【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

シロウオ|シラウオと同種じゃない?!踊り食いで有名な透明の魚!

更新日:

シロウオ 横たわり

生きたまま食べる「踊り食い」で有名な魚シロウオという魚をご存知でしょうか。シラウオ?いいえ、シロウオです。名前も姿も非常に似ており混同されてしまうことが多いのですが、シロウオとシラウオは実はれっきとした別の魚なのですよ。

シロウオの名前の由来

シロウオは漢字で「素魚(しろうお)」と書かれ、名前の由来としては透明な体が光を素通りする様からこの名前で呼ばれるようになったと考えられています。また、別の説として死ぬと体が白く変色することからシロウオとする説もあります。

シロウオの英語名

シロウオは英語では「Ice goby」と呼ばれています。Iceは氷の意味で、gobyとはハゼ科の魚のことを指しています。直訳するとさしずめ「氷のハゼ」といったところでしょうか。

シラウオとシロウオの違いとは?

シラウオ

※上記写真はシラウオ

シロウオとよく似た名前の魚にシラウオという魚がいます。どちらも小さい魚で姿もよく似ている為、混同されることが多いんですよ。

2種の見分け方としてはシロウオの方がシラウオより小さいこと、シロウオには脂ヒレが無い代わりにハゼ科の特徴である吸盤があること、シロウオの方がより透明で浮き袋が透けて見えることなどが挙げられます。

シロウオの生息域

シロウオは北海道から九州にかけての日本の広い範囲に生息しており、日本海側、太平洋海側の両方で確認されています。

沿岸域の浅い海に群れを成して生息しており、穏やかな場所を好みます。春になると産卵の為に河川を遡上する姿も見れらますよ。

シロウオの特徴

シロウオ 魚体

体長は5cmほどの小さな魚で、円筒形の細長い姿をしています。生きている間はほぼ透明な体色をしており、浮き袋や眼球などが透けて見えるのですが、死ぬと白く変色して透けなくなってしまいます。

ハゼ科の魚らしく腹ビレが吸盤状になっているのが特徴ですが、小さいのでやや確認しづらいかもしれません。

シロウオの漁

四手縄漁

シロウオ漁で有名な漁獲方法と言えば四手網漁ではないでしょうか。四手網漁は竹を2本十字状に組んだ先に四角形に網を吊るし、それを川底に沈めます。そして網の上をシロウオの群れが通リ過ぎた瞬間に一気に引き上げて捕まえます。

この四手網漁は全国各地で行われており春の産卵期が漁期となるので、春の風物詩ともなっているんですよ。四手網漁の他にも地引網漁や簗漁なども行われており、福岡市の室見川の簗漁は江戸時代から続く300年以上の伝統となっています。

シロウオのカレンダー

カレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
産卵期 - - - - - - - -
- - - - - - - -

シロウオのおすすめの食べ方

シロウオ 踊り食い

シロウオのおすすめの食べ方と言えばやはり「踊り食い」は外せないでしょう。博多名物であるシロウオの踊り食いは生きたままのシロウオを酢醤油などにつけ、そのままツルリと飲み込むというもの。味わいというよりはピチピチと跳ねる躍動感を楽しむ食べ方となっていますが、きちんと噛んで食べればシロウオの味も感じることができます。

他にはかき揚げやお吸いものにしても食べられており、シロウオの淡い味わいを楽しむことができますよ。

-シロウオ
-

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.