【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

ほっくりした白身は天ぷらにすると絶品!別名「海の貴婦人」「シロギス」の生態や特徴

更新日:

天ぷらにして美味しい魚と言えばキスですよね。シロギスはキスの中でも最もメジャーな種で、釣って良し食べて良しということで釣りの対象魚としても人気を博しています。投げ釣りで手軽に狙うことができるので、初心者から熟練者まで根強い支持を得ています。

シロギスの名前の由来

シロギスの名前の由来は「性質が素直で飾り気のない」という意味の「生直(きす)」に魚を表す語尾の「ご」がついたものとされています。島根県では「ナダギス」「キツゴ」「ホンギス」、その他には「ヒジタタキ」「ピンギス」「カハキ」などと呼ばれます

英語名はJapanese sillagoです。

シロギスの特徴

紡錘形の細長い体型をしており、小さく長い口を持ちます。体色は淡い黄色で、腹側は白く、ヒレは透明です。また体側は光を反射すると虹色に光るという特徴を持ちます。

このような美しい見た目をしていることから「海の貴婦人」の異名を取ります。そのため江戸時代、キスは贅沢なもので見舞いや祝い事に用いられていました。

砂底や砂泥底に主に生息し、底層を小さな群れを作ります。また外敵の接近などの危険を感じると、砂の中に身を隠す習性を持ち、このため底引き網で獲りにくく、一般の市場には流通しにくい魚になっています。

産卵期は初夏から秋口。地域によって差はありますが、6~9月頃が一般的です。水深15mに満たない浅場で分離浮性卵を産み、約1日で孵化します。

シロギスは、卵や稚魚が受ける危険を分散させるため、1シーズン中に数十回も卵を産む習性を持ちます。そのため、同じ年の仔魚でも、晩春に産まれたものと秋に産まれたものでは成長に大きく差が見られます。

体長は1年で10センチメートル、2年で18センチメートル、3年で21センチメートル程度に成長し、最大で30センチメートルほどまで成長します。

シロギスと似た魚の見分け方

近似種にアオギスがいますが、シロギスよりやや細く体色が青みがかっており、第二背ビレに黒点があること、腹ビレが黄色であることなどによって見分けることが出来ます。

またホシギスは細身でやや青みがかった体色をしており、背ビレには黒い斑点があることから見分けられます。

シロギスの釣り時期・生息ポイント

北海道南部から九州。朝鮮半島、黄海、台湾、フィリピン。浅い砂地に生息します。気温・海水温の高いときには浅場にいて、寒くなると深場に移動します。

深場に移動すると餌を取らず、じっとしている個体が多いようです。そのため寒い時期は船釣りやボート釣り、暑い時期は岸から投げ釣りが可能です。よって7月から8月が最も釣りやすい時期と呼べます。

シロギスの餌

肉食性で多毛類やエビ類、アミ類、端脚類、稚魚などを捕食します。

シロギスの漁獲法

シロギスの釣り方は投げ釣りが主流です。口が小さいため小さい餌をつけるのが最適です。

砂地に生息するため、砂浜海岸であれば基本的にどこでも狙える釣りやすく、砂浜からの投げ釣りの代表的な対象魚です。また特に藻場周辺やゴロタ石付近など起伏のある場所を狙うと良いです。

細身で美しい見た目とは裏腹に強い引きをみせるため、釣りの対象魚として非常に好まれています。シロギスの釣りとして有名なのは、新年が明けるとすぐ解禁になる神奈川県相模湾のシロギス釣りです。

この時期、夏には目視できるほど浅い場所を泳ぐシロギスが、水深30メートルほどの深みにいるため、釣りは不向きな時期ですが、新年を知らせる釣りイベントとして有名です。主な漁獲法は底引き網漁、刺網漁です。

シロギスを釣った後に気を付けたい事

シロギスは特に危険なヒレや歯はないため、釣った後に気をつけたいことはありません。

シロギスのおいしい旬

おいしい旬は春から夏です。

シロギスの食べ方

シロギスは白身で、くせのないさっぱりとした味わいをしています。シロギスは漢字で書くと「白鱚」と喜ばれる魚という意味になりますが、その名の通り誰でも喜ぶ大変美味な魚です。

調理法は天ぷらやフライといった揚げ物料理が有名です。その他には刺身も上品な風味が楽しめるためおすすめの調理法です。また酒塩焼きは程よく甘みのある味わいが楽しめます。

-シロギス
-, ,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.