルマオコゼは外道扱いされますが、刺身、鍋などで美味しくいただくことができる。肝も絶品。調理の際は背びれの毒に注意が必要です。

オニダルマオコゼの名前の由来

オニダルマオコゼの名前の由来は、オニオコゼの仲間の中で、特に体が丸い様をダルマに見立てて表した名前となっています。

オコゼの「オコ」とは、醜い様や奇怪なことを表わす言葉で、「ゼ」は魚の意味となっています。なのでオニオコゼとは「鬼のような醜い魚」という意味になります。

オニダルマオコゼの英語名

英語では「Stone fish」と呼ばれています。岩にうまく擬態する姿はまさにStone fishという名前がふさわしいですね。

オニダルマオコゼの生息域

西太平洋やインド洋の熱帯域に生息する魚で、日本では沖縄諸島や小笠原諸島に生息しています。浅い水域の岩礁帯やサンゴ礁帯の海底で、体を砂に半分ほど埋もれさせながらじっと獲物が来るのを待ち構えています。

オニダルマオコゼの特徴

オニダルマオコゼ 擬態

全長は30~40cmほどで、丸っこい体には鱗は無く、コブのような突起やくぼみを持つデコボコした厚い皮膚で岩に擬態しています。年間を通して温かい地域で見ることができます。

体色は褐色のものが多いですが、個体によっては黒色や灰色など、変化に富んだ色をしています。大きな口と目は上向きについており、海底に潜んで獲物を見定め、捕食することに適しています。背ビレのトゲには強力な神経毒を持っています。

オニダルマオコゼは浮き袋を持っていないので、他の魚のように遊泳することはほとんどありません。

踏んだらマジでヤバイ!!オニダルマオコゼの猛毒とは?

溺れる

オニダルマオコゼは、岩にうまく擬態するため、ダイビングや海水浴中に岩礁でオニダルマオコゼを誤って踏んでしまい、病院に運ばれるという事例が後を絶ちません。

オニダルマオコゼの毒

オニダルマオコゼは、背びれに太いトゲを持っています。トゲが外敵や人体などに刺さると、そのトゲから毒が大量に噴射されます。

オニダルマオコゼの毒は、たんぱく性のものです。刺されると激しい患部の痛みや痺れ、感覚麻痺またはアナフィラキシーショックを起こします。他にも発熱や嘔吐などの症状が現れ、最悪の場合、症状心肺機能不全や血圧の低下を引き起こし死亡することもあります。オニダルマオコゼの毒は、フグ毒よりも強く、オニダルマオコゼ1匹の毒で成人男性4人分の致死量に値するようです。

刺された時の応急処置

万が一、オニダルマオコゼに刺されてしまった時は、まずはすぐに海からあがりましょう。海から上がった後は、真水で傷口を洗い流し、トゲを取り除きます。たんぱく性の毒は45度の熱で固まる性質を持っていますので、45℃以上のお湯に患部をつけ、たんぱく質を凝固させ毒性を緩和させます。この方法は、あくまで応急処置ですので痛みが少なくても必ず病院または緊急外来に駆け込むようにしましょう。

万が一を避けるには?

オニダルマオコゼに刺される原因の多くは、岩に擬態していたオニダルマオコゼをうっかり踏んでしまったということがほとんどです。なので、岩礁域付近をダイビングや海水浴で近づく際には必ず目視を行うようにしましょう。集めのマリンブーツなどを履いておくとより安心でしょう。

オニダルマオコゼの食べ方

猛毒を持つオニダルマオコゼですが、その身はクセの無い白身で非常に美味とされて高級魚として取り扱われています。

み応えのある弾力に富んだ身は、刺身や鍋、煮つけにして食べられています。刺身にする場合は、捌いた後に冷蔵庫で1日から2日ほど寝かせると、熟成されて旨味が強くなるそうですよ。

オニダルマオコゼのおいしい旬

オニダルマオコゼの旬の時期は2月から3月頃と言われています。

-オニダルマオコゼ
-, , ,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.