【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

食材、釣りでの定番の魚「スズキ」その生態に迫る!

更新日:

スズキの基本情報

釣りの対象としても、食材としても知名度の高い「スズキ」。

実はスズキは出世魚で、成長段階によって違った名前で呼ばれています。

安価なイメージのあるスズキですが、旬の夏に獲れたスズキは普段のスズキよりも美味なようで高価で取引がされているようです。

スズキの名前の由来

スズキの名前の由来は諸説あり、最も一般的とされるのが、水ですすいだように身が白いため、「スズキ」と呼ばれるようになったという説です。

他の説としては、昔は純白・雪白の意味を込めて「スギユキ」などと呼んでいたものが「ススキ」と転じ、「スズキ」と呼ばれるようになった説。

なお、人の苗字の「鈴木」と関連があると思われがちだが、名前の由来は無関係なのだそう。

スズキは成長と共に名前が変わる出世魚でもあり、全長20センチメートルから30センチメートル程度までは「セイゴ」、全長40センチメートルから60センチメートル程度までは「フッコ」、それ以上の大きさの成熟魚を「スズキ」と呼ぶびます。

全国的に「スズキ」と呼ばれていますが、山陰地方の一部では、スズキと呼ばれる前の若い魚を「チュウハン」と呼びます。

これは読んで字のごとく、中途半端の「中半」の意味。

他にも北陸の一部地域では「ニュウドウ」、北九州では「ハクウ」などと呼ばれることもあります。

地方名ではないが、釣り人の間では英語名の「シーバス」と呼ばれることが多いです。

スズキの特徴・生活史

スズキと呼ばれる大きさは体長は80センチメートルから1メートル程度。

最大クラスの個体は1mを超えることも。

スズキの外見的特徴として、体は長く側扁しており、口は大きく、下あごが上あごより大きく突き出しています。

頭部と顎が大きく受け口で、エラ蓋の後方に鋭いトゲががあります。背ビレ、腹ビレ、尻ビレの棘条も鋭く硬く、安易に触れるとケガをしてしまうこともあるようです。

スズキの生態・住んでいる場所

スズキは北海道〜九州西岸の日本海・東シナ海・太平洋沿岸、瀬戸内海、朝鮮半島東・南部、沿海州など広範囲に分布しています。

夏には浅場(内湾や河川内)で暮らしていますが、寒い時期は湾口部や河口など、海洋に近く外洋の影響を受ける場所で越冬や産卵を行っています。

スズキの産卵期は地域によって異なり、10月から3月頃にかけて磯近くの藻のある場所などで産卵を行います。

卵は直径1.3ミリ程度の大きさで、孵化した小魚は、冬から春にかけて河口や汽水域などで見ることができます。

寿命は10年程度と考えられ、魚の中でも比較的長いようです。

幼魚の時は甲殻類を餌としていますが、大きくなると魚を餌にするようになります。

スズキの旬と釣り時期

スズキの旬は夏です。夏に獲れたスズキの活けものは高級魚として扱われています。

最近は網で捕獲することが多く、野締め安価で入手できます。

漁として、「定置網」、「刺し網」など網で捕獲されることが多く、主に東京湾、伊勢湾、瀬戸内海などがスズキの漁場であり、最も漁獲量が多いのは千葉県とされています。

東京湾ではエビを餌にした船釣りも行われており、近年では海のルアーフィッシングとしても人気が高く、初心者から経験者まで幅広く親しまれている魚でもあります。

▼ルアー釣りに必要な道具が気になる方はこちらをタップ▼

スズキの食材情報

スズキの身は白身で淡白であり、特に骨からは良い出汁がとれます。

身質は鯛に似たところがあり、柔らかくあっさりした旨みがあるのが特徴。

栄養素はビタミンAの含有量が多く、ビタミンDも比較的多く含まれています。

ビタミンDは特にスズキの皮の部分に多いため、皮ごと調理すると効率よくビタミンDが摂取できるのだそう。

スズキの美味しい食べ方

スズキは淡泊な白身魚のため、様々な料理に用いられています。

日本だけでなく、フレンチやイタリアンでもよく使われ、主にムニエルで食べることが多いそうです。

スズキのレシピ

・刺身
・塩焼き
・ソテー(ムニエル)
・フライ
にすると美味。

-魚・食材図鑑
-

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.