【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

ロウニンアジ|釣り人の憧れのGT!鳥をも捕食する超巨大アジ!

更新日:

ロウニンアジ 二匹

ロウニンアジは鋭い目つきと厳つい顔で近寄りがたい雰囲気の強面魚。非常に獰猛な性格をしており、時には海鳥に飛びついて捕食することもあるほどです。大きなサイズとそれに比例するパワーから釣り人たちからは人気のターゲットとなっており、「GT」と呼ばれて親しまれています。

ロウニンアジの名前の由来

大型の個体が単独で行動することから、放浪者すなわち浪人(ろうにん)に見立てロウニンアジと呼ばれています。

ロウニンアジの地方名

ロウニンアジは釣り人界隈で「GT」と呼ばれているほかに、沖縄では「カマジーガーラ」と呼ばれています。「ガーラ」は沖縄でアジなどの魚の示すようです。

ロウニンアジは何故「GT」と呼ばれるのか?

ロウニンアジは英語名で「Giant trevally(ジャイアント トレバリー)」と呼ばれています。その略称の「GT」が釣り人のなかでの浪人味の愛称となっているようです。

「Giant trevally」の「trevally」はアジ科の魚のことを表しており、そのなかでもとりわけ大きめのものを表しています。さらに、ロウニンアジは「Giant」とつくので、さらに大きい「めちゃくちゃ半端ないくらいデカいアジ科の魚」ということになります。

ロウニンアジの生息域

ロウニンアジ ダイビング

ロウニンアジは温かい水温を好む海水魚で、ハワイ諸島などのインド太平洋海域に広く分布しています。日本近海でもその姿を確認することができ、南日本の太平洋側から沖縄の沿岸部に生息しています。黒潮にのって関東地方にもやってくることがあるようですが、冬の寒さに耐えきれずほとんどが死んでしまいます。

水深100メートルまでの浅い場所や岩礁域に生息しており、スキューバダイビングで遭遇することもあります。

ロウニンアジの特徴

ロウニンアジ サムネ

ロウニンアジはアジ科のなかで最も大きくなる魚で、体長は1mを超えます。最大で全長1.8m、体重は80kgほどにもなり、成人男性の平均以上にもなる巨大な魚です。

体は平べったく、頭部が緩やかな曲線を描いており、アジよりもマダイに似た顏つきとなっています。ふたつに分かれた背びれ側には縦線のような模様があります。強靭なアゴと大きな口を持っており、浪人の名にふさわしく、いかつい風貌をしています。

鳥をも食う!?獰猛な性格のロウニンアジ

ロウニンアジは肉食性の魚で、小魚などを捕食します。容赦なしに魚の群れに突進し襲い掛かる獰猛さを持っており、小さな魚たちからすれば最恐の存在であることは間違いありません。

ただでさえ獰猛なロウニンアジですが、昨年の英国BBCニュースが製作する「ブループラネットⅡ」でロウニンアジがセーシェル諸島近海で海鳥を捕食する瞬間の映像が放映され話題となりました。

鳥をも襲ってしまうロウニンアジがいかにパワフルな存在かがよくわかりますね。まだ人間を襲ったという報告はありませんが、油断はできませんね。

シガテラ毒に注意!

温帯域に住む大型の魚は「シガテラ毒」を保有していることがあります。シガテラ毒は、食物連鎖の過程で体に蓄積される毒のため、すべてのロウニンアジが保有しているという訳ではありませんが、あれだけ体が大きく食物連鎖の頂点に立つような存在ですので特に大型の個体には注意が必要です。

▼シガテラ毒の詳細についてはこちら

ロウニンアジのカレンダー

温かい海域を好む魚のため、沖縄や奄美大島近海などで釣ることができます。

カレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
釣り時期 - - -

-ロウニンアジ
-, ,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.