【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

漬けるだけ!ご飯のお供に欠かせないサワラの西京焼き

更新日:

ホクホクの身に甘い味噌の味が染み込んだサワラの西京漬けは、ご飯にピッタリ!味噌床に漬け込むだけなので、とても簡単に作ることができます。少ない調味料でしっかりと漬かるように、ビニール袋を使った作り方をご紹介します。

西京味噌がなくても大丈夫!ご家庭にある味噌での作り方も紹介しますので、ぜひ挑戦してみてください。

調理時間:30分(味噌床に漬ける時間は除く)

用意する食材・調味料

材料 2人前
サワラ 2切れ
ショウガ 1かけ
西京味噌 大さじ4
大さじ2
Point!

ご家庭にある味噌を使って作るときには、味噌大さじ4、酒大さじ2、みりん大さじ2で試してください。(一般的な合わせ味噌の場合、味噌:酒:みりん=2:1:1)使っている味噌によって塩分量や甘さが違うので、上記を基本にして好みの味を探しましょう!

Point!

ショウガのすりおろしを入れると、ショウガの香りがさわやかなショウガ焼き風、ニンニクのすりおろしを入れるとスタミナ焼き風、豆板醤を入れるとピリ辛味に、と好みの調味料を入れて様々なバリエーションを楽しむこともできます。

1、下処理

余計な水分とくさみを取るために切り身に塩を振ります。サワラの両面に軽く塩(分量外)を振り、20~30分置きます

晒(さらし)やクッキングペーパーで出てきた水分を丁寧に拭き取ります。

2、作り方

(1)味噌床を作る

ビニール袋に西京味噌と酒を入れ、西京味噌がすべて溶けるように丁寧に混ぜます

Point!

ビニール袋には味噌を最初に入れ、酒を半量入れて溶かしてから残りを入れて混ぜるとダマになりにくくなります。

Point!

合わせ味噌など西京味噌以外の味噌を使う場合は、まずは味噌大さじ4、酒大さじ2、みりん大さじ2で試し、そこから味を調整してみてください。他の調味料を入れて応用する場合は、ここで味噌床と混ぜておきましょう。

(2)サワラを漬ける

ビニール袋に味噌床とサワラを入れ、手で馴染ませる。冷蔵庫に入れ、2時間~4日ほど置く。一晩以上置いた方が、味噌床が中までしっかり染み込んでご飯がすすみます。

Point!

袋の口を折り曲げると、汚さずきれいに入れることができます。

(3)味噌床を拭いて、焼いたら完成!

ビニール袋からサワラを取り出して、晒(さらし)やキッチンペーパーで味噌床をよく拭き取ります。

熱しておいたグリルにサワラを入れて、弱火で7~9分焼いたら完成です!(上記は両面焼きグリルの場合。片面焼きグリルの場合は、5分程焼いて焼き目がついていたら一度返します。)

西京漬けの香ばしい香りがしてきたら一度グリルをのぞいてみて、焦げているところがあればアルミホイルで保護してあげてください。

Point!

サワラを焼く前にグリルを熱しておくと焼き網に身がくっつきにくくなり、見た目よく、洗い物も楽になります。

Point!

グリルを使わずにフライパンでもおいしくできます。クッキングシートを敷いたフライパンにサワラを入れて焼きます。味噌が焦げやすいので弱めの中火~弱火で焼いてください。

まとめ

サワラの西京漬けは、味噌床に漬けて冷蔵庫に入れておけばいつでも手軽に楽しむことができます。何日か漬けておくと味が染み込んでしっとりとおいしくなるので、作り置きのメインおかずにもピッタリです。

サワラ以外の様々な魚でもおいしく作ることができ、好みの調味料を加えるとバリエーションも豊富!ぜひ自分好みの西京漬けを試してください!

-サワラ
-

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.