【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

卵はタラコ、身は練り物の材料に使われる!「スケトウダラ(スケソウダラ)」

更新日:

魚そのものよりも、卵である「タラコ」が有名なスケトウダラ。身は白身でクセが無く美味しく食べられるのですが、もっぱらカマボコなどの練り物に利用されることが多いです。卵である「タラコ」の方が珍重されるのは少し不遇な気もしてしまいます。

スケトウダラの特徴


卵巣がタラコの原料として有名なスケトウダラはタラ目タラ科に属しています。タラコはよく食べるけど、スケトウダラのことはあまり知らないという方も多いのではないでしょうか。

スケトウダラの大きさはおおよそ70センチメートルほどで、大きいものは1メートルにもなります。タラ科の特徴である3つの背びれと2つの尻ビレを持ち、ややすっきりとした細身の体躯をしています。近縁種であるマダラと姿が良く似ていますが、スケトウダラは下顎が上顎よりも前に突出しているので、顔をよく見れば判別することは簡単です。

スケトウダラは鮮度が落ちるのが非常に早い為、昔は鮮魚として利用されずに卵巣だけをとって身は捨てられたり飼料にしか利用されていませんでした。しかし冷凍技術の発達により、近年では身も美味しく食べられるようになり、カマボコなどの加工食品の原料としても活躍するようになったのです。

スケトウダラの釣り時期・生息ポイント

主に寒い地域を好み、オホーツク海やベーリング海、日本海などに生息しています。日本では東北と北海道の沿岸に生息しているようです。

水深200メートルぐらいの大陸棚斜面の海底にいることが多いですが、表層まで上がってくることもあります。水温が低くなる冬には浅場までやってきますが、逆に水温が上がる夏場には水深300メートルほどの深場まで潜ってしまいます。

ですので、釣り時期は表層まで上がってくる冬の時期、特に一段と寒くなる12月から2月にかけてと言われています。

スケトウダラの餌・食べるもの

主に小魚や甲殻類などを捕食していますが、貝類など食べられるものはほとんどなんでも食べているようです。なので釣りの餌は一般的にイカやサバなどが使用されています。食べられるものなら大抵のものは食べようとするので、色んな餌を試してみるのも楽しいかも知れません。

スケトウダラの釣り方・漁獲法


スケトウダラは船を出しての沖釣りで狙うターゲットで、胴付き仕掛けが用いられています。

深場にいるところを狙うので、大型の電動リールと深場用の竿を用意する必要があります。専用の釣り用具も市販されているので、それを使用すれば間違いないでしょう。誘うときは重りで海底をノックするようにコンコンと動かしてあげると、喰いつきやすくなります。

北海道での漁獲が圧倒的に多く、はえ縄、刺し網、底曳網を用いた漁法を用いられることが多いようです。

スケトウダラの地域別漁獲高(タラ類漁獲高:トン)

1 北海道 28,103 207,939 236,041
2 岩手県 12,179 9,419 21,597
3 宮城県 4,041 7,283 11,324

出典:農林水産省「海面漁業生産統計調査」

スケトウダラを釣った後に気を付けたい事

釣った魚を食べる際に怖いのはやはり寄生虫です。スケトウダラも例に漏れず、寄生虫を持っていることが多いです。ほとんどの寄生虫は人間には害にはならず、少々不快感を覚える程度ですが、アニサキスだけは別です。

人間の体に入ってしまうと激痛を伴う為、注意が必要です。生食しないことが一番の安全策ですが、どうしても生食したい場合は凍結してアニサキスを殺しておきましょう。

▼アニサキスなど寄生虫に関連する記事はこちら▼

スケトウダラのおいしい旬

旬は冬の時期で、寒さの厳しい時ほど美味しいとされています。実際、水揚げ高も圧倒的に冬に偏っていることがわかります。

出典:東京都中央卸売市場「市場統計情報」

スケトウダラの食べ方


スケトウダラは基本的にカマボコなどの練り物に加工され、鮮魚として出回ることは少ないですが、身は白身でクセが無く柔らかいので美味しく食べられます。鮮度が落ちるのが非常に早い為、刺身などには向いていません。

熱を入れても固くなりませんが、煮崩れしやすいので煮つけなどよりかは汁物にすると簡単に調理することが出来ますよ。身も美味しいですが、スケトウダラと言えば何より白子と卵巣です。

タラコとなる卵巣に注目されがちですが、白子はとても美しい白色をしており、とろけるような味は絶品です。焼き物にしたり汁に入れたりして、繊細で上品な味わいを楽しんでみてください。

スケトウダラの名前の由来

スケトウダラの語源は諸説あり、佐渡近海で良く獲れることから「佐」、「スケ」「渡」、「ト」と読みスケトウになったという説が有力です。面白い説として、タラの漁は大変忙しく、人手が欲しいということで「助っ人だら」とし、スケトウダラになっというものもあります。英名は「Alaska pollock」です。

-スケトウダラ
-, ,

横スクロールしてください

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.