【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信

魚とぴ(うおとぴ)では釣り、鮮魚、捌き方、料理をめぐる魚に関する情報を発信。

まるで雀のように小さい魚?スズメダイついて

更新日:

スズメダイの特徴

スズキ目スズメダイ科に分類されるスズメダイは、海釣りの外道として、釣りをする人には馴染み深い魚ではないでしょうか。

小さくて食べる部分が少なく、骨も硬いので食べられることなくリリースされることが多いですが、きちんと料理すればとても美味しく食べられることが出来るんですよ。

スズメダイの全長は15センチメートルほどで、とても小さな体をしています。体色はくすんだ黒いをしており、個体によっては真っ黒な色をしているものもいます。

背ビレの付け根には白い斑点がありますが、死んでしまうとこの斑点は消えてしまう為、生きている時か鮮度の良い状態の時にしか見ることが出来ません。体型は扁平しており、木の葉のような形と言われます。体のサイズに対して鱗が大きく、厚みもあります。

スズメダイの釣り時期・生息ポイント

中国、朝鮮半島、日本の沿岸部に生息しており、日本では東北地方から九州地方までの幅広い範囲に生息しています。

水深30メートルほどまでの浅い層にある岩礁帯やサンゴ礁域に群れを成して暮らしています。スズメダイ科の魚は温かい水温を好み熱帯域や温帯域に生息しますが、このスズメダイは種の中でも最も低い温度に耐えることが可能で、8度まで生きることができるのでスズメダイ科の中で最も高緯度まで分布しています。

春から本格的な冬が訪れる4月から11月ぐらいによく釣ることができると言われており、旬である春から初夏にかけてが狙い目です。

スズメダイの餌

オキアミなどの動物性プランクトンを主食としています。釣りの際の餌はオキアミやイソメなどで釣ることが可能で、ルアーでも狙えます。

スズメダイの漁獲法

基本的にスズメダイは狙って釣られることがなく、他の魚を狙っている時に外道として釣り上げられる場合がほとんどとなっています。

餌取りとして有名で、イワシやサバなどを狙っていれば自然とスズメダイも釣れていることでしょう。その為スズメダイを専門的に狙うという仕掛けはなく、アジなどを狙う一般的な海釣りセットでも充分に釣ることが可能です。

5メートルほどの磯竿などにサビキ仕掛けやフカセ仕掛けでバッチリです。魚が多くいそうなポイントに撒き餌をしてあげればたくさん集まってきます。スズメダイは昼間によく釣れるので、夜間よりも朝からお昼に釣りに行きましょう。

スズメダイを釣った後に気を付けたい事

釣った魚にはやはり寄生虫がいることが多いです。スズメダイは小さいので寄生虫も小さく気づきにくいかもしれません。目視でしっかり確認して取り除いてくださいね。

スズメダイのおいしい旬

スズメダイの旬は産卵期の前である春から初夏にかけてと言われており、産卵に向けて肥えて脂の乗ったスズメダイを楽しむことができます。

スズメダイの食べ方

あまり食べられることのないスズメダイですが、実は美味しい魚で煮つけや焼き魚にして食べられています。

九州の郷土料理で「あぶってかも」というものがあり、旬の脂の乗ったスズメダイを塩で丸焼きにするだけのシンプルなものですが、非常に美味しいので時期によっては高級魚になっています。スズメダイは骨が非常に硬い魚なので、食べる際は注意してくださいね。

スズメダイの名前の由来

スズメダイの名前の由来はまるで雀のように小さいことや目が雀に似ていることからこの名前が付けられました。地方名がとても面白く、九州の郷土料理である「あぶってかも」がそのまま地方名になっており、これは炙ると鴨の味がするという意味や炙って噛むという意味から来ているとされています。

和歌山ではオセンゴロシという名前もあり、これは紀州の村のお仙という女性が、スズメダイを食べた際に喉に骨が刺さって死んでしまったという話に基づいており、スズメダイの骨が非常に硬いことを示すエピソードとなっています。

-魚・食材図鑑
-,

Copyright© 【うおとぴ】魚の釣り方から捌き方・料理・おいしい食べ方まで日々配信 , 2019 All Rights Reserved.