【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

オニオコゼ|神経毒を持つ魚?!釣り方や食べ方を紹介!

更新日:

オニオコゼ

岩に擬態するのが得意なオニオコゼ。あまりにも綺麗に擬態するのでこの写真を見ても一瞬どこにいるのかわからなくなってしまいます。擬態だけでなく、背びれに毒も持っています。今回はオニオコゼの特徴から釣り方、食べ方まで紹介します。

オニオコゼの名前の由来

オニオコゼの名前の由来は鬼のようなオコゼから来ており、オコゼとはオコが愚かで醜く奇怪な様で、ゼは魚を表わしています。なのでオニオコゼとは鬼のような醜い魚という意味になります。

オニオコゼの生息域

東シナ海や日本海に生息する暖かい海域を好む魚で、日本でも関東以南の沿岸の浅い海域でその姿が確認されています。

水深10m程度の浅場から、水深200m程の深場まで生息しており、砂泥域に潜んで砂や岩に擬態しています。海水浴が行われるごく浅い場所にも現れることがあるので、岩と間違えて踏んでしまったり、興味本位で触ったりしないように注意してください。

オニオコゼの特徴

オニオコゼは海水魚で、全長は20センチメートルほどの魚です。体色は褐色や暗褐色の個体が多いですが、中には鮮やかな黄色や橙色をした個体などが確認されています。体には鱗は無く、コブ状の突起があり、ごつごつした見た目をしています。この独特な見た目は岩に擬態するのに適しており、獲物を待ち伏せたり、外敵から身を守ることに役立っています。

オニオコゼは基本的には動き回らず、海底にじっとして待ち伏せ型の狩りを行います。その為、口は斜め上向きについており、獲物の下から急襲するのに適しています。

オニオコゼの背びれに要注意!

他のオコゼの仲間に毒がある通り、オニオコゼも背ビレの棘には毒を持っています。この毒は神経毒で刺されると非常に痛いので、オニオコゼを取り扱うときはくれぐれも注意が必要です。

オニオコゼの漁獲法

オニオコゼは狙って釣ることは難しく、他の魚を狙っている時に嬉しい外道として釣れることが多いようです。しかし、美味しい魚なのでオニオコゼを狙って船を出しているところもあるので、是非釣ってみたいという場合は利用してみるのも良いのではないでしょうか。船を利用しない場合は、防波堤や磯から狙うことになります。

使用する装備は根魚用の装備がそのまま使えますよ。4メートルほどの磯竿に小型のスピニングリールに胴付き仕掛けで狙ってみましょう。

オニオコゼの釣り時期

オニオコゼは年間を通して釣ることの出来る魚で、産卵期である5月から8月にかけては浅場に移動するのでより釣りやすくなると言われています。

オニオコゼの餌

小魚や甲殻類、イカなどを大きな口で捕食しています。釣り餌にはサバやアジの切り身や、ルアーが用いられています。

オニオコゼを釣った後に気を付けたい事

オニオコゼは神経毒を持っており、刺されてしまうと一大事です。まずは刺されないように工夫をしましょう。釣り上げたオニオコゼは興奮状態で暴れるので、素手で持つのではなく必ず道具を使用して持つようにしましょう。

手袋をしていても厚手のものでないと、棘が貫通して刺されてしまいます。極力触れないようにしながら仕掛けを外してくださいね。もし刺されてしまったら、激痛が襲い患部が腫れ上がり、酷い場合は吐き気や呼吸困難も起こす可能性があります。

すぐさま病院の手配をし、向かう間に応急処置をしましょう。真水で刺された箇所を洗い流し、棘が残っていれば取り除いてください。オニオコゼの毒は熱を加えると分解されるので、火傷しない40度ぐらいの温度のお湯に患部を浸けると痛みが和らぎます。

オニオコゼの毒は死んだ後も残るので、調理する際にも気を付けてくださいね。

オニオコゼの食べ方

オニオコゼの味わいはクセが無く、コリコリとした歯ごたえでしっかりと旨味があるとされ、とても美味しいようです。新鮮なものは刺身にして食べるとオニオコゼの美味しさを堪能することが出来ます。

歯ごたえのある身は噛めば噛むほど味が出てきますよ。他にも煮つけや汁物や焼き魚、唐揚げなどにしても美味しく食べられます。

オニオコゼのおいしい旬

オニオコゼの旬は春の終わりから夏にかけてと言われています。

-オニオコゼ
-, , ,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.