【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

オショロコマ飼育|北海道にしかいないレアな魚を飼育しよう!

更新日:

オショロコマ サムネ

オショロコマは、別名カラフトイワナと呼ばれているイワナの仲間です。絶滅危惧種にもしていされている魚で、生息域は北海道のみのとても珍しい渓流魚です。

そんな珍しい渓流魚を飼育してみませんか?水槽での飼育法や飼育に必要な物などを紹介します!

オショロコマの入手方法

自然に生息する個体を釣る!

オショロコマ 天然

少しハードルの高い方法ですが、オショロコマの入手法の一つとして、自然にいる個体を釣って持ち帰るという手段があります。オショロコマの生息地は、北海道の南部を除く冷水域に生息しています。日本の北側で獲れるアメマスよりも上流に生息しているため、自然の個体を入手するとなると、かなりの山奥に足を運ぶことになります。

遠方からわざわざ持ち帰るのは難しいですが、北海道在住の方なら自然の個体が入手してもいいかもしれませんね。持ち帰りの時間を考えて、たっぷりの水とストーンタイプの酸素発生剤などを用意し、持ち運びのための対策をしっかり練るようにしてください。

ニチドウ O2ストーン 12時間型
水に入れると酸素を発生してくれる優れもの!魚の持ち帰りに便利

オショロコマは、絶滅危惧種に認定されている魚でもあるので、禁漁期間が設けてある場合があります。禁漁期間中の釣りはもちろん、禁漁区域の侵入は禁止されていますので、釣りに行く際は下調べを必ず行ってください。

管理釣り場で釣る

管理釣り堀で釣るという方法もあります。自然を相手にするよりもよほど簡単に入手できます。持ち帰りの際の対策は、上記同様万全にしましょう。

釣ったオショロコマを生きたままでの持ち帰りが可能かどうかは、事前に管理者に問い合わせるようにしてくださいね。

釣った後にも気を付けよう!

飼育のためのオショロコマを釣るときは、バーブレスフック(返しなしの針)を使用し、傷つけないように気を付けましょう。さらに、素手で魚に触れると、魚が火傷をしてしまいます。極力綺麗な状態で持ちかえるためにも、魚を触る際はグローブなどをつけるようにしましょう。

オーナー(OWNER) SBL-55M シングル55バーブレス(ミノー用)
渓流魚に適したサイズの針です。返しがないので魚を傷つけません

専門店から取り寄せる

通販

渓流魚を取り扱う養殖所などで、幼魚を購入することができます。一般的な通販のように、宅配で送られてくるようです。手っ取り早い方法ですが、出来るだけ早く、確実に荷物を受け取るために配達時間に必ず受け取るように心がけるようにしましょう。

オショロコマの飼育に必要なアイテム

1.オショロコマの大きさにあった「水槽」を選ぼう

オショロコマの体長は、20cm前後までに成長するとされています。上流域に生息する魚のため、動きもかなり俊敏です。この二つのことを考えて、それに見合ったサイズの水槽を選ぶ必要があります。

特に、多頭飼いをする場合は大きい方がいいでしょう。通販などで入手しやすい大きさとして、90cm以上の水槽を用意することをお勧めします。

さらに、オショロコマは泳ぐスピードが速いため、水槽から飛び出してしまう恐れがあります。蓋つきの水槽を選ぶことや、水槽の上部にネットを張るなどして飛び出し防止の対策を行うようにしましょう。

寿工芸 レグラス R-900L オーバーフローセット
幅90cm×奥行き45cm×高さ45cmの大型水槽。フレームがないので部屋に馴染みます
コトブキ工芸 水槽 KC-ワイド900 ブラック
幅90cm×奥行き30cm×高さ36cmの水槽。コスパを重視するならこちらがおすすめ。
ジェックス マリーナ900LEDセット 黒枠ガラス水槽
幅90cm×奥行き45cm×高さ45cmの水槽。LEDライトやフィルターなど必需品がセットになっています。
寿工芸 コトブキ 1200L 5点 LED
幅120cm×奥行き45cm×高さ45cmのより大きめの水槽。LEDや上部フィルターなどがセットになっています。

2.「クーラー」での温度管理が超重要!

オショロコマ 温度管理

オショロコマは普段10℃前後の冷たい水域に生息しているため、クーラーを設置して水槽内でも10℃前後を維持するように心がけましょう。クーラーと水温計は必需品と言えるでしょう。

水槽用のクーラーには、冷却ファン式、ペルチェ式、チラー式といった冷却方法(構造)が違う商品があります。ペルチェ式、冷却ファン式のものは、小型水槽向けのものが多く、大きい水槽を冷却するのには適していません。大きな水槽で大量の水を冷やす必要のあるオショロコマ飼育においては、冷却能力が高く、一気に大量の水が冷やせるチラー式のクーラーを強くオススメします。

ゼンスイ ZC-1000α 海水・淡水兼用
チラー式のクーラー。設定温度が幅広く、大きな水槽でもしっかり冷やせます。

オショロコマの健康を保つためにも習慣的に温度チェックを行うようにしましょう。

スミス(SMITH LTD) 温度計 水温計 127mm
金属製のカバーに包まれているためとても頑丈です。渓流釣りにも併用できます。

3.「エアレーション」と「フィルター」を導入して、新鮮な酸素と水で快適な環境を作ろう!

