【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

体中の大きな斑点模様が特徴的!「オオモンハタ」の生態や特徴!

更新日:

オオモンハタの特徴

スズキ目ハタ科に属するオオモンハタは、なんといっても体中にあるその特徴的な模様が目を引きます。茶褐色の体表に網目模様の斑点があり、まるでキリンのような柄となっています。

全長は30センチメートルほどで、大きいものでも50センチメートルほどと、ハタの中では小型の種となっています。

体型は胴体が太く頭とヒレも大きい、実にハタ科らしい姿をしていますが、他のハタ科の魚に比べると頭が少しほっそりとしており、スマートな印象を受けます。個体にもよりますが、尾ビレの縁が透明だったり、白くなっていることがあります。

ホウセキハタという魚とよく似ており混同されることが非常に多いようですが、ホウセキハタの方が網目状の斑点模様の密度が高く、細かくなっています。また、尾ビレの形状が後ろに丸く膨らんでおり、縁が白くなったりしないので判別がつけられます。

オオモンハタの釣り時期・生息ポイント

インド洋や西太平洋に生息しており、暖かい海域を好むので日本では南日本から沖縄にかけて生息しています。

深場の岩礁帯や沖合の根回りなどを主な住処としていますが、餌を求めて中層を泳いでいることも多いです。防波堤や磯からも狙うことが可能で、特に産卵期である夏になると岸辺に寄ってきて釣りやすくなるそうです。

オオモンハタの餌

オオモンハタは肉食性で、小魚を始めイカやタコなどの頭足類や甲殻類などを捕食しています。

小魚を捕食することから、ルアーや活餌を使った泳がせ釣りで狙うことが可能で、泳がせ釣りにはアジやイワシが使われています。

オオモンハタの漁獲法

オオモンハタを狙う場合の装備は、ロックフィッシュ専用装備もありますが、シーバス釣りの装備も流用することができます。オオモンハタの行動範囲は広いので、底の方まで狙うことが出来る2メートル前後のパワーのある竿を選びましょう。

オオモンハタは小魚を狙って積極的に行動していることが多いので、釣り場の小魚が多く集まるポイントを探すと釣りやすくなりますよ。

また、小魚が活動的になる時間帯はオオモンハタも活発になります。マズメ時と呼ばれる日の出と日没の前後1時間を狙うと釣れる確率が上がりますよ。

1箇所に固執せず、幅広い範囲で狙うことがオオモンハタ釣りにおいて大切です。

オオモンハタを釣った後に気を付けたい事

ハタ科の魚はオオモンハタを含め、エラやヒレに非常に硬く鋭い棘を持っています。毒などはありませんが、不用意に触れると怪我をしてしまうので、取り扱いには充分気を付けてください。

また、釣った魚を食べる場合は寄生虫がいることもあるので、調理の際は目視で確認してみてくださいね。

オオモンハタのおいしい旬

オオモンハタの旬は産卵期である夏だと言われています。

脂が乗っており、非常に美味しくなりますが、夏以外の時期でも充分に美味しく食べられることができます。

オオモンハタの食べ方

オオモンハタは高級魚であるハタ科の中では安い部類に入りますが、他のハタにも引けをとらないほど、美味しく食べることが出来ます。身崩れをしやすい魚なので、調理の際は気を付けてくださいね。

透明感のある白身はとても上品で繊細なので、新鮮なものはオオモンハタの味わいを堪能する為に刺身にしていただきたいところ。

しつこくない甘みと旨味がほどよいバランスで舌を楽しませてくれます。

焼き魚はあまりオオモンハタの味が活きないと言われているので、鍋や煮つけ、汁ものにすると良いですよ。

オオモンハタの名前の由来

オオモンハタの名前の由来は、ホウセキハタというオオモンハタとよく似た魚に比べて網目状の斑点模様が大きいことから、大きい斑紋のハタということでオオモンハタと呼ばれています。

地方によってはキジハタと呼ばれることがありますが、キジハタという魚は別に存在しているので混同しないように注意してください。

-魚・食材図鑑
-, ,

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.