【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

甘いしょうゆだれが絶品!しっとりサワラの照り焼き

更新日:

サワラ 完成

しっとりとした食感のサワラを、ツヤツヤとした見た目がおいしそうな照り焼きに調理します。

甘いしょうゆだれがとろりとからんで、大好評間違いなしの一品です。簡単な下ごしらえをすることで、サワラがパサパサになることなく、簡単に照りを出すことができます。初心者でもツヤツヤときれいな、おいしい照り焼きに仕上がります。

サワラの照り焼きは約30分で調理できます。

用意する材料と調味料

材料 分量(2人前)
サワラの切り身 2切れ
片栗粉 適量
砂糖 大さじ1
しょうゆ 大さじ2
みりん 大さじ2
大さじ2

下処理~サワラのくさみ取り~

サワラ 切り身

サワラの両面に軽く塩をふり、約20分置きます。クッキングペーパーで出てきた水分をポンポンとふき取ります。

Point!

軽く塩をふることでサワラのくさみや余分な水気を取ることができます。

サワラの照り焼きの作り方

(1)照り焼きだれを作り、サワラに片栗粉をふる

サワラ 片栗粉

砂糖、しょうゆ、みりん、酒を合わせて砂糖を溶かし、しょうゆだれを作ります。サワラの両面に片栗粉を振ります。

Point!

サワラに片栗粉をふることでサワラのパサつきを防ぎます。また、焼いているときにしょうゆだれにとろみがついて、きれいな照りが出ます。

(2)サワラに焼き目を付ける

サワラ 焼き目

フライパンに油(分量外)を敷き、強めの中火でサワラを焼き、焼き目を付ける。このときに、サワラに火が通っている必要はありません。

おいしそうな焼き目が付いたら火を消してください。

Point!

ここで火を消さずに次の手順に移ると、あわててしまってしょうゆだれが焦げたり、油と分離してしまう原因となります。
火を消し、落ち着いて作業するようにします。

(3)余計な油分を拭き、たれをからめる

サワラ 醤油

キッチンペーパーで余計な油を拭き、しょうゆだれを加えます。油をきちんと取ると、しょうゆだれが分離することなくサワラにからみます。

(4)火を付け、照りを出したら完成!

サワラ 醤油煮

再び強めの中火にします。フライパンを傾けて、しょうゆだれをサワラの表面にからめるようにして照りをつけていきます。沸騰して泡が大きくなり、しょうゆだれにツヤととろみがついてきたら出来上がりです。

サワラ 完成

甘いしょうゆだれの香りと、ツヤツヤと輝くサワラが食欲をそそる一品です。

まとめ

サワラに片栗粉をふることで焼いたときにサワラから水分が抜けることを防ぎ、サワラのしっとりとした食感を保ちます。また、しょうゆだれにとろみが付くのでサワラの身とよくからみ、ツヤツヤとした照りがとてもおいしそうな出来上がりになります。

しょうゆだれを加えて火をつけたら、あっという間です。焦がさないように目を離さずに、一気に仕上げます。しっとりとして繊細な味のサワラと甘いしょうゆの相性は抜群!ぜひお試しください。

-サワラ
-,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.