【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

【魚の毒】猛毒を持つ魚たち!そのメカニズムと種類についてまとめみた!

更新日:

毒を持つ魚と言えば真っ先に思い浮かぶのは「フグ類」ではないでしょうか。

現代では「フグ=内臓に毒を保有する魚」と認知されていますが、あのぷっくりとした可愛らしいフォルムと「僕は無害です!」と言わんばかりのおちょぼ口のフグがまさか人を殺めてしまうほどの毒を保有しているなんて、なんだかギャップを感じますよね。

毒はフグ類だけに限らず、多くの種類の魚が保有しています。この記事では、フグ毒として有名な「テトロドトキシン」のほかに、「パリトキシン」、「シガテラ毒」の3種類の毒について魚の名前を交えながら紹介します。

どうやって毒はつくられているの?

毒を持つ魚介の多くは、自分の体内で毒を作っているわけではありません。食物連鎖の過程で毒を摂取しているのです。

つまり、餌となる生物(微細藻生物)が毒を保有しており、それを捕食することによって魚の体の中に毒が蓄積されるという仕組みになっています。

一説では、毒魚でも完全養殖をすれば毒を持たないとされていますが、やはりそれでも食べるのは抵抗がありますよね。

温帯域の魚に注意!シガテラ毒!

シガテラ毒は、「渦鞭毛藻(うずべんもうそう)」という微細藻が作り出す「シガトキシン」が要因となっています。この渦鞭毛藻は魚の餌となる海藻や藻などにくっつき、それを食べた小魚から魚へと食物連鎖の過程で蓄積されていきます。

シガテラ毒をもつ魚は熱帯のサンゴ礁に棲むものが多く、日本では沖縄でシガテラ毒による食中毒が多く発生しています。

しかし最近では海水温が高くなったため本州沿岸で獲れたヒラマサやイシガキダイによる中毒も発生事例があるようです。また、同じ魚でも毒性には地域差があるので確実な対策は難しいとされています。

魚のなかでも若い魚に比べ長く生きている魚の方が毒が多く蓄積されている可能性が高いので、下記のリストで挙げている魚を含め温かい地域で獲れた歳をとった魚を食べるのは避けたほうが良いといえますね。

シガテラ毒を摂取したらおこる症状

シガテラ毒は、熱を加えても毒性は残ります。寄生虫「アニサキス」のように加熱したら死滅するから大丈夫!なんてことはないのでご注意を。

シガテラ毒をもつ魚を摂食すると、30分から数時間の間に症状が発症します。

主な症状としては神経系症状(手足や口の痺れ、関節痛等)、神経症状(麻痺、だるさ、貧血等)、消化器系(腹痛、吐き気など)の3つに分かれます。

さらに神経系症状として最も特徴的なのが、温度間隔異常(ドライアイスセンセ-ション)という症状。冷たいものを飲んだり、冷たいものを触ったりすると電気が走ったような痛みを感じます。

死亡例は少ないものの、軽い場合は数日でおさまりますが、重症の場合は1年以上続きます。

シガテラ毒を持つ魚

シガテラ毒について学んだところで、シガテラ毒を持つとされる魚をいくつか紹介いたします。

魚名 特徴
ドクウツボ えら穴の周りに黒い斑点があります。沖縄で食用とされていますが、まれに毒を持っています。種子島よりも南、太平洋、インド洋、紅海の浅いサンゴ礁で獲れます。似ている魚で、ゴマウツボがいます。
バラハタ 赤い体色に斑模様、ひれの後ろが黄色いのが特徴です。沖縄では食用とされていますが、シガテラ毒によって食中毒の原因になることが多い魚です。太平洋岸、琉球列島、インド洋のサンゴ礁の近辺や岩礁域に出現。
カンパチ 外見の良く似たブリやヒラマサと比べると体高が高く平たい感じです。食用として流通していますが、南方で取れる超大型の個体は保毒している可能性があるため注意が必要です。北海道の日本海側を除く日本各地に生息し、東部太平洋を除く、世界の熱帯・温帯にも生息しています。ブリやヒラマサによく似ています。
イシガキダイ 白地に黒色の独特な模様が特徴です。本州や九州の沿岸で獲れたものによる食中毒が起きています。日本各地や朝鮮半島、南シナ海、マリアナ諸島の沿岸の岩礁で獲れます。
オニカマス 毒を保有している個体もいるためドクカマスとも呼ばれています。全長150㎝にもなり、カマス科の中で最も大きくなります。過去に東京でもオニカマスによる食中毒事件が発生しました。南日本、琉球列島、小笠原諸島、太平洋、インド洋、大西洋のサンゴ礁や岩礁の沖合に生息しています。

猛毒!テトロドトキシン!