オショロコマは水流の多い場所に住むため、綺麗で酸素の多い環境を好みます。

酸素を供給するエアレーションと、水を濾過するフィルターを導入すると、水中の溶存酸素量を増やしたり水質悪化を防いだりもしてくれます。

こちらの2点もオショロコマの飼育には必需品と言えるでしょう。

charm(チャーム) 90cm水槽用エアレーションセット
大きな水槽に対応。チューブや逆流防止弁も付属しているため届いたらすぐ使えます。
エーハイム プロフェッショナル 濾材付スターターキット 50/60Hz共通 淡水・海水両用
フィルターの掃除が簡単にできる優れもの。電圧は50hzと60hz両方に対応しています。
テトラ  バリューEXフィルター VX-75
コスパを重要視するならこちら。90cmまでの水槽に対応しています。

4.水流ポンプで渓流の流れを再現!

オショロコマは水の流れの多いところに生息しています。水流ポンプを導入して、オショロコマの生息域に近い環境を作りましょう。

カミハタ ポラリオ II 23W
二方向に交互に水流を発生させます。マグネットで水槽内に簡単に取り付けられます。
ナプコ マキシジェット ウェーブ2 (50Hz)
首が360°回るので、好きな水流を作ることができます。西日本に対応しています。
ナプコ マキシジェット ウェーブ2 (60Hz)
首が360°回るので、好きな水流を作ることができます。西日本に対応しています。

5.底砂やシェルターを導入してオショロコマの好む環境を作りましょう。

オショロコマは、岩陰に隠れて過ごしていることが多い魚ですです。岩陰などの狭い空間は落ち着く場所でもあります。水槽にシェルターや川で大きな石を拾ってきて岩陰を作るなどの工夫をして、オショロコマが落ち着ける環境を取り入れましょう。また、川の砂や砂利なども取り入れてあげると、より川の環境に近づきます。

スドー 土管
幅11cm×奥行き17cm。魚が大きくなったら適切なサイズを選んでくださいね。
寿工芸 ドクターソイル 8kg
水を浄化する効果もあります。大容量なのでコスパ良し!

オショロコマの餌と水替え方法

餌はどうするの?

オショロコマは、昆虫や小魚などを食べる魚のため、エビや虫などの活餌が適していると考えられます。

これらのエサは、渓流魚エサの乾燥オキアミなどでも問題ないでしょう。虫や活餌はペットショップなどで簡単に入手することができるので、個体が好むものを1日1回与えましょう。

人工飼料でも飼育はできますが、好んで食べないようであれば個体に合ったものを与えるのが一番いいですね。

オショロコマの水替え、水槽の立ち上げ

オショロコマ 水質

水替えや水槽の立ち上げの際は、水道水をそのまま使うのは絶対に禁止です。水道水には「カルキ(塩素)」が含まれており、魚にとっては猛毒になってしまいます。市販のカルキ抜き薬剤や、カルキを抜く効果のある浄水器などを用いてカルキ抜きをした水を使うようにしましょう。

ヒカリ (Hikari) 液体カルキぬき 500ml
コスパを重要視するならこちら。90cmまでの水槽に対応しています。
タニタ 残留塩素チェッカー
カルキ抜きの際にしっかりはかってあげましょう。

水替えを行う際は、毎回一度にすべての水を替えてしまうと水質の急激な変化によりオショロコマにストレスを与えます。その上、水槽内に繁殖したバクテリアも消滅してしまうので、1週間に1度、水槽の水の3分の1を取り換えるようにしましょう。

底に沈殿したフンや餌はスポイトや網を使って、すくうようにしてください。

水槽にコケが生えてしまった!

水槽 汚れ

水槽の底にフンや餌などが溜まったり、コケが生えてしまうほど汚れてしまったら、水槽そのものの掃除が必要になります。その際はオショロコマにストレスを与えないように水槽内の水ごと他の容器に移しましょう。

綺麗にした水槽に戻す際にもオショロコマを移した容器と同じ水温になるように設定し、慣れさせてから戻しましょう。

過度な水温や環境の変化は大きなストレスとなりますので、頻繁に掃除や水替えを行わなくても良いように普段からクーラーやエアレーションで環境を整えるように努めましょう。

まとめ

オショロコマの飼育に必要な物や育て方などを紹介いたしました。冷たくて綺麗な水質を好む魚ですので、水質と温度のチェックは毎日欠かせません。クーラーやエアレーションなどをフル稼働させるため、維持費がかかってしまうのが現実です。それを見越してでの飼育を開始するようにしてください。

オショロコマが大きく育ちすぎたり、飼育費用がかかりすぎるからなどという理由でどこかの川に放流してしまったりするのは、絶対に禁止です。飼い始めた生物は責任を持って最期までかわいがってくださいね。

-オショロコマ
-

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.