【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

体長2メートル越?!天然記念物の魚「オオウナギ」

更新日:

オオウナギの特徴

「オオウナギ」はあまり耳馴染みの無い魚ですが、名前から大きいウナギのことだと推測される方も多いでしょう。

しかし、オオウナギはウナギとは別の種類で、体長は2メートルを超えることもしばしば!長いだけでなく、胴体も丸太のように太いので、見た目はウナギを拡大したような形です。

背中側には黒褐色のまだら模様があり、これはウナギとは異なる模様です。

暖かい海を好むため、日本全国で見られるわけではありませんが、一部の地域では天然記念物に指定されています。

日本では食用として認知されていませんが、台湾では滋養強壮に効果があると言われており、食用魚となっています。

オオウナギの釣り時期・生息ポイント

オオウナギは暖かい場所を好むため、四国や九州、沖縄で獲れることが多いです。

特に、南西諸島ではウナギよりもオオウナギの方が多く生息していると言われているのだとか。海外には、朝鮮半島南部、台湾、インド洋、ガラパゴス諸島など広く分布しています。

日本では一部にしかいないオオウナギを釣ってみたい!と思った方、少し待ってください。

和歌山県田辺市・白浜町富田川流域など、一部の地域でオオウナギは天然記念物に指定されており、捕獲が禁止になっていることがあります。地域の決まりにしたがい、オオウナギの釣りを楽しむようにしましょう。

オオウナギの餌

オオウナギは肉食魚で、主に甲殻類、小魚、カエルなど様々な小動物を捕食します。

特にカニ類が好きなようで、オオウナギのことを「カニクイ」と呼ぶ地域もあるのだとか。

釣りに使用する餌は、サバなどの切り身、鳥のササミ、カエルや蟹などが良いでしょう。

オオウナギの漁獲法

オオウナギの釣りは綱引きのようなイメージで、ひたすら巻き上げる力比べです。魚との駆け引きよりも、負けないように全力で引き上げましょう。

仕掛けはウナギ釣るときと基本的に同じですが、オオウナギは10〜20キログラムと大きくパワーもあるため、強い引きにも耐えられるよう、太い針や太い糸を使います。

釣りに適した時間帯は夜で、日没直後から2時間くらいまでに釣れることが多いです。

オオウナギを釣った後に気を付けたい事

オオウナギを含むウナギの仲間の血液には、「イクシオトキシン」という有毒な物質が入っています。

この毒で人間が死亡することは稀ですが、目に入ると結膜炎を起こし、失明する可能性もあるのだとか。

また口から摂取した場合、アナフィラキシーショックを起こす可能性があります。

イクシオトキシンの毒は熱を通すことで無毒化することができます。そのため、生食はせず、蒲焼など熱を通した料理で味わいましょう。

オオウナギのおいしい旬

オオウナギが美味しい旬はよく分かっていません。

私たちが土用の丑の日に食べるニホンウナギとは違う味のため、食用とされていない魚なのです。

体は大きいけれど骨はあまり硬くないとのことで調理はしやすいかもしれません。

オオウナギの食べ方

オオウナギはウナギと異なり、食用としてはあまり広く認知されていません。ウナギよりも味は落ちると言われています。

しかし焼いた皮の香ばしさはウナギに似ているのだとか。

白焼きや蒲焼きといったウナギと同じ調理法でも、十分美味しく食べることができるのだそう。

クセが無く淡白な味わいなので、調味料を工夫して中華風の料理やエスニックな料理にしてもあっさりしたオオウナギの風味と相性が良いと言われています。

オオウナギの名前の由来

オオウナギの名前の由来は文字通りで、「大きなウナギ」から来ています。

地方名には「カニクイ」「カニクイウナギ」という呼び名があり、これはオオウナギがカニを好んで食べるため。

また、斑点が特徴的な見た目からか、「ゴマウナギ」という呼び名も。他にも、「ウツボウナギ」「ジャウナギ」と呼ばれることもあるのだそうです。

-魚・食材図鑑
-, ,

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.