【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

人に懐くこともある子育て上手な魚「オヤニラミ」観賞魚としても人気!

更新日:

オヤニラミの特徴

オヤニラミはスズキ目ケツギョ科に分類される淡水魚で、観賞用としてとても高い人気を誇っています。全長は10センチメートルほどの小型の魚で左右に側偏した体つきを持っています。

体色は黄褐色で、体には褐色の横帯が入っています。エラ蓋の後ろには眼状紋と呼ばれる模様が入っており、一際目を引くようになっていますよ。

オヤニラミは非常に荒々しい性格をしており、縄張り意識が強く、侵入者に対しては攻撃を仕掛ける一方で、神経質で環境の変化には敏感だと言われています。

飼育環境下では人に懐くとも言われており、餌やりに反応して近寄ってきてくれることもあるそうですよ。気性が荒い割には神経質だったりもする。そんないじらしい性格と人懐っこさが相まって観賞魚としての人気が高いのかもしれませんね。

また、オヤニラミはオスが子育てをする魚としても有名です。オスは卵や産まれたばかりの稚魚たちを外敵から一生懸命守り、時にはヒレで卵に水を送ったりしてお世話もします。

特に繁殖期のオヤニラミは攻撃性が強まるとされていますが、我が子を守ろうとするお父さんだと考えるとなんだかとても可愛らしいですね。

オヤニラミの釣り時期・生息ポイント

オヤニラミは日本に生息する淡水魚で、朝鮮半島の南部でも自然分布していると言われています。

生息地域は中国地方と四国北部、九州北部に自然分布しており、東京都や神奈川県、愛知県などにも移入されたオヤニラミの定着が確認されています。河川の中流域や小川、用水路などに生息しており、水が澄んでおり流れが穏やかな場所を好みます。

また、川底に水草が多く生えている環境を好み、岩のくぼみなどの隠れられる場所に潜んでいることが多いようです。オヤニラミは群れは作らず、繁殖期以外は縄張りを持った単独生活をすることが知られています。

オヤニラミの餌

エビなどの甲殻類や、水生昆虫、小さな魚を捕食する肉食性です。釣りをする場合はミミズや小型のルアーなどがいいでしょう。

オヤニラミの漁獲法

河川の中流域の岩場や水草がたくさん生えているところを狙いましょう。オヤニラミは自分の縄張りに潜んで、入ってきた獲物を襲う待ち伏せ型の狩りを行うので、オヤニラミがいそうなポイントを見つけるところから始めてくださいね。

釣具は3メートルほどの延べ竿が便利です。道糸はナイロンの0.6号ぐらいで問題ありません。オヤニラミは獲物を発見するとすぐに食いつくので、アタリがきたら早めに合わせましょう。

逆に仕掛けを投入してからしばらくアタリが無い場合は、オヤニラミがいない可能性が高いので、見切りをつけてポイントの移動をおすすめします。

オヤニラミを釣った後に気を付けたい事

オヤニラミは小型の魚で毒などもありませんが、背ビレには小さいながら棘があるので、誤って触って怪我をしないように気を付けてください。

また、オヤニラミは地域によっては天然記念物に指定されていたり、外来種の影響で絶滅危惧種として保護されています。その一方で放流が無計画に行われたことにより、指定外来種にされている地域もあります。

捕まえた場合は他の地域への無闇に放流はせず、生態数保護の為、乱獲もしないようにしましょう。

オヤニラミのおいしい旬

食用とされることがない為、旬は不明とされています。

オヤニラミの食べ方

オヤニラミは食用として利用されることはほとんどありませんが、食べることは可能なようです。

小さい魚なので、唐揚げなどにすると良いかもしれません。

オヤニラミの名前の由来

動物には面白い名前がたくさんありますが、オヤニラミもかなり珍しい名前をしていますよね。

この名前の由来には諸説あり、子育てをするオスの姿を「親が睨みを効かしている」とした説や、縄張り意識が強い魚なので、「例え親であろうと睨む」という説があります。

-魚・食材図鑑
-

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.