【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

地震の予言者「リュウグウノツカイ」特徴から生態、食べ方までを紹介

更新日:

 

リュウグウノツカイの基本情報

リュウグウノツカイは銀白色の体に、トサカのような真っ赤なヒレと背ビレを持つ深海魚です。

様々な人魚伝説が世界中にありますが、日本における人魚伝説の多くはリュウグウノツカイがモデルになっているのでは?と考えられています。
西洋には大ウミヘビ「シーサーペント」の伝説があり現代でも語り継がれていますが、この「シーサーペント」の正体もリュウグウノツカイではないかと言われてます。

また、地震を予知する魚とも言われていますが、現在のところリュウグウノツカイと地震の関係性は明確なものではないようです。

リュウグウノツカイの名前の由来

神秘的な姿が、童話の「浦島太郎」に出てくる竜宮城から連想して「竜宮の遣い=リュウグウノツカイ」という名前が付けられたとも言われていますが、明確な由来は分からないようです。

日本国内で全国的に「リュウグウノツカイ」と呼ばれています。
英語では「Oarfish」と呼ばれており、これは腹ビレの先端がオール状に膨らんでいることが由来となっているようです。

リュウグウノツカイの特徴・生活史

リュウグウノツカイの体は平たく側扁しており、左右から押しつぶされたような形をしています。

頭部から尾に向かって細くなっていく体はとても長く、全長3メートル程度の個体がよく見かけられ、過去には11メートルから15メートルに達する個体が見つかったとの報告もあり、リュウグウノツカイは現生する硬骨魚類の中で世界最長の種と考えられています。

リュウグウノツカイは歯や鱗を持たない魚であり、輝く銀色の体は鱗ではなく「グアニン」というアミノ酸の結晶によって形成されています。
グアニンが光を反射することによって輝いて見えるようです。

リュウグウノツカイの生態・住んでいる場所

リュウグウノツカイは水深200~1000メートルの深海に生息しており、日本では北海道より南の日本海側。太平洋、インド洋、地中海東部など世界中に分布しています。
深海魚ですが、海底からは離れた中層を漂っており、群れを作らずに単独で行動する魚。

リュウグウノツカイの内臓は頭部に寄っており、内臓さえ失わなければ、体の後半を失っても生きていくことができます。
天敵に襲われたときや、空腹のため体のエネルギーを消費を節約したいときには、自分の体の一部を切り離す「自切」をすることがあるようです。

これまで見つかったリュウグウノツカイの個体の多くにも自切の跡が見られ、完全な状態で見つかることは非常に稀。
悲しいことに、トカゲ等とは異なり自切を行ってしまうと失った部分は二度と再生しないようです。

リュウグウノツカイの旬と釣り時期、漁獲法

リュウグウノツカイのみを狙っての漁は行われていません。
非常に珍しい魚のため目撃情報としては、力尽きたリュウグウノツカイが浅瀬に打ち上げられるか、ごく稀に定置網に引っかかることがある等で、神秘的な外見に伴い伝説の生き物のモデルになったことも納得です。

リュウグウノツカイはプランクトンやオキアミを餌としています。

長い腹ビレの先端で獲物を探しながら回遊しているそうです。
リュウグウノツカイは大型の魚類であるため、ほかの魚から捕食されることは稀と考えられています。

リュウグウノツカイの食材情報

一般的に食用ではなく、そもそも市場に流通することがほとんどありません。

-魚・食材図鑑
-, ,

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.