【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

冬の大地の貴重な栄養源!北海道で獲れる魚「シシャモ」

更新日:

シシャモの基本情報

シシャモは回遊魚であり、10〜11月に産卵のため海から川へ溯上する。古くは北海道のみで食べられていたが、今日では一般家庭でもよく食べる魚の1つとなった。

一般的に食べられるシシャモは輸入のカラフトシシャモが多く、国産のシシャモの流通量は全体の1割程度である。

シシャモの名前の由来

シシャモはアイヌ語の「ススハム」または「シュシュハム」が変化した名前である。アイヌ語の「スス」「シュシュ」とは「柳」を、ハムは「葉」を表すため、合わせて「柳の葉」という意味である。

「柳の葉」が「シシャモ」をの語源となったのは、柳の葉が散るのを悲しんだ神が柳の葉を魚にしたなどのアイヌの伝説に由来するからである。シシャモを漢字で「柳葉魚」と書くのも、この語源に由来する。また、輸入物のカラフトシシャモとの区別のため、市場では国産のシシャモを本シシャモと呼ぶことがある。

シシャモの地方名

一般的には「シシャモ」と呼ばれるが、北海道では若干異なる呼び方をされることがある。シシャモは北海道では「スサモ」、「スシャモ」と表記されることがある。また、アイヌ語では「ススハム」、「シュシュハモ」とも呼ばれる。

シシャモの特徴・生活史

キュウリウオ目キュウリウオ科シシャモ属に分類される。オスはメスに比べて体が大きく、産卵期には体が黒っぽく変化する。オスは尾びれもメスより大きい。一方、メスの体の色は産卵期でも変化しない。

メス1匹で約8000個の卵を抱える。産卵が終わると死んでしまうシシャモが多いが、一部のメスは産卵後に川を下って海へ戻る。これを「下りシシャモ」と呼ぶ。シシャモは隔年で産卵するため、2年後にまた産卵に参加する。通称3年魚と呼ばれる。

シシャモの生態・住んでいる場所

シシャモは世界中でも北海道の鵡川から釧路まででしか獲れず、生息域の狭い魚である。漁獲量の減少のため、キュウリウオや輸入品のカラフトシシャモが食卓に上ることが多くなっている。サケ目の魚でサケに近い生態を持つため、産卵期になると川を遡上する。

シシャモの大きさ

体長は15cm程度。体が細長く、外見はワカサギに類似している。

シシャモの旬と釣り時期

10〜11月の木枯らしは別名「シシャモ荒れ」と呼ばれ、この時期になるとシシャモが遡上のために沿岸に集まってくる。シシャモ荒れが吹く頃にシシャモ漁が始まり、桁曳網(けたひきあみ)という方法でシシャモ漁が行われる。

この漁はシシャモが遡上を開始する約1ヶ月という短い期間に行われる。このため、シシャモの旬も10〜11月となる。

シシャモの食材情報

「子持ちシシャモ」と呼ばれる腹に卵を抱いたメスのシシャモが美味しいと人気。塩干しされたシシャモは丸ごと食べることができるため、骨に含まれるカルシウムを摂取できる。

また、内臓にはビタミンDが豊富に含まれている。その他、ビタミンB2、ビタミンE、タンパク質、マグネシウムなどが含まれているため、シシャモは多様な栄養を摂れる食材である。

シシャモの漁獲法

子持ちシシャモが遡上する10〜11月頃に漁が行われる。大きな網を広げてシシャモを一気に漁獲する底引き網が一般的。

シシャモのレシピ

干物、塩焼き、干しシシャモ、粕漬け、フライ、天ぷら、刺身

シシャモの美味しい食べ方

シシャモは焼いて食べるのがおすすめ。美味しく焼くためには、冷凍状態のまま焼くのが良い。解凍してしまうと水分が流れ、同時に旨味も流れ出てしまうので注意。小さくて火が通りやすいため、凍った状態で焼くことができる。

シシャモの産卵

10〜11月になると、シシャモは群れで特定を遡上する。河口から1〜10km上流の砂の川底で産卵する。シシャモが遡上する河川は、胆振地方の鵡川、日高の沙流川などがある。

産卵は雄雌1尾ずつで、メスは複数のオスと組んで数回に分けて産卵する。孵化してから1年半が経つと、多くのシシャモが産卵のために河川に戻ってくる。

シシャモの餌

シシャモの成魚はゴカイや塩虫を餌とする。孵化した直後や幼魚の頃は植物プランクトンや動物プランクトンを食べて成長する。

-魚・食材図鑑
-,

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.