【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

サッパ|岡山の酢漬けがうまい!見た目はアジ似の魚を釣る前に知ろう

更新日:

釣りを始めたての方にはアジと勘違いされることもありますが、基本的には狙われない魚の為、外道とされることも多いちょっと不遇な魚だったりします。

東日本ではあまり食べられることはありませんが、西日本ではよく食卓に並ぶ魚で馴染み深いようです。特に岡山ではママカリという名産品として有名です。

サッパの名前の由来

語源としては味がさっぱりとしていることからサッパと呼ばれているようです。また、笹の葉のような魚のことからサッパと呼んでいるという説もあります。

岡山ではママカリと呼ばれ、これはそのまま郷土料理名にもなっています。ママカリとはあまりにも美味しくてママ(ご飯)が無くなってしまい、お隣の家にご飯を借りに行くという意味だそうです。

サッパの特徴

体長は大きいものでも20センチメートルほどで、手の平に乗るサイズです。薄く左右に平べったい体をしており、体色は銀色。他のニシン目の魚に比べて鱗が硬く、あまり落ちにくいようになっています。

見た目が似ていることからコノシロという魚と混同されることが多いですが、コノシロには斑点模様があり、サッパには無いのでよく見ればハッキリと違いが分かりますよ。

サッパの漁獲法

サビキ釣りでどんどん釣れる魚として有名で、釣り経験の無い方でも簡単に釣ることが出来ますよ。専用の仕掛けも必要なく、普通のサビキ仕掛けで釣ることが可能となっています。

コマセ袋にオキアミを入れて、竿を上下にしゃくってあげればサッパが寄ってきます。喰いついたアタリの感覚が来たら、遅すぎない程度にゆっくりと巻き上げてみましょう。あまり早く巻きすぎるとサッパに逃げれらてしまいます。

サッパは基本的に浅い層を泳いでいるので、その辺りを狙うとよく釣ることができるようです。

サッパの釣り時期・生息ポイント

1年を通して狙えますが、初夏から挽夏にかけてが釣りのベストシーズンと言われ、堤防などからでも簡単に狙うことが出来ます。逆に冬になると深場に移動してしまう為、船からでないと狙うのが難しくなってしまいます。

サッパの餌

サッパはプランクトンを食べており、プランクトンを海水ごと吸い込んで鰓耙でこしとって食べます。

サッパを釣った後に気を付けたい事

サッパは小さな魚で毒などもありませんが、釣ったものを食べる時には寄生虫に気を付けましょう。また、釣り上げたサッパの頭の後ろ辺りにフナムシの様な外見の虫が付いていることがあります。

この虫はサッパヤドリムシと言い、虫嫌いな人には少々気持ち悪いですが、毒なども無く人間に害はありません。サッパから取り外してあげればサッパ自体は問題なく食べることが出来ますよ。

サッパの食べ方

関東では認知度の低さから外れ扱いされることの多いサッパですが、きちんと調理をしてあげればとても美味しく食べることが出来ます。身は白身で淡白な味わいですが、小骨が多いので少々食べ辛いかもしれません。

サッパの代表的な調理法としては、岡山の郷土料理としても有名な酢漬けです。頭と尾と腹の下を落として酢に漬け込みます。生のまま漬け込んでもいいですが、一度焼いてから着け込むのも美味しいですよ。酢のおかげで小骨も柔らかくなって食べやすくなります。

他にもきちんと小骨を処理してあげれば、刺身やカルパッチョにしても美味しくいただけますよ。

サッパのおいしい旬

旬は春から秋にかけてと言われています。脂が乗って美味しいそうなので、釣りシーズンである夏ごろに捕まえてみましょう。

-サッパ
-,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.