テトロドトキシンは、皆さんご存知のフグ類が保有している「猛毒」です。かの猛毒「青酸カリ」の何百倍もの毒性で、少量の摂取でも死に至る最強の毒の一種です

多くのフグは、肝臓や卵巣に高い濃度の毒をもっています。毒の強さは固体や住んでいる海域によって差があり、更にフグの種類によっては内臓だけでなく皮や筋肉に毒を保有するものもいます。

テトロドトキシンをもつ微生物から食物連鎖によってフグの体内に蓄積し、毒化するとされています。普通の魚もトロドトキシンを取り込むことはできますが、フグのように体に蓄えることができません。実は、フグがどのように体内にテトロドトキシンを蓄えるのかは、まだ分かっていないのです。

皮肉なことに、猛毒を持っていても美味なフグは高級食材として人気を博しています。そんなフグをよく理解し、安全に提供できるようフグを調理するためには資格が必須となっています。

テトロドトキシンを摂取したらおこる症状

テトロドトキシンを人間が取り込むと、神経に作用し、神経麻痺やしびれなどを起こし手足を動かしたり、言葉を発することができなくなってしまいます。重症の場合、呼吸器の筋肉が麻痺し窒息してしまいます。

テトロドトキシは、水で洗ったり加熱調理をしても毒性が残ります。しかも解毒剤などの治療薬もないため、釣ったフグをさばいて食べてみよう!だなんて絶対に考えないでくださいね!

テトロドトキシンを持つ魚

テトロドトキシンを持つとされる魚をいくつか紹介いたします。

魚名 特徴
トラフグ フグ料理の最高級種でフグ界の王者のような存在。北海毒の全沿岸南の太平洋岸や日本海西部、黄海、東シナ海に生息。毒の保有部としては卵巣、肝臓、腸などの内臓
クサフグ 背中が深緑色をしているのが特徴。初夏の大潮の時に、大群で岸へ押し寄せて産卵します。北海毒南部や朝鮮半島南部や南シナ海の岩礁や藻場に生息します。卵巣(精巣)、肝臓、腸に加え皮と筋肉にも毒を保有。
シマフグ すべてのひれが、鮮やかな黄色をしています。青森県の南、朝鮮半島や東シナ海の沖合の岩礁に生息。毒の保有部としては、卵巣、肝臓、腸などの内臓
ヒガンフグ 春のお彼岸の時期によく獲れることから、この名前がつきました。東北地方の一部で獲れるものは、強い毒をもっているため食べられません。北海道よりも南、黄海や東シナ海の岩礁や藻場に生息しています。毒の保有部としては、卵巣(精巣)、肝臓、腸の内臓に加え皮
ショウサイフグ 胸びれの後ろに黒褐色の紋ないので区別できます。津軽海峡南の日本各地や東シナ海の沿岸や沖合に面した砂底に生息。卵巣、肝臓、腸の内臓に加え、皮にも毒を保有

テトロドトキシンの何十倍!?パリトキシン!

パリトキシンは主にアオブダイが保有するとされています。

パリトキシンはイワスナギンチャクという刺胞動物に最初に発見された毒です。食物連鎖の過程でこれを食べた魚の体に蓄えられると考えられています。

上述のテトロドトキシンの数十倍の強さを持つ猛毒で、食中毒による死者が出ています。

パリトキシンを摂取したらおこる症状

パリトキシンが人間の体内に入ると12~24時間の間にパリトキシンが筋肉の細胞を壊し、激しい筋肉痛があります。血液の中に筋肉の細胞が入ってしまい腎臓の機能が破壊されます。

また、血管を強く収縮させて心臓が酸素不足になり、重症の場合は命を落とします。

1953年から西日本を中心に40件以上の食中毒が発生し8人死亡しています。

水で洗ったり加熱しても毒性はなくなりませんので、この毒を持つとされる魚には要注意です!

パリトキシンを持つ魚

パリトキシンを持つとされる魚をいくつか紹介いたします。

魚名 特徴
アオブダイ 体色が青く、額が突出した特徴的な魚です。多くの食中毒が発生し、摂食による死者も出ています。厚生労働省は、アオブダイを売ったり食べたりしないように呼び掛けています。南日本の太平洋や朝鮮半島や南シナ海のやや深い岩礁に生息しています。
ブダイ(イガミ) アオブダイにくらべ地味な色をしています。一部地域で食用とされていますが、過去に食中毒が発生しました。南日本や琉球列島、朝鮮半島や台湾の岩礁や藻場に生息しています。
ソウシハギ イワスナギンチャクを捕食しているため内臓に毒をもちます。沖縄では食用とされています。黄色い体色に青い斑模様が特徴的。世界の熱帯の海に生息しており、ウマヅラハギやカワハギに似ているので要注意
ハコフグ 四角い体にフグのような口元が特徴。太平洋、インド洋に分布。ハコフグはフグ科ではなくハコフグ科のため、テトロドトキシとは異なる毒を持つ。内臓にパリトキシンの他にも、体表にパフトキシンという毒を持つ。長崎など一部の地域では食用ですが、調理するには調理師免許が必須
ウミスズメ ハコフグに似た魚。内臓に毒を保有するとされています。一部地域ではみそ焼きにして食べています。ウミスズメによる食中毒は頻繁には起こりませんが、過去に死亡例もあるとのこと。南日本の太平洋、琉球列島、や西太平洋やインド洋の熱帯のサンゴ礁に生息しています。

まとめ

魚の毒、3種類について紹介いたしました。今回紹介したのは一部ですが、世界には他にもたくさんの毒を持つ魚がいます。釣った魚が毒魚とも知らずに食べて大変なことになってしまった!なんて事態を免れるためにも、魚の毒について理解することは大切です。

みなさまが安全にお魚ライフを楽しめるよう、魚への理解がより深めて広めていくこともまた我々の宿命ではないのでしょうか。

-クサフグ

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.